【DQ3】やる夫がプレイ済みの異世界で冒険者になるようです。 2部 あとがき


351 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:07:14 ID:4GUA66/I0





                 『閲覧注意』





351 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:07:14 ID:4GUA66/I0


    r_r ̄o ○ヽ、
   /)_(__)___ 0 i
   (、____, ) (}     まとめサイト様へ
   (二二_二二) ,!
    .ゝ、○   ー'_,ノ      今回のあとがきをまとめられる際にタイトルの頭に
    iヽ≧.ーi ≦
     \ `| |         『閲覧注意』の文字を入れてくれると助かります
      ゝ| |<⌒\
        . | |   ̄`ヽ!   
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「
  |::         . : ::|
  |::         : : ::|
  |::         : : ::|



アクセスカウンター
カラコン


352 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:07:48 ID:4GUA66/I0


      ●┃┃
        ━━━━  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●
      ●┃┃





  _n__      「L.、    _n___,、00     n   
 └i七┐   .//二    └i n ト、> .   弍爻   .
 (r匕r'_)   └─┘ .   U U.    .   ( ⊂′ 
                          ̄   





             / ̄ ̄ ̄\
           /─    ─  \       このあとがきは閲覧注意になります
          / ⊂⊃=⊂⊃=   \
         |   (__人__)      |      作中の補足になりますが、ある程度のネタバレを含みます
         \   ` ⌒´     /
        ▼/ ̄      ̄ ̄)____ 、 今後の詳しい展開は言いません、見たくない人は飛ばしてください
      〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /   〃 ⌒i
  ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;  このレスの投下時間1分後から書き込みます





                                                ∩∩
                                               | |.| | _
            ●   ●   ●   ●   ●   ●   ●   ⊂ニニ三三|―|
                                               | |.| |  ̄
                                                ∪∪

354 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:09:36 ID:4GUA66/I0


    r_r ̄o ○ヽ、
   /)_(__)___ 0 i
   (、____, ) (}      やる夫がプレイ済みの異世界で冒険者になるようです。
   (二二_二二) ,!
    .ゝ、○   ー'_,ノ       第8章及び第2部が終了しました
    iヽ≧.ーi ≦
     \ `| |          ここまで長くなりましたが皆様お付き合い並びに応援ありがとうございます
      ゝ| |<⌒\
        . | |   ̄`ヽ!
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「
  |::         . : ::|
  |::         : : ::|
  |::         : : ::|

357 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:10:37 ID:4GUA66/I0


    ,r_r ̄o ○ヽ、
   /)_(__)___ 0 i
   (ー、,-、,-、,一' )}
   (_`^二^二^二^'_)     第1部が終了したのが2015年8月の頭でしたので
    .ゝ、○   ー'_,ノ
      ≧.ーi ≦       リアル時間では第2部が1年と2ヶ月かかったことになります
    /⌒ヽ(( /⌒ヽ
   ('⌒\ヽ))'/⌒)'
     ̄  ∨/´  ̄      作中内では1部~2部終了までで約二ヶ月程度の進行になってます
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「
  |::         . : ::|
  |::         : : ::|
  |::         : : ::|

358 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:11:26 ID:4GUA66/I0


       ,、      ,、
     (`V!   lV´)
        ト、`<l」>´,.イ      第1部のラスト、98話で書かれていたやる夫がこの先、強くなれるか
        | じ'ー‐ぐ)|
        ゝ、 ○ _ノ      そして何度か作中でボカした表現、『アレ』の存在
         TT´
      (⌒'| |'⌒)      『ほしふるうでわ』と『さとりのしょ』
      (⌒'| |'⌒)
      [ ̄ ̄ ̄ ̄]      原作ドラクエ3のチートアイテムとも言うべき二つの存在と関わる内容です
        | ̄ ̄ ̄|
        |___|

359 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:12:01 ID:4GUA66/I0


      ,/_二_ヽ
       /{ |∧∧∧ト     それでは8章の補足をします
       {)ゝ_ ̄ ̄ノ
        ゝ、 ○ ̄ノ      後半くどくなるのは>>1の悪い癖だと思って笑い飛ばしてくださると助かります
         TT´
      (⌒'| |
       \.| |/⌒>
      [ ̄ ̄ ̄ ̄]
       :: | ̄ ̄ ̄|
       :: |___|

361 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:12:33 ID:4GUA66/I0


 | |                _r‐=、ヽ‐¨ ̄ヽ
 | |               ./::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 | |               /::::::::::::::::/l::::::i、::::::::ヽ
 | |             |:::/:::::::::X V:l::レ、::::::::|
 | |              |/|::/:::イセミヾlVィテヽi:::イ       まず誠達の帰還から始まりましたが
 | |               |/lネ、|   、    〉)::>
 | |                   V'ヘ、 r= 、 ,ノリ"        ここでは色々な誤解を含む内容が話されていました
 | |                   ノ`、 _ ,イ
 | |               _    ._,,イ\  /ヽ、__        第149話 前編のワンシーンになります
 | |==...──......--‐f.."::`‐::´::/:::| /⌒ヽ ,|:::ヘ`::''::..、
 | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈:::ノ|/∨__/ヽl:::::ヘ::::::::::::`゙:>、
 | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;; :::::::::::〉"::| |:::::|  ハ::::/:::::::::::::/::::|
 | |´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 'ヽ;;::::::::::∨ :ヘ |::::::| /::::`ヽ::::::::::/:::::::|
 | |               |::::::::::::∨::∧:::::/::::::::::ノ::::::::::|::::::::::|
 | |             |::::::::::::::∨::::`〃:::::::/:::::::::::::|:::::::::::|

362 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:13:11 ID:4GUA66/I0


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
=================================================================
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


      ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/ 
         \|\!\  ′          ∨        ああ、これからは『4人』でやるってことで
          ヾ ヾ 、    ー ´   ,   ゝ、
              `  、      , ′  /  \_
                  ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-
                   _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
              :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::
              :::::::/  / ノ::::〈 ヽ  /::::::::::::::::::::





  .|i|i.:.:.:;iヾ;ヽトヽ ̄     ,     .~ ̄ /イi.:.:|i.:.::.:.:.| .i
  .|i |:i.:.:.:.:i..:`,ミ:ト、     __      ' /V::./.:.:.:.:.:|| i     私もそれで良いと思いますよ
  |i .|.:i.:.:.:.:i.:.:.:.:トト`: .、.  ヽ __丿    , r'´.:::|.:.:/.:.:..:.::|| i
 |i |:.:i.:.:.::.:.:i.:.:.::i.:|;:;:;:;::`i  、 __ , . r'´;:;:i:;:;;:/:/.:.:.:.::.:.:|.:| ii     『仲間』なんですから
. |i |;:;:;i:;;:;:;:;:;:i;:;:;:i:;|_,/ i       :ト、;;;;i;;;//;:;:;:;:;:;:;:|;:;::| .ii
.|i .|;:;:;:ト;:;:;:;:;:;:;:i;:;::i:|           \/';: /;:;:;:;:;:;:i;:;:::|  .ii
|i .|;:;:;:小;:;:;:;:;:;:;::i;:;::|_,,...,,_   ._,,,__:/;::/;:;:;:;:;: /:|;:;:;::|  .ii
  ノ'´ |:ハ;:;:;:;:;:;:;:;:i :|`ヽ,       , r'´/;:/;:;:;:;:;;:/;:/\;::|  ii
. /   |:| .ヽ,;:;:;:;:;:;:;i:|= =`=、   ,r'´ _./;:/;:;:;:;:;;:/;::/   \  .ii
/   |:|  ヾ;:;:;:i:;:;::|-=テ=Yd <´/;:/;:;:;:;:;::/;:;:/ー-   ヽ ii
    |:|   ヾ;;;;i;;;;;;| r彡ハ:/ ハア//|;:;:;:;:;:/;:;:/       | ii






:::::::∧:::/ `ー        ____  /
:::::/ ∨           ヽ_ ノ /      わかった、みんな同じ意見でよかったよ
/ヘ                  , '
\  \      _        /        ああ、でも俺達だけじゃなくてきちんと『4人』で話そう
  \  \    /  ` ー - ′
   \  \__ /                しばらくはゴタゴタすると思うけど、そのあとにでも
      ̄\ \


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
=================================================================
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

363 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:13:54 ID:4GUA66/I0


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
=================================================================
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     丿 __,       ト-―-- -、  、  ヾ、\
   / /´        ー{; ___   ヾ、     \\
.  //          rzミz彡≧ミ!   \  \
 〃          〃`゙'´`゙´  |    i 、  ヾ、
zソ       〃  〈         |    |  ヽ
/       /人   \  ー―=┼--、_    \
!      -―i―-斗   ノ  /´  `゙ヾ   〉   ゙;
        Y´  ̄`:ゝ {.  ,'      ノ /   ノ
       ヽ、  ヾ{  ヽ |z==―┬-ミz、i  〃
ミ、 〈 ,ゝ   z彡==十ーソ ヽ.     `少゙ ノ  / /       …あのパーティーにあんたの『居場所』はあるのかね
ヾ、 /    ,r'´  ヾン゙ j  i   ミ:、___, イj  / /
 `Y    / \   ノ  l    `゙    / 〃〃        一度抜けたあんたを、それをまた迎え入れてくれると
.  ノ    `ヾ.ヘ` ̄7´   `   -、   j/ / /
 〈       ヽ   r'   ___、  ヽ/ ,z彡'´ レ′ ノ
.  \      ∧   !  ´z=-     {  ヾミz、 〉/
   ヾ:.、   、  >:.、         ハ  ヾjト-、_
    \ヽ  }ノ ノ三≧::.、___z≦彡' \  i!.//∧
      } 〉 ノ /  / iヾ、:::::::::::,'´  /j  〉//∨`ー
     〃 ノ{ / r'´゙`   ヘ `゙''''´  .〃/ソ'//∨
  r-=┼彡<` ̄`゙    ミ、     /.//////∨
  |   |   ヾ、        ヘ /////////∨
 /!    |               ∨////////./





          ,/.' ̄二ミY彡ニニ>=、 ヽ.
         ,ィ〃´/三ミy彡二二`ヽヾ`ヽ、
       ,ィ,'´ノ/´二三ミy彡二ニ=ヾ、 \ヽ`ー、
      〃'ソィ,ィニソ三二ミY/二ヽ.ミヾヽ.{、 ヾ.、
     ,イ´ 〃 ソ〃´/ ,ィ==Y ,==、 }ヾ.、}}ヽヽヽl、
    / l {{〃ソ{{ /.{ミヾ``´´´ {{ { |ミ{ヾ.、ゝヾ
     )ノ ハイ{{ },ィ 丿      `ヾヽ.ハヾーヾ.、
    /'ノ´l´〃}/ l{´ヾ,    u    {ヽヽ、ヽ`ヽ、
    {{//八〃ノノl } 〃‐-     ,-‐  ヽ、} }ヾ.、
    Y{Yノ{ //'〃,_{{__ ヽ.    / ____ ヽヾ.、ヽ     (……誠達はパーティー復帰に好意的か…これは…予想外だったね)
    } }{ }´ノ´ ヽ  。`ヽl     〈´ 。 `i { {ヽ`
    / .〉´l{、 ヾ ` ==彡 ,l     ミー-‐ ´ /ゝー、}     ……
     Y/´}}llゝ. ',       ヾ     `  /ィ. / }}、
     { 〃、ノ}∧      ヽ.      ∧イ}{´ノ{
     {ゝ{  }ヾ.、{> .   '¨' }   ..イ}}Yヾ}}ヽヽ
      ヽi!ヽノノ })ノ l} `l:::...___ ,ィ´/ {{〃ヾ}}、ノノ
       {{ }ヾ { ヽミl.}::      / ゝイ `> .__
       ヽヽ...:::<:::::イ       / ./
     _,,..:::<:::::::::::::::ヽ、___   /        ,
    _{ {::::::::::::::::::::::::::::::::',  `./        /::
   / l l::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ/          ./::::::::
  /   l l:::::::::::::::::::::::::::::/           /::::::::::::::

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
=================================================================
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

365 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:14:45 ID:4GUA66/I0


      ∩
        | ト 、
     _,ノ |゚o ヽ     これはやる夫を含め、幻海も誤解をしてしまいました
  ⊂二_,ノo ○}
    ゝo 0  ,ノ     第153話 後編に出て来る幻海の言葉
      `TT´ 
      (⌒'| |'⌒)     (あたしだってすべてを見通せるわけじゃない)
      (⌒'| |'⌒)
    [ ̄ ̄ ̄ ̄]     (こんな歳だ、逆に凝り固まった価値観に縛られている)
     「 ̄ ̄ ̄|
    L____」      この文にもあるように、幻海も完璧超人ではありません

367 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:16:02 ID:4GUA66/I0


                     _
               _,.....::::':::::::::::::`:..、
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
              .::/::::::::::ゅ::::::::::::::::::::::!
              /|:/::::ト::::::r‐ァ::::::::::::: |
                 iハ:::::::::::::::":::::::::::::::::|                  ゲンスルーの行ったキバオウの懐柔の真相
                }:::ト:こ::::::::::::::::::::: |
、                   Y_r┴:::::::::::::::::::: !                  これを見破った人はたぶん居なかったと思います
::i              γ::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
:::ヽ_               _,.:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、                 セネリオ登場の際には>>1は楽しくて仕方ありませんでした
:::::::::::ー-......___r::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ        __  r:;ァ
` 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ___r‐:'::::::::::/
    ー┐:::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ""      キバオウへの熱い手のひら返しは見てて楽しかったです
      |::::::::::::::::::::::::::::::/ }::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::>"
      |::::::::::::::::::::::::/   リ:::::::::::::::::::::::::::::,' ヾ::::::::::::::::::::::i 
      | :::::::::::::::::: /   /:::::::::::::::::::::::::::::::{   ';::::::::::::::::::::|
     ::::::::::::::::::::/    .:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ  ';::::::::::::::::::|
     ,::::::::::::::::: /   .:' :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ';::::::::::::::::|
    ,:::::::::::::::/  .:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i!   ;::::::::::::: |
    /:::::::: /  /:::::::: ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::i!   V:::::::::: |
   ./::::: /  /::::::::::: / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::!    V:::::::: |
  ,>''"   ./::::::::::::::: '  i!::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     ;::::::: |
       ./:::::::::::::::::: '  '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|!    、:::::::.
    /::::::::::::::::::::::/  ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i!     ヾ:::::.
   /::::::::::::::::::::::::::/  ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i!      `<、
  ./::::::::::::::::::::::::::::'   ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i!
  L ::::::::::::::::::::::::::'   ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
   と::::::::::::::::::::::'   ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
     L:::::::::::::::::'  ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::',
      |::::::::::::/  , ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ト::::::,
      ´ハ::::::'  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |ハ:::::,
       ',:: | .'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i! ;::::,
        ヾ| .'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i!ハ::::,
         ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i! ',::::,
            , :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i!  ;::::.
          , :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i!  、:!
        . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i!   `
         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 」
        ´""ゞ-ゞ-、:::::::::::::::::::::::::r;::::::::::「
              ´⌒ヾ}:::::::::::::} `ー= '
                 i!::::::::::::ハ
                      /::::::::::::::リ

369 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:17:08 ID:4GUA66/I0


                 /:::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::`: . .
                /::::::::::::::'"::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ
                 /::/ ::::::::: /:::::::::::::::::::_:::::::\::::::::\         __
               /::::::::::: / ::::::::::::: /´   i!:::::::::::::::::::: ヽ     γ      ヽ
                  /::/ ::::::::::::::::::::::::: /::/    i!:::::::|:: i::::::::::i     i  ひ   ・  i
                 ,':::::::::::::::::::::|::::::::: /::/   ゆ i!::::::|:: |::::::::::|     |  ど  ・  |
             i:::::::::|::::::::::::l:::: (⌒ヽ斗-   i:::::ハ :| :::::|::|     |  い   ・  |    セネリオへのヘイトの集まりも
             | :::: _|::::::|::: |:: / リ> .,`>-.(  丶 | :::::|::|     |   有    |
             |: / |::::::|::: |:/〈芹苅ヾ `ヽ   >.、入:::l::|     |   様    |    >>1の想像以上でしたね
             |:::{ .|::::::l:( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `       V:::|     |  で     .!
             |:::ハ. |::::::|: 冫二二二二}    ´     V:|     |   す    |    一部の人は名前まで『ゆ』と略される
             l:::::::::|::::::|、|ー―――‐┐  "      N     ゝ      _ ノ
             V:::::::l::::::|. ι  ,, ''¨          |      // ̄
             V:::::V::::| ヘ. (__,, ´  ̄_`ヽ        }     /           FE蒼炎をプレイした人はセネリオと
               ヽ:::::V::|   >    ´    ィヘ       ∧                 略さずに呼んでるとは思いますが
            .。s≦三.ヾ|} \    ≧=./三/∧   /  Vヽ
               |≧s。 三三}__    _{三三. ム     .: }=}              やる夫スレではあまり馴染みのあるキャラではないため
               |ニニニ!  !ニニニニニニニニニ ∧ゝ    .//ハ              見たのも初めてだという人も多かったのでは?
              ノニニニ|  |ニニニニニニニニニ / ',   ./ニニヽ
        。s≦二寸二∧ Vニニニニニニニニ/ //∧   /ニ二二\

372 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:18:40 ID:4GUA66/I0


                 , -ー――-- _
              x<::::::::::::::::::/::::::::::::::::: `` 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ‐-::::::::::::: ヽ
           .':::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          .'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          i:::::::::::::::: |::::: /,:::::::: |::::::| ::::::::::::::::: |::::::::::::::
          |::::::::::|::::::|::::::' V::::::ト:::::| :::::: |:::::::: |::::::::::::::|
          |::::::::::l:: /|::::' ゆ.V::::! ',::|、:::::::|:: | :::|::::::::::::::|
          |::::::::::|:/ .!::' u  V | ' ! \::|:: | :::|::::::::::::::|
          |::::::::::|  ./      、| ー   .|:: | :::| ハ:::::::::|      やる夫wikiのファイアーエムブレムの項目では
          |::::::::::|. ○   u     ○   .|:::1::::||_ |::::::::|
         |:::::::::'!             u .|/:|::: |ヽ:!:::::: |      登場人物で項目の説明があるのは『リフ』のみ
         |:::: /:l、u                |::: | ノ::::::: |
         |:::/ |\   , --、- ,     u |:::/ ::::::::::: |      名前欄にセネリオやチキはあるのに
         l:/  .!/ン'    ヽ   _ , r,| !/|:::::/::::::::i
         .′  ./        、トニニニニニニニ!::/::::::: /      説明の無い不遇な扱いを受けています
              _i          ノニニ二二二イ≧s。"_
            ./ニl       ,,く===≦ニニニニニニニニニヽ    AAは多いのにね…
          /ニニ` 、    ノニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\





                 .....───...........
             ...:'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....
            .:':::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             ./::::::::::::::::::::::::::::i!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          .'::::::::::::::::::::::::::ム:∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          ::::::::::::::::::: | :: |´  ̄`i!::: | ::::::: |:::::::::::::::::::::
            i::::::|:::| ::::: | :: | ゆ | :: | ::::::: |::::|::::::| ::::::i
            |::::::|:::|\:::|\|    |/|:::::/|::::|::::::|:::::: |
            |::::::| ┯━┯      ┯━┯|::::|::::::ト ::::|      セネリオについての説明は
            |::::::| │  │      │  │|::::|::::::| }: |
            l:/|:..乂__ノ       乂__ノ .!:/|::::::|ソ::::      番外編『セネリオレポート』で行いましたが
              |:(               / .|::::::::::::::八
              |::::::s。     マフ     イ:ヽ|::: /::::/       そして今後、かなり先の予定になりますが
              |: /  /__ ニ=┬─‐=ニ  ,.イ |::/::::/
              |/   \ムニ=──=≦ニニ/ヽ'::/        彼に関係したエピソードもあるのでお待ちください
               /ニ:ヽ',__マニニニ。s≦ニ∧
                /ニニニ}  }ニニニニニニ∧
                 /ヽニニニ|  | ̄|_マニニ/ 〉
              `ト 二 」  !/_ >'" /{
              '///|//|____ 。s≦//i!
                 '///:|///|//// |////|////|
                 .'///::|///|//// |////|////|

374 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:19:34 ID:4GUA66/I0


        /              _/        ,ィヾll|,ィ〃=、  `ヽ. ヽ.
     /            / /    ,   l `` ´´ 三ヨ    }  }
     {         ,-‐‐/  {    ./l .,ィl´        }   /  /
      }          /.  /    〉   { { { i!        // ( ,ィ/
     /       /.  /   //    )_ヽ} ヽ      { i!  ヽ.{ヽ.
.    /        l, / /  l ヽ ,r‐´ .//`ヽ       ,/ ヾヽ.  l ヽヽ
    /         //´ ̄ヽ ノ / /_____{{   ヽ    /..,イ´,| ヽ } .}. |      ゲンスルーの過去に関しての番外編
.   {       ,ィ/ i ⌒l { { { ∧  ゝ='{{ ̄`}    . ' ゝ' 〃} /  / }
.    l       / .{ {  (_ ヽ }}  \___i!/    lヽ`ー´{  /{  /_ ノ      同時に幻海の番外編も書こうかとも思いましたが
    l       l   } }、   ノ  ノ       __レ´     `/  l',. l ヽ.{
.    l     {   / } \_人         /   __, '  / }} |  ヾ.        今後の内容に関わる部分もあるため現在は控えております
    {     ', { / ., ―‐/ ヽ.      /  /ー ,  / /. l   }}
     ヽ.    .} ',l /   く     i! ヽ      `    ´ , ' / /   丿        今後機会があればと、お待ちください
.      {   /,ィ ヾ、.    \   l   ::>.ッ_     //__ ノ
       _`ヽ<::l  }}      \ ヽ  :::::/ヽ ` ̄ ´ l ./
    ,ィ::::´::::::::::::::::∧ ノ       ヽ.   lヽ ヾー、、 ヽl
.   {ニァ==、 、:::::::::::::::\        \    }  ヽ::ヾ  }}
.   l/   ヾ 、:::::::::::::::::\        ヽ  /   |::::|| 〃

377 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:21:26 ID:4GUA66/I0


    r_r ̄o ○ヽ、
   /)_(__)___ 0 i
   (、____, ) (}      やる夫の目的に関してですが
   (二二_二二) ,!
    .ゝ、○   ー'_,ノ       強くなる、第2部の目的はこの1点がなによりも優先される目的でした
    iヽ≧.ーi ≦
     \ `| |          途中で何度も女性に手を出していた?
      ゝ| |<⌒\ 
        . | |   ̄`ヽ!     受験勉強してる時でもオナニーするし、息抜きでゲームもしたり漫画も読む
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     恋人や友人の誘いも全部断り、朝から晩まで勉強だけをずっとしていました?
  「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「
  |::         . : ::|     目的のために脇目も振らず、それだけに終始した
  |::         : : ::|     という人だけ石を投げる事を許可します
  |::         : : ::|

378 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:22:27 ID:4GUA66/I0


                      ⌒       、
                        ⌒   - 、  .、 ヽ
                     ,  <:::::::::::::ヽ |  |
                 , <:::::::::::::::::::::::::::::::}
                    |:::::::::::::::::::::::::::::::::>'
      ,/_二_丶ト ´::::::::::::::::::::> ´
       /{ |     メ-‐へ__> ´  ゴボゴボ
       {)ゝ_ ̄ ̄ノ
        ゝ、 ○ ̄ノ       ぼたん、幻海から強い槍の使い手である冒険者と組む事は難しい
         TT´
      (⌒'| |          そう聞かされて幻海に助力、紹介してもらおうとする
       \.| |/⌒>
      [ ̄ ̄ ̄ ̄]       これは技術を盗み見るだけでなく、指導もしてもらえる
       :: | ̄ ̄ ̄|        ある意味で大正解な、そして実は…そんな提案です
       :: |___|

380 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:23:37 ID:4GUA66/I0


        /              _/        ,ィヾll|,ィ〃=、  `ヽ. ヽ.
     /            / /    ,   l `` ´´ 三ヨ    }  }
     {         ,-‐‐/  {    ./l .,ィl´        }   /  /
      }          /.  /    〉   { { { i!        // ( ,ィ/
     /       /.  /   //    )_ヽ} ヽ      { i!  ヽ.{ヽ.
.    /        l, / /  l ヽ ,r‐´ .//`ヽ       ,/ ヾヽ.  l ヽヽ
    /         //´ ̄ヽ ノ / /_____{{   ヽ    /..,イ´,| ヽ } .}. |
.   {       ,ィ/ i ⌒l { { { ∧  ゝ='{{ ̄`}    . ' ゝ' 〃} /  / }    幻海はやる夫を目の届く範囲に置いておきたい
.    l       / .{ {  (_ ヽ }}  \___i!/    lヽ`ー´{  /{  /_ ノ
    l       l   } }、   ノ  ノ       __レ´     `/  l',. l ヽ.{        まだ死なせるわけにはいかない
.    l     {   / } \_人         /   __, '  / }} |  ヾ.
    {     ', { / ., ―‐/ ヽ.      /  /ー ,  / /. l   }}      そんな思惑がある上でシャルティアの紹介に繋がります
     ヽ.    .} ',l /   く     i! ヽ      `    ´ , ' / /   丿
.      {   /,ィ ヾ、.    \   l   ::>.ッ_     //__ ノ
       _`ヽ<::l  }}      \ ヽ  :::::/ヽ ` ̄ ´ l ./
    ,ィ::::´::::::::::::::::∧ ノ       ヽ.   lヽ ヾー、、 ヽl
.   {ニァ==、 、:::::::::::::::\        \    }  ヽ::ヾ  }}
.   l/   ヾ 、:::::::::::::::::\        ヽ  /   |::::|| 〃

381 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:24:42 ID:4GUA66/I0


.....................................__{ニニニニニ=-〕iト-=ニニニニ=-\
V /................... ィi〔ニ=-\-=ニニニニニ=-〕iト -=ニニ=-\
..V /../ ...../ニニニニ=-\-=ニニニニニニニ=-\-=ニニニ}、
....V /........{ニニニニニニニ=-\-=ニニニニ{^\ニ=-\ニニニ}∧
.......\........V-=ニニニニニニ=->、-=ニニニ\ニ\ニ=-ヽニ/ニニ',
.........__ >、...V-=ニニニニrく  ̄\}-=ニニニニ\ __>ニ=- 「ニニ/^}
.../-=ニニ〕iト .,-=ニニニ\i:i:i:i:i:i:〕iト.,-=ニニニニニニ=-}ニ/_,イ
/-=ニニニニニ〕iト .,-=ニニニ>´  _/ \-=ニニニニ=- '-=ニニ}
{-=\-=ニニニニニニ}ニ> ´ _,.イ{{ 笊ミ、\-=ニニ=-/-=ニニ/
|-=ニ丶-=ニ「 --==彳 __ ィi〔ニ乂、 乂ツ㍉\-=ニニ>ri〔         この世界では産まれながらに『加護』が与えられている人が存在します
Ⅳ-=ニニV  /i:i{ニ|ニニニニニニ>、  /  >‐vツ メ7  \
...Ⅵ-=ニ/ /{i:i:i:i:|ニ|ニニニニニ=-/ニ7/ / i ¨´∧{丶   、       その加護の大小はそれぞれですが
\V-=/ /{-=ニニニニ>、-=ニニ=-/>´⌒¨´     /ニ〉、 \  ⌒\
ニニ>、/ニ=- -=ニニニニ〕iト-=ニ/ニ/ `ー====ァ ィニニ/ニ\ `¨⌒}  }   加護を与えられ、強くなれる人物は『最初から決まっています』
ニニニ\ニニ=- -=ニ{  ̄ Vニ}i:i/ィ == ‐─‐‐ <ニニ/r‐‐yニ}、   ,  '
ニニニニ>、 -=ニニニ|i:i:i:i:i:Ⅵi〈 {-=ニニニニニ=-Vニ}i:i:i:}ニ/ニ\//
ニニニニニⅥ-=ニニニ=-i:i:iⅥi:i|-=ニニニニニニ=-}ニ/i:i:/_/ニニニ\       ※ただし、加護無しでも努力次第である程度は到達可能
ニニニニニニⅥ  ̄ 〕iト -=ニⅥi|-=ニニニニニニ=-{ニニニ/-=ニニニニ丶 /
ニニニニニニ}ニニニニニニ〕iト _i|-= /  ̄ ̄ ̄ ^V\---- へ -=ニニ∨ /    例:ダーマ神殿は凡人でも行くことは不可能ではない
ニニニニニニ/-=ニニニニニニニ\_{-=ニニニニ=-V/'\-=ニニ} -=ニニV
ニニニニニ/-=ニニニニニニニニ=-}-=ニニニニニ=-V///〉-=ニ} -=ニニニ}

384 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:26:54 ID:4GUA66/I0


: : : : : : : : : : : /{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\i:i:i:i:i:i:i:i{ニニV-=ニニニニニニ7
: : : : : : : : : : ' 八: : : 、: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\{\i:i\_∧-=ニニニニニ/
: : : : : : : : /    \: : \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}i:i:i:i:i:i:i:}-=ニニニニ/
: : : : : : : /____   \: : \: : : : : : : : : : : : : : : : : : {i:i:i:i:i:i:∧-=ニニニ/
: : : : : : /     `ヽ   \: : \: : : : : : : : : : : : : : : : :Vi:i:i:i:{ニi-=ニニニ/
: : : : : /           〕iト: 丶 : : : : : : : : : : : : : : : Vi:i:i:i:i:}-=ニニ/
: : : : /¨笊示≧x       ⌒ィチ示笊¨ ア: : : : : : : : :}i:i:i:i:/-=ニニ/
: : : ∧   ん//:::ハ        〃 ん/::ハ \ : : : : : : : : |i:i/ ⌒¨¨´       所謂、これが強くなるための『才能』です
: : :, {  、 乂_rツ __         乂_rツ ィ丶: : : : : : :.|/_____
: : :{ハ  ”⌒¨¨´   .::::i     `¨¨⌒”  ハ: : : : :..|-=ニニニ\       加護は人の壁を超えて、バケモノの強さを得ることも可能です
: : :|i∧                        /i:i:ハ: : : : :j-=ニニニ=-',
: : :∨圦                    '}i:i:i:i:}: : : : ,-=ニニニニニ=-     また加護を持って生まれた人物は、人によっては幼少期より
\: :丶介: .     `ー‐─‐‐v‐‐'    イニ7i:i:i:/: : : :/-=ニニニニニ=-     その才覚を表していきます
ニV丶: :\i:i:i:i:::....          ...:::::i:i:i:}/i:i:i:/: : : :/-=ニニニニニニ=-',
ニVi:i:\: :ヽi:i:i:i:i:i〕iト  __  ィi〔i:}ニニニ7i:i:i/: : : :/-=ニニニニニニニ=-\  ___
ニニⅥi:i:iハ: : :Vニ{i:i:i:i:i:i:i:i介i:i:i:r、_ノニニ/i:i:i/: : : :/-=ニニニニニニニニニニ「i:i:i:i:}
ニニⅥi:i:i:}: : : }ニ>-イi:i/∧i:i:∧ニニニ7i:i:/: : : : '-=ニニニニ/{ニニニニ\ニニ〉i:i/_
ニニⅥi:i:}: : : |ニニ//i:/ニニ∧i:i:∧ニニ{i:/: : :/-=ニニニニ/i:i|ニニニニニニ>‐'i:i:i:i:i:}
ニニニⅥi:,: : : ,ニニ{i:i:i/ニニニ∧i:i:i:}ニニ/: : :, -=ニニニニニ/i:i:i:i|ニニニニ/i:i:i:i:i:i:i:i/

383 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2016/10/28(金) 23:26:41 ID:tfwsWtws0

強者は加護があることが大前提の世界なんだけど、一応凡人でもダーマいってワンチャンあるって塩梅なのかな



388 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:29:48 ID:4GUA66/I0


>>383
凡人なら強くなることを目的とし、頑張っても5年はかかると言われています
キラとアスランは6年かかりました


389 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:30:15 ID:4GUA66/I0


               __             _____
          /-=ニ\         ィi〔ニニニ=-\
         /-=ニニニニ> ---<ニニニニニニニニ=-\
          〈ニニィi〔-=ニニニニニ=-〕iトニニニニニニニ=-〉
       ,ィ-=ニニニニニニニニニニ=-\ニニニ=- /
       /厂辷辷厂⌒厂⌒(⌒〕iト-=ニニ=-Ⅵニ=-/
      〈乂⌒ r‐‐=ァ=r‐、 __厂 \ ⌒\-=ニニⅥ-/
     V: ⌒7: :-/-人: :⌒: : : : :.⌒}、⌒Ⅵ-=ニⅥ        人と同じだけの努力をしても伸び代が違っています
       | : : /: : / ⌒ \: : : :\: : :.}: Ⅵ Ⅵ-=ニⅥ
       | : : {: :./     \: : : :\ |: :i:Ⅵ Ⅵ-=ニ}        常人が10年で到達した領域へ
       |: : :八:{¨T:::::T     ¨T:::::T |: :|: Ⅵ }-=ニ'
       | : : : :..} |:::::::|     |:::::::||: : : } (-=ニ/        1年足らず、場合によっては半年で到達し追い越すことも可能
       |: : : : ノ 乂,ノ     乂,ノ|: : :(  〉ニ∧
       |: : : : { ' '         ' '  |: : : }乂/ : : ',       一般的な物語でのネーム付きの強者達は『コレ』です
       |: : : :人     マ   フ    |: : : }个V: : : : : .      (近頃その努力すら一切無しで力を得る作品も多いことからは目を逸らしつつ…)
     ,乂: : : :介o。 ____  __ イ | : : j: |  ', : : : : .
       ⌒}ヽ: / ノニ「i:i:介i:i:}ニ\j: : :': :|  V: : : : : .   
         |/:/{rくニニ</ニ\>ニニ/:..:/| : |   V: : : : : .     シャルティアがもし文官ではなく、武官の家に生まれ
        /:/: |乂辷辷辷辷辷辷': :/〉| : {    V: : : : : .  
        ':./: : | 人ニニニノ、ニニニ/: ∧ 乂:.\  ∨: : : : :.    その才能を伸ばす教育をされていれば更に強くなることも可能だったでしょう
      {: { : : Vニ介=-⌒ -=ニ{: :{ニ∧⌒\丶  } : : : : }
       乂:、: /ニ/ }ニニニニニ=-乂:Vニ∧  }: :} , : : : : /

393 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:32:27 ID:4GUA66/I0


                  _,,..、、、 γ⌒ヽ
                .: /⌒ン⌒メ _ ノ㍉_  _
             //⌒ン¨´⌒Y_ ノ⌒㍉人_㍉ )
            .:〈⌒Y 〈_ ノ⌒´:: :: :: :: :: :: :: 乂_㍉
            /r=<人_ ):: :: :: : |:: :: :: :: :: :: :: :: 乂_㍉
          へ{{∥)):: :: ≫≪:/|:: :: :: :: :: :: :: :: :: (_,ノ
          《_rァ⌒ヽ:: ::|:: :'   |:.::|:: :: :: :: :: :: :: :: 〈
         /r:ア∧__ノ :: |:/   |:.::|:: :: : |:: :|:: :: ::|:: :.
          :|/ :/:{: 》: : : | ::|  ―|:.::| :: :: :|:: :|:: :: ::|:: :|
         |/ ://匕:: :: ::.| ::|    |:.::| :: :: :: :: :: :: :|:: :|
        /:.://:: | :: へ/| ::灯ぅ㍉|.:::|  ::/ ::/ ::/ :: :: ::
          /.:八从::|: { ヘ人::| いン : ::| :/ ::/ ::/:: /:: :/
       ∨  |从:|:人厶  `     ⌒¨¨¨⌒¨¨´/:: :/             ,. . : : : . 、        呪文を扱える人間は
          |{ \{:: :込           ,     /:: :/            ,. . .     . . . 、
               \ 〕 、       _     . ::/            ,.:: : .       . : : : ヽ     それだけでわかりやすく才能があると
                〈乂へ>  ´_   イ:/            ;';:.:: .         . ..: :.:.:';
           /⌒\  人 _〉 ⌒\ト<⌒Y⌒ン、           ;:.:.:.: : .       . ..:.:.:.:.:.::;    そう判断が出来ます
            { ―}人⌒\〕iト _i{_ ̄\)(_ ノ           ,::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;:;
         (ン /乂㍉) \  《 /∧》  ヽ/⌒ヽ          '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:;:,:'
        〈  /   (人㍉八 \∨{ {\  }〈   ノ          `:、::::::::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;::'     戦士、そして武道家も
           \,      ∨ ))\ \L}\〉 人 〉⌒)           ` :::::.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; '
         ( i      〈 〈 f㍉ Vうぅ=-⌒ン〈〈(              `~゙` ''"~´        条件を満たせばある程度はそれもわかります
          r<|   /\  ) )ハ  ⌒⌒ー 匕r㍉} }ハ             /   と'"´
         人 Y⌒(  YY⌒〈ン⌒⌒⌒(_><)' ⌒ヽ ∧        //⌒ヽ ノ二ニ=-
         /【】【__】 【__】 〈/       Y    〈∧         _/  ----- ―――┘
           /ノ人人_人人_ハ             }/ハ      //  /
        〈-=ニ二二二二二二}        /      /ニ '    /| /  /
         '/-=ニ二ニ=- ニ=-人 ___/___/ニ/  /-ニ| { /{
          '/-=ニ二ニ=- /-=ニ二ニ=-)【 ><】(⌒i_/ 〉/-=ニニ| },/ 〈
          ` | -=ニニ=- |-=ニ二ニ=-〈 【 ><】 〉=| //-=ニニ二.| |\ノ
              -=ニ二=-|-=ニニ=-/' )【 ><】〈= | /-=ニ二二 | | (

395 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:33:43 ID:4GUA66/I0


  ‘,  / /            |i|i|i|   ,  ',\      ',   \  _____ノ      一  レ
. /, ‘,'//, '       .  ´     |i|i|i      ′ \   ′     `ヽ
////,‘,/      /       ,'  ′  ′  ',       . 、   __ノ       番  ム
////, ,‘,     /    ,′ ///′    ‘,  ′     rく  Y ⌒ヽ
// ///‘,   , '      '   ///,′    ‘,     弋ヘ_r_ノ _ __ノ__      乗         加護は一般には認知されていません
   //  ‘, /      /  .////       ‘,  ',   =}丁rf㍉ ≧s。.,)                全ては『才能』として判断されます
  .//    ‘,     ,  .////      .r---.ヘ  ', Vi { (__rf⌒マム-=二__       り
s。.,_    / ‘,    /  ./// ′     ,'`¨´¨´ヽ. .',jz\ _,rf| マム    )
/ ′≧s。.,_  r‐ 、   //,        | | | l乂| ∨zzz}! rf./   マム   ̄ ̄`ヽ
        /V__\ -=ミヾzx、    f.i_|_|_/≦| /zzz/ rf/ 、    マム      '⌒Y⌒ヽ/⌒    そして身体を動かし、他者と比べる
        \ rく_ノ^ヽ } }ZZ=-弌⌒i┐ _j  .!Vi|zz/ rf┘ \    マム      ∨∧∨∧
          ア⌒\_ノ \_ -=ZZ∧__l人´二`人_ノ/rf┘、\ \   マム        ∨∧∨∧   そう比較を行えば才能が有る人物
       / r{   /\_    ̄¨\}\___ア¨く_/| rf┘  \. \ \.  マム.       ∨∧
      ./ r{     ′    ̄¨¨\__}__>{_八_}<jrf┘         、    マム      ∨      ある程度より大きな加護があると判別が可能です
     ,  r{  ,           i{    ∨ rf┤        、 \  \. マム     |i|i|
     , ′ r{./           }     _rf┘|.           \ \  丶.マム    ノ
   ,. ′  ,廴            人______rf┘__ノ              丶、丶、  マムー=彡_,ノ   
 ,. ′  /   廴         /{___rf┘二二 二寸           丶、丶、 Vニニニヽ  
     /     廴rzrzrzrzrzrzf┘、   ∧/z -==ミヽ             `  .,_ {ニニニニ} 
  ┌――┬――――┬――┐zz∧ \_,/ {z{ [__] }z┌――┬――――┬― マニニニフ
/|    |        |    |zz{  、   └r-――-x|    |        |   `‐===く 
  ├┬―┴――┬―┴―┬┤zz{     / j|.      ├┬―┴――┬―┴―┬┤
  ||        |      ||zzi  -=彡  厂7⌒寸-┤|        |      ||       ※誰だこの甘寧AA改変した職人様は…w
  ├┴―┬――┴―┬―┴┤_]i|     / /  i| V├┴―┬――┴―┬―┴┤        使用させていただきました!
  |    |        |    |_,人    ./ /____,jL__,}|    |        |    |
  ├┬―┴――┬―┴―┬┤/⌒ ー=彡   `7rfユト、├┬―┴――┬―┴―┬┤
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

397 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:35:18 ID:4GUA66/I0


                ____
              -―'-    `ヽ、- 、
.          ,r ´     `ヽ `ヽ  \\
        //            \  \ ヽ ヽ
.        //    {  {  i  i  ヽ.       \
        //   /   \_`ニニ=-   !  }       、
.       /, !  /     {   |  l!   |  !    、 }
...    li |   l  i  i  ',  |ヽ |  |   | .、ヽ | i
.      |! ! li {l  |  {  ', |||ヽ i  ! } } | |
..    |   { {i  |、 {、  ハ | |l .} ;   |  !i } | |
.      '.   { ト、 i{__、{__V ヽ{ _j/___}ハ i{  }/  l |      ただし個人差もあり
       ヽ  、{トヽトュ-}     トュ-}  }ヽ{ / }\{ !
       \__{{_} `¨´  : : :  `¨´  j,ィ'`/  } ハノ      実戦において覚醒する場合もあります
          } {i八     _ _     ノ| { iハ | j
          j/ヽ {`it  ァ‐:t―‐ァ≦..、 ヽ{、 {  ヽ       作中においては一方通行がソレにあたります
            `{ヽ{ /:i::{{:.ヽ/.::}}:::::i\  ヽ
            /.:`{::.\:::::/.::::::}:/.:\
             ,':\:{:::::::::::rュ::::::;:イ'.::::_ノ           個人の性格で他者と競う事が苦手など、弱気な性格の場合
              ,'::::::::::}\:::::rュ:::::' ::!´ヽ、ヽ
.            └┬-|::::::::::::rュ:::::::::{  / /          その才能を伸ばすことが難しいからです
                | .}:ー=-::::::‐=彡ヽ' /
                | i:::::::::::::::::::::::::::::{__;′
                | l`:.:――― .:T´
                | |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
.              ヽイ.:.:.:.:,' ̄ ',:.:.:.:|
              |:.:.:.::|   |:.:.:.:|
              |:.:.:.::|   |:.:.:. !
              |:.:.:.::|   |:.:.:. |
              |:.:.:.::|   |:.:.:.:ハ
               L;=:ム   {_:.:.:.:_}
                 {ニ三}   {三ニ}

400 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:36:22 ID:4GUA66/I0


    -=≦_,.イ} ≧=-'⌒ヽ=-{{〃⌒ヽ
     〉 r'´_〉 / /、ー-、  r ヽ、\
  ___/ 冫  } { ト、 \  \U-、_〉〉′
. /    ヽ_// ヽ ! \ \  } 八´
|     /  |   :ト、_,ヘ_ト、_メ、  ! \
|   ∠  レク  j_∧_j乂}トrゥ从ト、「 `
八___/从ト〈〈} 八个‐″ ,ノ 、イ人! ヽ         当然ですが、どのような分野でも実際に触れて
   \ _j∧_,厶イ人    _,  人   }         まず実践してみないことには向き不向きはわかりません
    ≫=ヽ冫  }> 、 _´,.イ     ∧
   〃 /ヽ'   /ハ厂/   _,. <! ∧
   {{ / | : \∧  \_,. イ  ∧ | : : |       スポーツの才能があっても体型が太い、細い
    冫 | : : : \\    ヽ{  !  :|\/!       また身長の伸びが遅く、才能が表に出てきたのは成長期を迎えてから
   /!  ! : : : : : >〉   八  |__ノ   |
  /: {___ヽ__/V-'  __ /: :} ̄「: : \/!       そんな例は五万と存在するように
  〈: : __/  ゝ--(_,ノ : /: : :ト、 : : : ∧
. /三ニヽ     ∧___/: : :∧ヽ : : ∧ |      人の才能はすぐに発見出来るものは無い、というのはこの世界も同様です
/三三三\   /{ ヽ: : : : : : : : : :〉 \/  ハ
|三三三三 \{  \ \ ----/、    /: : }
V三三三 ヽ三ヽ   !\__\/{: : : \_ /: :/〉     1日、2日、頭や身体を動かした程度で急激な成長などありえません
. ヽ三三三=!三 |   |: : : // ヽ : : : / ̄ /-、
  |三三三=!三八  \/ : {   \_/ /三三\
  ヽ三三三}三三\__{: : :ヽ    /∠三三三三> 、
  | \三 /ニV_三三三{\: : :\__/三三三三三}三三> 、     自らの才能に気づかずに一生を終える人は当然何人も居ます
  |三≧≦三} `ー- ノニ/`ー―〈三三ニ=― /三三三ニヽ
  |三三三三ハ    r1´三三/ | 「三三ニ /三三三/三}
  /三三三ニ/ニ》    冫ニ /三ニレィ´三三〈三三三/ニ/
. 〈三三三三{彡'    /=/三三=/! |三三/_>―'´ ̄
/三三ミ、/    ∧〈三三三/三!_j三/
ヾ三三彡'       V\\三 //
            \三三Y´
               `ー‐'

403 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:37:54 ID:4GUA66/I0


                                   /(/../
                               /....../
                                /ニ∨ ----
                                  _/ニ=-{-=ニニニ=-\
                                 //ニ=-Ⅵニ=-/-=ニニ>、
                              /ニ7-=ニ=-Ⅵ=-/-=ニニニニ',
                          {ニニ{-=ニニ=-Ⅵ/-=ニニニニ∧    /)-=ァ
    ____           ィi〔ニ> ---/>^∧-=ニニ=-〉-=========---ヘ/..../../
_ -=ニニ/.:.:.:.:.:〕iト _____ <ニ/> ¨__¨¨__ 彡笊ミニ=-/-=ニニニニニニニニ/......../_
ニニ〔.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Vニニニアニ>/ィi〔ニ//ニ/ニ{  VツⅥ/-=ニニニニニニニニ7......ィi〔⌒   _ ,.ィi〔      そんな中
ニニニニ=-.:.:.:.:.:.:.:.:〈{//-=ニ//-=ニニ//ニ/---====彡 ⌒ ィチ笊ミニニニ=-ィi〔⌒´    ィi〔  ̄  -==
ニニニニ〕.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V乂ニV/{-=ニニ{ {⌒{ニニ//  ̄ '      Vツ /{ ̄{ニニニ/_     /     -==ニニ    非常に大きな加護を持ち合わせている
 ̄ -=ニニ\.:.:.:.:.:.:/⌒´ ^\V-=ニ//.::::::\ニ/:  r 、    -=ニニ乂∧ィi〔ニ=-、/     /..................
     ̄  ̄ ¨¨¨´       ヽ〕iト_{ニ/\.::::::::}∧  ー'  //ニニニィi〔ニニニニ=-',   /........................    シャルティアはロマリア王国でのNo.2
                   }/-〈ニニニ>、 ノ.::::>-- //ニニィi〔-=ニニニニニニ=-} /..............................
                     /-=ニⅥニ/ニニ〕iト‐┐.:::::^/ニニ>--------- ∠〕iト.................................    リック将軍に次ぐ強さです
                    /-=ニニニⅥ-=ニニニニ/.::::/ニニ/-=ニニニニニニニ=-\=-〕iト...................
                  {-=ニニ=-/-=ニ〕iト-----<ニニ/-=ニニニニニニニニニニ=-\ニ=-〕iト ........
                  |-=ニニ=-/-=ニニニニニニ=-}/-=ニニニニニニニニニニニニ=-丶ニニ=-\..
                  Ⅵニ=-/-=ニニニニニニニ=-|ィi〔i:>、-=ニニニニニニニニニニニ=-\ニニ=-丶
                   Ⅵ=-/ -=ニニニニニニニ=-|i:i:i:i:i:i:i:\-=ニニニニニニニニニニニ=-丶ニニ=-\
                   Ⅵ/ -=ニニニニニニニニ=-|Ⅵi:i:i:i:i:i:i:}\-=ニニニニニニニニニニニ=-〉ニニ=-\
                      V -=ニニニニニニニニ=-|i:iⅥi:i:i:i:i/i:i:i:i\-=ニニニニニニニニニ=-/ニニニニニ=-

404 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:39:26 ID:4GUA66/I0


                                                                  ___   ---===================---
                                     |                          _ -=ニニ二 ̄.....................----------  ̄ ̄
         \: : . .     丶            ト、      | i    '’              _ -=ニニ二 ̄..............................---------
              \: . . 〕iト _)\          |: .丶     |i :| /      /        ィi〔.............................................----=====--⌒
              丶\ : . . . .   \ 丶     |  . . \  |i l|i(    ′  i| ′    ィi〔........................................--=========-- ⌒
               \\    . . .  \ \    }    . . ヽノ.:.  \/   /|i   ィi〔 / .........................--============--⌒
             \ 丶\i       丶 \ ノ、         i/丶  /  / 〈__ 〈....................-=======-- -=====-⌒
               \   i\i           i丶i \i|i       /|/--=/==/=ニ,イハ }..................---=ァ_ -======--⌒===──‐‐ ___
            ____)丶  i|丶   . .     l\ lト   --=/===/ニ/ニ/乂 }__}......ィi〔ニ=-/ニV ィi〔⌒===──────‐‐‐‐
          ---===ニニ二   ‘ ,   "  : .   --====ニニニ/ニニ //ニアニ//-=ニ=-/-=ニニ}´      ____   ̄ ̄ ̄ ̄
              ̄ ̄ )        --====ニニニニニニ二二二 //ニ7ニニ7-=ニニ=-/i:Ⅵ-=ニ|   _ -=ニ=-\
         ____ ----- ̄ ̄      ̄ ̄  ̄ ___ ___ --====ニニニ Ⅵニ{ニニ{-=ニニィi〔i:/^Ⅵ-=,  /ニ=- ̄ ̄\=-',  この世界でのホンモノの強者
    --====ニニニニニニ=-------- -=ニニニ=-.:.:.:.:.:.>r‐─===-- r‐圦ニハニ/ニⅥ/i:i:iイ/ /ニニニ{=-/         }=-}
--====ニニニニニニ二二二二二二二{///////〉.:.:.:.:.:.:.:./7ニ> ´ニニアi:i:i:i:〈ニ/-=ニV -=≦{ {/{ニ{ニ//          '=-/   この差は努力ではどうになりません
  ̄ ̄--====ニニニニ==---  ̄ ̄-=ニニニニニ=-.:.:.:.:乂ニ{ニi:i{ニ{i:{ニ{i:i:i:i:i:i:i:V-=ニニ}ニ{ニ/{ __ゝL{'=- __      /=- '
    ──  ̄___-----====-,'    ̄ --==L.:.:.:.:.:.:.:./^ ¨⌒¨^`ー==- ̄ ¨\-=/ニVニニ/ ̄\ -=ニニ=---=ニ=-/
          ⌒)     i|/      . : :. .      ̄ ̄   ----========ニニニ¨^〉ニニ>ニ/ニニ=-\  ̄ -=ニニ ̄      凡人はこの領域には到達不可能
          /    i/|⌒7    ̄  ̄ ̄  ̄----======---  ̄ ̄   . : : . /ニ∧/ ̄{ニニニニ=-\
          /⌒7  /|i   /     '’   /      . : : : . . '’. ..        /ニ/ニ/-=ニニ〉、ニニニニ=-\          ゲンスルーはあっさりと撃破しましたが
           / /     /  /'^Y /. :./   . :                   /ィi〔/ニ/-=ニニ/i:i:i:\ニニニニ=-\
             //      / /    |/⌒7 ':  ., . : : . . .         /i:i:i:i:i:i:}ニ,-=ニニ/i:i:i:i:i:i:i:i:〕iト ニニニニ=-\       シャルティアは紛れもない強者です
           /        //     /|  i/⌒Y              ':i:i:i:i:i:i:i:i://-=ニ/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕iトニニ=-\
               /       /  /i   |i /    ’/|       /i:i:i:i:i:i:i:i:i://-=ニ/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕iトニ=-\
                          /  /    |/  i|/ ' i|i '| /|/i:i:i:i:i:i:i:i:i://-=ニ/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〕iト\
                              /| /i  /  |/ i|/ /i:i:i:i:i:i:i:i:i://-=ニ/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧⌒

407 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:41:48 ID:4GUA66/I0


      l                      
      |         lヽ//l - ─-.,      
      lヽ       ヽ- ' ./ ,.- -  `''ヽ、 
  l    ヽヽ     _,..-ヽ  ,.,. -、 - -ニヽ  
 />    / l     -''" ̄/''"´   ヽ、- -、 l         ゲンスルーが簡単に撃破したように見えたのは
( ヽ    ( l       /_ _ニ=-'7__ ヽ、 - l. 
.ヽY"    .l つ     ヽノ ヽ- '"  " .ヽ, , ゝ         彼が『ゆうしゃ』の本来仲間になるべき才能の持ち主
      i .l__ )     ヽ,-     .l ./  ヽ- ''-
    _,.┐   ̄      >=一   l"'"   /        シャルティアより更に特別な加護を与えられている
  //    /l      /   _,. - '"    / / 
  l l --、''.i.( .l -    '--- ' lヽ、    ///       この世界でも有数の才能の持ち主
  .l/,.- 'i´.l .ヽ(        / , .l lヽ  ///,. -'
  .l /二=,..l-" _)      /ヽ ヽl l、  // /、_  \     尚且つ、その『つよさ』伸ばすよう死力してきた人物であるからです
  ( .( - っ -ヽl"       ヽヽ .\ .('" l /   l .l`''ヽ //         ヽ
  ヽ ''"、 /         ヽヽ  ヽ'___l    l .l   .l.l.l          ヽ
   ',  .)/ヽ∧         ',.ヽ  l.l.lヽ   l .l   l.l |          | ヽ
    ヽ  / / ヽ        .l .ヽ l l lヽヽ  .| |  .|l l          .l ヽ
    ./>" /    \      ,.'  "l l.l l .\'、 .l .l   l.lヽ、---       .l
   /  ,. '       ヽ、   .>  /l l .l\ ヽ 、l__l   .l  ''ヽ        /
   \-'"          ヽ、_ .l  /l l l ヽ ヽ        .l .,,_    _,.- l
    "' .,_           ヽ /./ l .l / \ヽ        .l " ' --'  .l
       "' .,_          .ヽ/   l   ヽ l    ヽ   l       l
         "' .,         ヽ--─、、   l、ヽ    ヽ  .l       l
           "' .,          ./     ヽ\ --  _,.ヽ--、 ̄ヽ  l
              >      ,. -''"─--.,,__--" --─ '"      ヽ
          -─ ''"   ̄ '' '─-'    l -、.ヽ
        /              ,. -''".ヽ ヽ             _,. - ''"
       /              /     ヽ ヽ       _,. - ''"ヽ--
      /               /      l l  _,. - ''"     ヽ

412 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:43:34 ID:4GUA66/I0


                              __}\―-ト、V{
                           < ̄   `、   { V
                         r-‐'" ~^  、.    | V{
                           ]i _      r-=ミ_    /
                        从  \ ア¨` 、  `` ァ
                              八 Y⌒`` `tッ、\   j{
                        ___   刈ヽ.        rッ八            作中において『かませ』に見えたと思いますが
     ___            __>''"⌒  ~^''<_「⌒}   _   ' /
   / 7____        ア゚  ̄ ̄  ‐-  _  ``*、\    `/              ギルガメッシュ、そしてリック将軍
  / / /____       W                、  `、 >-く-ミ_____ __
 从 {  ∥´  Y      i{                  丶 寸  \ニ≫,:::::::::::ア \      この2人は各陣営、ロマリア王国と教会サイド
  .Λ.{  j{  r=ニミ    八  ___                 `マ    'く ヽ:::::〃   `寸
   Λ-=ニ _/  /    沁/⌒`` + _          }i     ‘, `、|l       マ   その中で2強の強さを誇ります
    .Λ   ~^{ j}_     /~ ̄~^  、._`+_        }「~"'' + .._ ‘, ',      l}|
    八_   _,Y \  _ノ,,_       ``+。_        八   _,,、≧s<"',      l}|
       ゚_      } \て /:::ニ=-....._    >s。,,,,,イ           ]i{ヽ、    从   人類としては彼らが世界の中でも上位の強さ
       ゚_     ,j:  \)k``ヽ、:::::::::::::>s。ノ::::::::::::ノ         j爪 }\  /
       ゚_   /      }::),  V::::rイ :]「>―=ニ´          、’ V:::::>イ
        ゚_   /     ノ:::::}   V    ]「                、’  | }::::::::::V__    ただしゲンスルーはダイの大冒険で例えるならマァム
        八.ノ    /:::::::/   ノ   八           /    | }:::::「⌒Γ
         ニ===彡:::::::/  イ      \ニ=- -=ニ _ =彡 /    V===ミ, V   ロトの紋章なら拳王ヤオのポジション相当
          ≧s。、=ニ  _+´         }_  --   _ -イ     }ニ=ミ \!
                \.,、イ           从___        \    .}_  ,V }
                         __ア゚    ~^ =-  _  }i_   i「__ノ]] .} .}i   北の勇者ノヴァやパプニカ三賢者、ボルゴイ、ルナフレアでは
                         __ア゚~^  =-  _     ~^]「 .〔_____ノ / 八
                          __j{   _jL∟」_        }|  八____,イ/    比べてもどうしても劣ってしまいます
                           __j{   /ニニニニ_)i      ∥ >-く>=ニ
                           __j{  / j{二ニニニニ}      i{  ir  V V
                     __j{  ./ j{ニニニ_ノ       .i{  沂   } V
                       __j{  ./  j{ミs。ニニ{ニ==- -  _}      .}.  V
                      __j{  /   j{   ミs`、 --   --/  /ヽ .}=ニ=}
                       __j{  /  .j{      }      |  =ミ{  .}、 - |
                        __j{  /   j{___       .}      .i|        }ハ  !
                   __j{  /   .j{  \     }      ji}    r。 .}_ } |

416 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:45:27 ID:4GUA66/I0


                                               ---------
                                          ____  __   /-=ニニニニニ=- \
                                   ィi〔-=ニニ7ニニ∧/-=ニニニニニニニ=- }
                               ィi〔-=ニニニ=-{ニニニニ}-=ニニニニニニニ=- }
                            ィi〔-=ニニニニ>-r‐‐‐ヘニfi:i:>、ニ〕iト-=ニニニニ=-}
                            {-=ニニニ=-/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\ヽ-=ニニ=-,
                            {-=ニニ=-ノi:i:i:> : 厂 ー‐ '⌒^ <i:i:i:i:i:{ニV-=ニ=-/
                                V-=ニニ/i:i:i/ : : : {: : : : : : : : : : : : ` : :.i:i:i:iV-=ニ/
                               V-=ニ]i:/: : : : : :人: : : : : : : : : : : : : : : :Vi:{-=ニ/
                              V-rく:i:': : : : :/   \: :、: : : : : : : : : Ⅵ: vi:i「⌒     シャルティアの実力
                              Ⅵi:i:i:{: : : : '  -─  \:\: : : : : : : :}: : }i:i:} 
                                   ^ヽi:i| : : : {   ___   ⌒ ー‐ミ、: , : : .'i:/      そしてゲンスルーの圧倒的な強さ
                                }i| : : : { 笊芯ぅ    ィ芯示 }/: : ://
                                ^|: : : ∧´¨¨   ,   ¨¨` , : : /^        『ほしるふるうでわ』ではその場しのぎ
                                  __  Ⅳ : : ハ            / : :/
                              _rくi:i:i:}〕iトV : :{込.   -_-    イ : :/          一時的な誤魔化しにしかならないと
   ___                         厂辷i:>、-=V: :{ヽ }〕iト  _  ィi〔i:/: : ,
  /i:i:i:i〕iト _____                _ノ-=厂辷i:}-=}: :|ニ>、_「ニ介ニ「_/: : / ____       そう理解せざるを得ない現実を突きつけられました
 ̄ }i:「ニニニニニニニニニ=---========くニ\-=ニ辷i:{-=,: :, -=ニ/i∧i\ニ': : {-=ニニ=-\
────────────────────────────────────────  ────‐‐‐‐‐_______
  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ̄  ̄ ̄   -=ニニニニニ=-{i:i:「}/-=ニニニニ=-Y-=ニニニ}: }-=ニニニニニ=- _
                              ̄ -=ニ乂i辷辷〕iトニニ=-}-=ニニ, :/-=ニニニ=-ィi〔辷ア
                              `ア-=〕iト辷辷辷〕iト j ィi〔辷辷辷\ィi〔辷辷辷/
                                   '-=ニニニ〕iト辷辷辷辷辷辷辷辷辷Vィi〔ニ=-,
                                    {-=ニニニニニニ=- } -=ニニニニニ=-Vニ=-/
                                  人-=ニニニニニ=- 人-=ニニニニニ=-}--=Y
                                ≧=-r   -=≦⌒\-=ニニニニ=-イ-=ニ}
                                   {-=ニニニニニニ≧=-  -<-=ニニ{

422 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:47:15 ID:4GUA66/I0


\\\\、.\\\ \ \ \ \\ |:! | | | || | | |l    |:|  / // / //′ ./
\\\\\ \\\ \ \ \ \  |::::| | | || | |       :|:|: / // / /′  /
  \\\\、  \\\ \ \ \    :| | | || | |       | |: / // /      ./    /
    \\\\    \\\ \ \     | | | || |       :| |/ //       /    //
ニ=-  \\\、    \\\ \      | | |l         | |/ / ′       /   //
二ニ=-  \\         \\\                 |            / //
三二ニ=-   \           丶`                       _   __,。 -っ       /
二二二二二二ニ                            /:::::ヽ´  /¨´    /
二二ニ=- _ ̄ ‐ニ                            /::::::::::::::::}  {__      /
__________                    .   -‐…‐-ミ /L__::::::::::::::::::/`¨¨`゚゚
ニニニニニ=_                    /::::::::::::::::::::::::::::::_ヽ___::/ . ::::::::::/            __  -
二二二二ニ‐-               /::::::::::::::::::::::::::::/⌒ヽ:::::::`ヽ . :::/        ─=ニ二二二
-‐   ̄                 /:::/:::::::::::::,:へ:,;/:::::::::::::::::::. /             ‐-ニ二
                        |:/::::::::::::::/::/`, ⌒ヽ:::\::::::.、              ─
                   i   /:::::::/::::/::::::::::::∧ヽ:::::::::::::::\:::>
ニ_                   i|!  |::::::/:::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::\::::::::::\                   やる夫はいずれ誠が世界を救う
ニニ                r─i|i‐┐|:::/::::::′:,:::::\::::∨::ト、::::::::::::/⌒`                __
二二-_          ,. |..:.:i:|:i |ミ、|: :: | : :|:::/|/ \:∨斗ッ ::::::|                 -‐ニ二     それを可能にしてしまう実力を秘めている
ニニニ‐       ./ |...:.l:|:l | _\:::|:::|:|/ rtテミ: \ ̄´:|\:|           ─=ニ二二二二 
──‐        /  ..|...:.li|il | L__}:|:::|:|   ̄    |;丶.八 ト、             二二二     そう知ってしまっています
===         /   .,/|....l:i|!l_ |ヾー‐':|:∨介 、   c=' /::/::|::::::\       ───── 
三二ニ=      |     .ゝ| _l: |::l :| }:::::::|:::::::::|::::...: `::TT´:::::/::::|:::::::::::|            ̄ ̄ ̄ ̄
ニ ̄        :|     :| _l: | l..:| |::::::: ̄ ̄|:::::::::::::::| \/::::人__::::::|                   自らの実力が不足してることも理解してる
          |     :| _l: | l..:|⌒Y:::::::::::::::` ‐- 。,_\_//:::::: | \|               ___ 
__      | (   | _l: | l..:|└:|___::::::::::::::::::::::::__彡:゚ :::::::::::::|        ─==二二二     でも諦めきれない想いがある
二二二二ニ=- :|   ヽ  .| _l: | l..:|  :|   ̄ ̄ ̄ ̄|::::::::::::::::::::::::::,                  ̄ ̄
___________ .     \| `¨´.:|  :|          |::::::::::::::::::::::::/
          \    |    .|_/}       |::::::::::::::::::::::/       .\   .、\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ,     \_:|   .|_彡′      人::::::::::::::::::/         \\  \\  \
二二二ニ ̄          :L___.」     :| | |l     \___彡′      .\ \\  \\
──‐    ,    //  /  ,      :| | | ||                   \ \\  \\
ニ=-‐  //   //  /  //,     :| | | | || | .     |      |    \    \ \\  \
     //   //  /  ///   | | | | | || | :     |  |  |    \\    \ \\
    .//   //  /  ///,    | | | | | || | |l|  |  |  | ||     \\    \ \\
   //   //  /  ////    :| | | | | || | |||  |  |  | ||     \\    \ \

425 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:48:36 ID:4GUA66/I0


        Ⅵi.、
     .     Ⅵ:、` 、
         Ⅵ.\ \
     .       Ⅵ ト、 \
     .      Ⅵ.ヘ::::\ \
           Ⅵ ヘ:::::::\ \
     .        ヽ ゙,::::::::::\ \            ト, ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             ヽ ',:::::::::,ィzヾ、 }、           ヽz、/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              \',rzz/  \\          .ヽzヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.l
                ヽ r'  ,ィ==ヘ             }  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                 ヾ、 //ヾ.、 {_マk、         ==z:::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                  ヽ.{.{   ヾ.、`¨ `マ, 、      zx,,   }:::_:::/  l::::::::::::::::::|\:::::::::::::::::::::::::::l:::::::::|
                   ゞzx_) ヾ.、ヽ=、ゞzx゙゙゙'') (゙ヾ.、  ゙ ーz:::::/≧、 l::::::::::::::::::|  \斗::::::::::::::::l:::::::::l
                    く }}  ト,゙,ミz` ヽ 、_)   、_ヾ.、  //l::/イ⌒゙`メ::::::|\::lィ千代 `:::::|:::::::::l:::::l〉リ
                     ヾ{{ !:.}.!', `ヽzzィ ヾ、  ^´ヾ.≫ リ弋、 _ノl ヽ|  ヽレ; __ソ l j|人:::::::l:::::|∨'ヽ    やる夫はこの世界の事を
                      }}ヾヽ .}ト  ' ヾ.、 ヾ.、  ,ィ゙|:::fzll ^ー‐'´     ^ ‐-'´ jlノ:::::l::l::て:::ハ
                      }} 《zイノノ   zz,, ヽ }}./  ヽ.;;;|ヘ              /ィ<"l/:::::::::::.::i    『知りすぎていました』
            ーz、        几 ヾ 、 ヾ、 {{  ≫zz}}_::::|  : ゝ;八      ;       /イ :: ::: :::::::::::.:::'、
             ヽ〃、     ヾ、ン  ヾ 、丶.{{    /:ヽj : : :;;::./ ヽ、  ゝニ ア   ノ :: :: :: :: .::/ .:::::::i     各種アイテムを、装備品を
              ヽ 〃>--n ヾ、_)  ヾz }} __ノ_,,..,`-、;;:/   l ̄ ゙゚゙̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"゙`'''" .:' ..::::::::::|
                \, }}  .}}  }ヾ、 ,r‐¬≫'  ,;'" ''゙゚゙ ̄⌒ヽ、.,,__\ ,; : ; : ; : : : : :`'':; , '   ..::::::::::::j   世界の裏側で何が起きているのかを
                  ヾ、 _ }} __. {: : : :              \  ̄ ̄.:'⌒゜ ̄ ゙`'': :: :/: : : ..::::::::::::::'|
                          \::::::゙ヽ.      ;、 、   \ ゙' 、      ,r:: /: : : ..:::::::::::::::';;;|
                           \::::゚、 ゙ヽ.   , ヽ. ヽ   ゙ヽ `・、,_   /: :/  ..::::::::::::::::::::::i
                             \::::゙,、 `.、 ,    . : : : 、   \   ヽ, /: : i ..:::::::::::::::::::::::::::::i,

433 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:50:04 ID:4GUA66/I0


          _.. -‐=ニニ=‐- 、
        . /   ◯o三三ニニ\
       /                 ヽ
        仁≧ュ          .ィ≦二ヽ
      l三二ニ==‐-   -‐==ニ二三l,
      |三三三三二ニニ二三三三三!___
     i-、〉≧ア          `'≦/イ  /
     |ヘ¬。┐             /    /       自分だけが知っている、そう認識し
     \\/ 二ニ=      //\  /
        \ '\   ==ニニ二|.|   \|         そしてその中には自らも利用できるかもしれない
        . l..l .゙ミ'ー=ニ--t‐/||      l
            l,.l, .ヽ /  / l  / ̄          自分自身が強くなる可能性を秘めているアイテムの情報がありました
            ヽヽ, ソ¬-′   l /
           ゙Lヽ  、 <¨¨
           __ゝ..l、 f¬、 \             その可能性を捨て去ることは出来なかった
            ,,ノ゙戈,/⌒ ゝ 、  , \
       /-'!'´ .″`冖廴 i|__/  ヽ          だから足掻き続けたわけです
      //  .__,,,__ .从メ/' .)    |
      / " ,r彡--=,,_ .`゙'''ー ¨¨   /
     / .i'' iレ゙,l゙ . / . l . `゙'r‐----‐'´\
     { / リ |  /  /   、ヽ∨ .l、 l  l
     .ヽ|_∨=‐、 l  ! .| |.|  │.,ジ
           `──¨¨´゙'ー¬ー'"

436 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:52:23 ID:4GUA66/I0


                        _
                   _ -=ミ.::ヽ.::)__
               (ー----一… ミ.::.::.:/⌒ヽ
               >''"´.::.::.::._、‐゛.::.::.::.::.::.::.::.:\
              .:'://://.::.::./ /.:: }.::.::.::.:ヾ)
             ∨/://.::.::./ .::/.::.:/.::、.::、.::〈
           __ 彡イ/.::._、‐゛.::.::./ :イ八.::\:\)
              _>-=彡.::/.::.::_彡イ.::.:八.::.:\.::.弋
          '⌒/:/.:/ィ=ミー=彡/ィ=ミ、.::.|:i.::.>                       人には強くなりたいという願望があります
          _彡イ.:/Y |弋恣ヽ / / ィ岑フ }.:.:从/>―-ミ
             j/:从__|     :}.     _彡' :ノ/  )Y⌒\                  だからトレーニングし
.                _彡.:八     、;;;     八  ,      ノ \,. =-―-           自らの肉体を鍛え上げます
               /_(.::.:ヽ  -‐こ‐一 /'   /⌒ーメ  / . : / )_ )    \ 
                { _〕\:( \ ー  イ//   //     / . : //¬´    ヽ ヽ 
         へ __ | 人  ` / ≧=<\/ _/_____彡 / : : / \)'⌒ー     }i       それをしていない人でも
       _(__(ー  八  ヽ :/ . : /⌒∨:/  ̄ ̄     / . : :{     ⌒     { |l       ファンタジーの世界に憧れる
      _人   ヽーr  ',ヽー.:,  {. :{Y  {:i       ヽ   / . : : :|:.  )    \   ⌒:|―-ミ
    i⌒\ \   /ー   〉 ア-{   . : ::l  :j人   >彡'/ . : : :.| 、  \    \ : |/ )へ:ヽ   自分の妄想の中で強者を倒す
    |、  ヽ __,)ァ'     i i\ ',  \\大Y⌒ /   ,   . : : : { \   ̄ ̄)   ) {i (    }
   ヽ¬__ノ  人    ノ |  八   ` ``~、、__/  . :/人   ーr―⌒ー彡\_  ∧  他者に暴力を振るう
    人_ V /   ト彡へ 八   \      ``~、、__彡' /: : : 、  ノi:|    {      \'∧
      \   ノ    \ ト _   ̄\_ -―― ``~、、-=彡: : : \  八  へ ⌒      メ -ミ    好きな相手を身を呈して助け
        -< \    ――=ミ  {   二二 _   ``~、、 /⌒¬=\   \   _    ヽ   キャーステキ⇒抱いて!のコンボ
          \ ``~、、  メ \\  : : : \: : :‐----‐=(: : : : : : :_ >――/ ̄ ̄ \  ノ
            \    :\     \i\ ―--\  __  /: : : /}: : : : }/ ⌒ー⌒  }/}    などの妄想をします
             ト __ )     |! |  ―――ミ ――――=彡 /: : : :/       ノ :ノ
               八 ' ̄ ̄ ̄\ \ |:人   ―――――一    /_: :/     _、‐゛  厂{i
                ヽ    (  \ /  〕=-------- ミ    r-=彡: : : :/  / /i  メ '  八
                \ __:彡'   {  ̄ ̄     \  `¨¨¨´/:{ 人 / /    /  /
                   ̄ ̄     人_      -――――=彡 :|   :/ /   / /
                         {_   ( ̄ ̄二=-――=二___ イ   /    / /
                         //\  \ ___彡  /___/ノ      / /

439 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:53:43 ID:4GUA66/I0


                         . . -‐=ミ  _))
               (\    ⌒ミ辷彡'⌒\::::}/..:─=ミ    /)
                       /..:::::::::::::::: : }∨∧ : /⌒\
                _彡..:::: . -‐-ミ∨/V,ノノ( :::::::::::::: ヽ
.                __,,二>  /. -‐┐} \_,. -=ミ=≡ミ、:::: } ーっ
                 (⌒>::::: //,ィ=ミL`ア/ /∠   \(⌒}}:::(__         大半の人は若いうちに自らよりも強者が居る
             /⌒ア.::::::〈 ミ`゙芍 } / /ニ=彡ヘ, 〈::::::::`'ー<⌒
         c-  /  /..:::::::/ -‐ __,.ノ   x'芯㍉ } ミ'ー==ミ::, \        それを悟り諦めます
              {ハ:::::::,ノ //⌒'ーく_,ノヽ   ` ̄ミー' }\\ :.〈
        ___/ニV∧ { ///二'ー- `^\\   ヽ /.:::: \\:゙'ー‐=ミ、     ですがチャンスがあれば…などと思うのは
       ニ二二二/イ:ノ ‘l |"/㌻ー-ミ、ヽ ヽ‘,  ./{ ::: 二ニ=┬─く⌒}     人として普通の感情ではないでしょうか
          ニニニー=彡イ/l |'、∠二、、 〈∨ // ///) }=ミ'⌒N:ニ二‘,__
.         ニニニ/..:::::/}}| `¨⌒\ VV ノ/´ >'"ア´ イ、::::..\|ニニニニニニニ-
       {ニニニ{:::: //;∧  ̄`ヽ`¨¨´ ,ノ-‐ '^ー′|: \\:..`ー=彡'⌒ニニ二二\
.         ∨:ニ二\:∨/:{ \___/´   ./     `'ー} : `゙T¨´ニニニニニ二二二\      かめはめ波や牙突スタイルを真似したりとか
          ∨//:二}:::〈:八/  ',        ./      \_////,ノニニニニニニニニニニ‘,
         、∨ニニ/ .: {\{,,_  ',       /   {    ////´ニニニニニニニニニ二二‘     そういう強さに憧れるのは
.           /:ニニ\:. \  `丶、    ,:′   ゙+.,,___{{{{ニニニニニニニ二二二二二}    男の願望のひとつでしょう
        .゙ニニニ二`¨ヽ}     \ /-─……. -=ニ\\ニニニニニニニニ二二二∧
         iニニニニニ∧      .У      ./ニニニ二二二二|ニニニニニニ二二二/ /
         |ニニニニ二∧       /    /ニニニニニニ二二|ニ二二二二二二/ {

440 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:54:43 ID:4GUA66/I0


                r-、__
               / / ,' ヽヽ
                / /ヽヽ_ノ/
           / /〃/ /
            / /〃/ /
             / /〃/ /      一度本編後にネタにしましたが
         / /〃/ /
         /\〃/‐-!       テロリストが学校へ…の妄想をしたことがある
        ム/ /ヽ}  }l       なんてネタを話しました
       /7ァLゝL/〈ヘ/ノ
     ./// /フ77,.ヘ==〉       これが最たる例になると思います
      /ヽ' / ////こ!} } )
    [ゝ/  ̄ ̄ ./j .j`ヽ、
    /      _// /__)     ※どんな妄想をしたのか、枕に顔をうずめながら思い出しください
  /   _∠「フ/ / ̄/
 ,/   ̄     \ノ、
| 、  -───‐ 、ヽ
|      ,. -‐─- 、ヽ〉
|  i         \>

445 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:55:57 ID:4GUA66/I0


               __,__
             /:::}i::::::::\       
            ./:::;ィ-'-、::::::::::ゝ、_,         きっとその妄想の中で『アナタ』はテロリストの拳銃を奪い
           /::::::__  _>;;ヾ::::::z‐'   
         ノ゙{◎}ri゙゚'l. ⌒ い::::::::ゝー-       一度も銃を扱ったことも無いのに百発百中
        ハ. `ー' ヽ ワ/リハヾ::::::::   
        /lミト、   !、`- "::::::::::::::::::::       肉弾戦になっても軍人顔負けの格闘術で圧倒し1人でテロリストを制圧
       /:l_丿:\/:::\:::::::::::::::::::::::
       /:::::::::::::/::\::::::::::::::::::::::::::::::ノ       人を殺したことも無いのに、葛藤も何もなくあっさりとテロリストを殺す
       /:::::::::::::∧:::::::\:::::::::::::::::::::::{
      /::::::::::::/ ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::        そして助けた人からは人を殺めた事を責めるではなく貴方に最大級の感謝
      :::::::::::ノ   ト:::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ       きっとそのような内容では無いでしょうか?

450 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:57:09 ID:4GUA66/I0


            f⌒ミ`ニキ'"三三ミミヽヽ`il))メナ彡ナシノノフイく,ノ三ノr=ヽ'
           ー=、 ゙ゝ'彡≫三≡ミ゙i`i l l lノ,r'リノッシノ彡ノノシ/F三ノニト
          ´~ゝ-ゝ<リ彡ノノ三ミミミfi l lゝi ノノノノニ彡三彡彡jノヨ'ノ巛ミ>'"二ヽ
          ^`ー三くj〃彡三≡ヾ.ゝt t )l ン"´ ゙ヽ、iミ彡ノシ人ミ三彡ニ=-
            、,:r''7ヘ又彡シ,r/'"~`゙゙゙`'二ニ:;、_,,.,.,  `゙゙ヾミミ三彡ブ>∈ニ
          ,'ニキ王彡彡彡;,fノ -=,=< l /,∠(_,.,.,、  ゙iミ彡彡三ノ∠ニ_       人は妄想の中では強者です
        、_,r=''7ヽ≡彡三彡'" '''"~,r''') `' ゙i  f‐-:,ニィ=、ヽ トミミミ三≫にニニ、ヽ
       =〃ーヽヽfrミ三f'f ,,r;;ニ彡'´ `ヽ,  ノ  ノ.'・'´ ̄  i,ミ三ヽフ<7、,.r--=、     誰にも負けませんし
       `ー=''"~`ヾミ》彡/'イ (:ノZニr・ゞ   i f   `"_,,二ニヽ┤ミミY人ノリへ,,.=、 
           ,,ノ-r'彡〃:┤ ,,..,.  ̄",:' ,r j t`ヽ,、_,ニニヽ`t三彡彡メ>ノ、_`''"´      アイドルでもアニメキャラでもなんでもモテ放題
         ,r''>=‐ナ〃フノノ:゙i'',r'',.=‐,'".ノ(_rゝ_ノ'" ,.,..,.、_´~)  l ) )ミミ彡==、、
       `~ f 、__,>ヲr7ノF彡 i ( r=''" _,.,.,.,.,.,.,.:ィ",.,-、=、,フ   イ ノミヘ三≡,.,、 ゙ヽ      好きな相手とヤれるし、全世界の富や権力を手に入れ
        ゞ、_彡ナ7ノシノfr(ゝ、tヽ /,r‐―一 '"_,.,.,、ノノ^iフ′ l`ヾミr十=、``ヽ、)
           '"~フフr/ノミヽソ l'  ゙i〈〈(ヽノ'ー''"^´   ~`ヲ^i ,ノ :,ヾ''ー--==:、       大国を相手にしても負けることはありません
            ニf‐ナ''チ,r=ゝノ、  ゙い''^',,.ィrー'='ーメ/ ,' ,/′':,  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
           ( ,r''サ;;;;;;;;;;;,ィ 、.゙ヽ、゙tヾ、ー=''"゙゙~´,ノ ,' /   :  ノ,ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\,,_
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/人 ':, `ヽ、 `゙゙゙゙´~´ ̄    /   ,:' /   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙゙`'''ヽ、,,
         ,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;t ''"゙t  ゙;, `ヽ.        /  ,:'  /` /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ,.:ィ'''"~´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ゝノ\ ゙ヽ  ヽ、    _ノ  ,'   '^,,.ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ,:r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽノヽ、、、  ヾ `''''''"´/  ,' ,.:ィ ''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、    ヽ   /   r''"/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

452 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:58:07 ID:4GUA66/I0


     ______
 /⌒´         \  /       /
               ヽ/     , ‐'´ ......;
    やっぱり?     ノヽニ-‐''´ ..:::::::::
               ,ノ川 .ノノ., /=--、
 \___    ____ノ壬チ彡/彡  j `ヽ-‐''´ ̄`゙  ‐‐'´
 ヽii|ミミミ`|/`こ´彡キ彡三彡ミ彡ノ__ノ
 メヾヽミミヽミ/彡‐゙´''!彡三三三シヽソチ=-ミ/  ./
 ミミミミミミシ '.(  ./ ヽミミミ三=ミミュ─--ナヽ=ノ_::::    ,/     けいおん!は女子高が舞台なのに、なぜか男の自分が登場
 ミミ/ ̄`´ヽ、   i 、 rュ、_ヒミミミミッ _ニ彡''-=,''´| ` ̄´ ̄i       一度も引いたことのないギターを披露⇒絶賛
  '´ ̄`ヽ ヽ ヽ.`ヒ=彡‐''^ )彡ミ三ミ  ,r==i´  |
 ::  =ニ''/彡 .i ヾナ-,rク´ `ヽ彡ミ三メミ‐' i  ト、            ドラゴンボールのかめはめ波も撃てるし
 ::    /彡'´ _ ' ヽ. |/ ノ,レ'^ヽ|彡ミキ);;;;;;;;;i   \ 
     /ミヲ/=、 ヽ \´ -'' ̄ ヽ、ミヾキ、;;;;;ノ    \/i | _     刀を持てば、時代劇のようにバッタバッタと斬り殺す
   ミ彡/./-、ノ⌒ :::.. 、r''ヽ、_,rヽ ヽ;;;;ヽヽこ_ i、      ̄ ̄  
  ミ' ._メ‐'´`ノ  :::::/ ',、゙ ' /`iヽ|;;;;;;;ノ;;;;;;;;;;;;\._
  iミノ/´'´ ̄    :::/、 !'_ノ/^'i| ヽiヽ-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iii`==──- 
 ::::´  /''    /  /// ヽ. \_,\;;;;;;;;;;;;;;;;;!!ii;;;;;;;;;;;;;;;;;;    ですが、そんなのは妄想の中だけ
 :: //     _,  ./ '´r'' ‐''`' 'iヽ ヽ  iヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;!i;;;;;;;;;;;;;;; 
 : '' / / r‐'´r‐''´ニ-'二_,ノ´ ノ .) i  / |iiiii;;;;;;;;;;;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;    結局は作り物の中にしか存在しません
 'ヽ .(   ヽ_` ̄`''ー─---‐.'´ ィ  .i:::/  .|iiiiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 リヽ、::ヽ-=  ̄`      ̄`''´  ノ :/   |iiiiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 リリi|ヽ-‐====-‐─=キ-── ' ´ /    |iiiiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 川!\::::   ̄      `ヽ、    /    |iiiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

455 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/28(金) 23:59:04 ID:4GUA66/I0


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::: :::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
:::::::::::::::::...... ....:::::::゜::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::  ゜.::::::::::::
:. .:::::。:::..    :::::::::::::     ::::。::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::: . . . ..::::
:::: :::::::::.....:☆彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::゜:::::::::: ...:: :::::
 :::::::::::::::::: . . . ..: :::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::: :::::::::::.... .... .. .::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::  :::: ::::::::::::::::。::::::  :::::::::::..... . .::::::::::::........ ..::::
:.... .... .. .:::::::::::::   :::::::::::::::::::::::: ::::::::。::::::::::::::::::.... .... .. .:.... .... ..
:.... .... ..:.... .... ..... .... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
:::::::::::::::::::: ..::::: ...___:::::::::::::::::::: ..::::: . ..:::::::::::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::
:::::: ..::::: . ..::::: /::::::::: .  \:::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::       でも貴方が異世界転移して
  ... ........../::::::::::::    `゚ o:。.. .... .. ..... .... .......... .. . ........ ......      その世界が貴方のよく知る世界だったのなら?
  ... ...../::::::::::::::::      \.... .. .:.... .... .............. .. . ........ ......
..... ..........|::::::::::::::::::         |.... .. ... .... .. ..... .... .. ..... ............. .      その世界には強くなるためのアイテムがあり、その場所に心当たりがある
 ..... .......\:::::::          /.... .. ........ .... ............. .. . ........ .....
  ... ..........>::::        < .... .. .:.. .... ..... ............. .. . ........ ......      協力者を探し、強くなり、その中で出会い、絆を深めた友人達
  ... ........( |::        / ).... ..  .:.... .... .. ......... .. . ........ ......
... ...   .......`|:::::::     /'.... .. ...... . .. ..... ............. .. . ........ ......      彼らと一緒に旅をしたいと、少しでも自分が役に立てたなら
  ... ...... ....|:::::::::人  /::.. .... ....... .... .. ..... .... ......... .. . ........ ......
  ...  ..........ヽ::::::ヽ,.L_).... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......  そう考えることはおかしいことだったでしょうか
 ... ...... ....  >__ノ三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
.. ........ ..........三三三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
. ..    ... 三三三三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......

457 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:00:15 ID:ONneelHg0


             \//-――- __
.          / ̄ ̄//////////////≧ー ___,
          /////////////////////////////⌒ヽ
.         ////////////////////////////////∧
        //////////////////// ィノレレ人/∧/∧ハ
      | //////////////////{  /    j/ j/
      |'/////////// ̄\__//{  ―==<  |
.        }//////////{ し'⌒ }//^ = _rテ‐ぅミ ノ        『欲』の無い人間など存在しないでしょう
.      '^Y ///////∧ 〈⌒〈/八     `≧=-,ハ
        ハ'////////∧__ノ/{ }     ̄ ノ人        おいしい食べ物が食べたい、お金が欲しい
          ∨////////  }//{     /(___〉
.           ∨///ィ从{  〕//{__    ― 、_{         恋人が欲しい、家族が欲しい、友達が欲しい
         人レ八{     )///\    ーf´
          r‐|____  |ヘ////\__,ノ人          可愛い娘、美人の女性、カッコイイ男性と知り合いたい
        _|____   ̄\'^ヘ//////「
      /            ̄ ̄ ̄ ̄\´⌒'⌒`          好きな自分好みの物語が読みたい、ゲームをしたい
.     |                | ̄\
      __|_____            |    ||           自分よりも下に見える人間が存在してて欲しい
    /           ` ー-  ____|__||
.   /                    || \_        自分自身が他者よりも上でありたい
  /                        ||    ト、
. /                      ||     | |

459 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:01:32 ID:ONneelHg0


                     _ -≦ ̄//// ̄≧=-  _
.          _____ </////////////////////\_
          \///////////////////////////////////
             / ̄////////////////////////////////,
            イ/////////////////////////////////////
.           |'//////////|///{//////////////////////,
.           レ{///|//レ'|/ lハ//ハ//{///////////////////
          ∨j/|/ j   ∨ ∨ヽ//////////////////
                |       {    _〉/////////////////      そして人のために行動する
.             _,ノ |   ___ \   \/////_r―‐〈//////
           「ヽ fヽーニア⌒     _} -‐ヲ´人⌒ V////,      それが出来る人がどれだけ居るのでしょう
           |‐l} {  }タ ̄ラ' _ -‐  ̄///「 {⌒  /////,
           ∨八) |ト==‐      /|//,{ 〉 / //////,      震災があれば義援金が、寄付金が、募金が集まります
           /   ='         /   }//{ (_,ノ ///////
         __/   〉           }//,{__/ ̄\///      ですが多くの人は何年もしないうちにその感情を忘れ
   _/ ̄ ̄  `ー‐┴ 、            j///{      \/
 __/___,ノ          \       ノ///,{  /           また地球の裏側で何人が戦争で、病気で苦しみ死んでいても
/           \       l\     /////ノ  /            それをリアルに想像し、救いたいなどとは思いません
|      \     \     | |  /////ノ^/ /

458 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2016/10/29(土) 00:00:22 ID:o24uFIGE0

結局、やる夫の動機としては
「強くなりたい」の方が「友達と一緒にいたい」よりも強かったということか……
作者に言われちゃなあ



462 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:03:16 ID:ONneelHg0


>>458
強くなれば対等な形で友達と一緒に居れる。が正解かな


463 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:04:03 ID:ONneelHg0


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
=================================================================
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                           __
                     ........::::::::::::::::::::::::::::::::::........
                 >''":::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....
               ..:'::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                 .:' :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
              /:::::::::::::::::::::::::::::∧:∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
              .'::::::::::::::|::::::::::::: / ̄ ̄;::::::::::::: |:::::::::::: |:::::::::::::::::::: |
            _.':::__::|::::::::::: / !   ; :::::::::: |:::::::::::: |:::::::::::::::::::: |
            /  __,ノ|::::::::: / 〈ネ〉   ;::::::::::::|::::::| ::: |:::::::::::::::::::: |
          ./  /!: :从 :::::|::::::: /  |   '::::::::/:|::::::| ::: |:::::::::::| :::::: |
          ./  / l へ:ヘ::: ト ::::/ヽ    /::::/ |::::::| ::: |:::::::::::| :::::: |     (命をかけろと言うだけなら誰でも出来ますよ)
          ./  ./ .ィ }::ヘ::l V          V   l:/| ::: |:::::::::::| :::::: |
        /     ィ⌒}::| ヾzー=z       、__     | ::: |:::::::::::| :::::: |     (そうも出来ない癖に人は偉そうに言う)
       .〈     ´  ィへ::    ̄        ヾニ三ー┤::/!:::::::: 从 ::: |
         ∧     ´ / /:.                  ̄|::/ |::::::::/:::::::::::|     (自分を棚に上げ、他人に対してだけそれを求める)
        ∧     V :::::.    '            |/ |::::::/:::::::::::::|
        ∧     V :: |      _         イ .|::::/ヽ::::::::::从
            〉s。   .八:::|/`     `         l |::/ / :::::: /
          x/   ` 、 / (ヾ    ≧s。 _  <   /|/ニ{::::::: /
        .//\   /  ヽニ=-  __}___ ィ /ニニ|:::/
       /////\ /i',   ヽ ニ=-  ___ 。s≦二ニ:リ≧s。 _
      .////////\i:i',。s≦ム マニニニニニニニニニニ/ニニニニヽ
     ///////////\',ニニニ\寸二二二ニニニニ/ニニニニニニム

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
=================================================================
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

466 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:04:34 ID:ONneelHg0


                __ヾ:.vz __
             , . : : : : : : : : : : :\
            7: : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
           /. : : : : : : : : : : : : : : : : :〈
            7.: :/: : : : : 从ハ: : : _: : {
            ≧:}レノイ'´    `゙` }rく
          /.::}从>=、__彡==ミr゙ .':.\            『アナタ』は綺麗な人間なのでしょうか?
         /.::::::∧ミ乂__.ノ⌒ゝ. __ノノイ.::::::. \
      ,..:::´::::::::::::::::::ハ  厶_ji_   〃::::::::::::::::.`:::.、        人に対して厳しく、自分には優しい
     /.:::::::::::::::::::::::::::>'´rー==ミ:、':::::::::::::::::::::::::::::::\
    /.::::::::::::::::::::::::> ´    ̄ ̄ミz  ` <:::::::::::::::::::::::::::.      自分のことは棚に上げ、他者を責め
   ,:::::::::::::::::::::::/    r彡´二ユ     `ヽ::::::::::::::::::::::,
   ,::::::::::::::::::::::∧   r<::〉> ´ <=ミ    ∧::::::::::::::::::::,     自らは努力をしないのに人にはそうあれと求めたことはありませんか?
   }:::::::::::::::r-く\`フ´::::::://,`´///∧:::::::.>彡/ ヽ:::::::::::::::;
.  {:::::::::::::/.\///,7.::::::::::\//,>´ |::::::::::::.∨///イ ∨:::::::::}
.  /.:::::::::://::::\〃:、:::::::::::::///ハ  .|:::::::::::厶斗く:.\∨:::::ム 
 /.::::::::::/´.::::::::::::::`::.ノ .::::::::〃//,∧ .{::::::::::::{:::::::::::::::::::::`∨:::::ム
./.::::::::::/.::::::::::::::::::::::/.::::::::::://////∧|:::::::::∧:::::::::::::::::::::::∨:::::ム
::::::::::::/.::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::{///////ハ.!:::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::∨::::::ハ

471 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:05:25 ID:ONneelHg0


            r_r ̄o ○ヽ、
           /)_(__)___ 0 i
.    ___ .(、____, ) (}
.   \―/ . (二二_二二) ,!       これはバーナム効果と呼ばれる事
.       Y    ゝ、○   ー'_,ノ
     <|ゝ、  rt. ≧.ーi ≦          占い師などが多用する手法
       | 戈_丿.\ `| |
.      ̄       .ゝ| |<⌒\       誰にでも該当するような当然の事を言っているに過ぎません
                . | |   ̄`ヽ!
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      自分が可愛くない人など居ません、自分が一番大事
          「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「
          |::         . : ::|      人に厳しく、自分に甘くする人間のが遥かに多数派です
          |::         : : ::|
          |::         : : ::|



以下wikiのバーナム効果の記事よりコピペ


┌──────────────────────────────────────────────────────┐
│あなたは他人から好かれたい、賞賛してほしいと思っており、それにかかわらず自己を批判する傾向にあります。          ..│
│                                                                              ..│
│また、あなたは弱みを持っているときでも、それを普段は克服することができます。                             │
│                                                                              ..│
│あなたは使われず生かしきれていない才能をかなり持っています。                                     .....│
│                                                                              ..│
│外見的には規律正しく自制的ですが、内心ではくよくよしたり不安になる傾向があります。                         │
│                                                                              ..│
│正しい判断や正しい行動をしたのかどうか真剣な疑問を持つときがあります。                                │
│                                                                              ..│
│あなたはある程度の変化や多様性を好み、制約や限界に直面したときには不満を抱きます。                       │
│                                                                              ..│
│そのうえ、あなたは独自の考えを持っていることを誇りに思い、十分な根拠もない他人の意見を聞き入れることはありません。    .│
│                                                                              ..│
│しかし、あなたは他人に自分のことをさらけ出しすぎるのも賢明でないことにも気付いています。                    .....│
│                                                                              ..│
│あなたは外向的・社交的で愛想がよいときもありますが、その一方で内向的で用心深く遠慮がちなときもあります。           │
│                                                                              ..│
│あなたの願望にはやや非現実的な傾向のものもあります。                                          ....│
└──────────────────────────────────────────────────────┘

477 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:07:09 ID:ONneelHg0


    _,,,,,-''      ,,i|l,,lii||  ,il,  |i、  |ili,,,,jl |
   <        ,;ililili|||i| ,ililiilj、 j|illi 、ノililililil |
    \      /ililililil|||ililililililililiilililililililililililil |
     / ,,il ,i| ,ノ;;i|i,ilili/||il|l|ililililililililililililililiililill |
     /llili||/ソ"/" ||i/ ||  |ilililil|i,、lilililililililililiil |
      lilil|  '   |''  |   |iili||: |ililiilililililiillil |
       ノ"|           |i'::::::::|/ilililililililllili |              綺麗な人間など存在しません
       |     , ,,      ::::::::::::|l||ilililiilililil i
      _j  l |´"        :::::::::::::::|ilililililililil ゛,             誰もが心の中に汚い部分があります
     (   ` 、〈_____      :::::::::::::::|ilililililililililil ゛ 、
      ヽ、__ノ、__, ´ ̄'''''=、ー,,,,_:::::::::::::::|ilililililil|,-― 、 ` ー--,,,,,      自分は清廉潔白で生きようと心がけている
      |   / .ヽ      )_;;;; -======/ ,-‐ 、 |ililililil||::........     そう思うこと自体が、綺麗でありたいと願う人の汚い部分です
       | / .::::::::`ー--''"'''''':"::::::::::::::::|ilililili| く⌒)  |ilililil|:i|:i|:i|:i|:i||lli:
      V ::::::::::::::.    .::::::::::::::::::::::::||ilililii| l ( /;lll||||||||||||||||||||||   意識していないと綺麗であれない、そういう事では無いのでしょうか?:
      く  ´、:::::::::::.   .::::::::::::::::::::::::::||ilililil| / / /lll|||||||||||||||||||||||||:
       `ー"__::::::::::::::..:::::::::::::::::::::::::::::|ilililili||  l /l,ililil:|lll|||||||||||||||||||:
        | ====_、:::::::::::::::::::::::::::::ノilililil||「'''''''"/;;tlllll|||||||||||||:|||||:|||: 
         |  -:::::::::::::::::::::::::::::,,,yミilililili|i|il_ | /,tlllll||||||||||||||:||||:||:
         レイ州il、;;;;;_;;;、;;、;_;jYillilililililililililiミ/ ,t|lllllll||||||||||||||:||:     
        ノili|l||||l|lil|ilililililililililililililili;llil;ililjヲ::::::,t||||||||||||||||||||||::
       ノミjj||l|ljl7j|'i|i|i|i|i|ミミ"jlili'''"::::::::::::::;_;t|||||||||||||||||||||||: 
           _  \  \:::::゛、::::;;;;;;;;;;,,ノ|:|||||||||||||||||||||||||:
          ...:|゛、  ヽ  ヽ::::::\:::::ー-=|:||||||||||||||||||||||||:
         |.::::::|  ヽ .::|..::::::|:::ヽ::::|::::ー-=|:|||||||||||||||||||||||:

481 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:08:23 ID:ONneelHg0


    ,r_r ̄o ○ヽ、
   /)_(__)___ 0 i
   (ー、,-、,-、,一' )}     >>1も電車で高齢者の人に、また小さな子供連れの親子に席を譲ったことがあります
   (_`^二^二^二^'_)
    .ゝ、○   ー'_,ノ      他にも困っている人を助けたこともあります
      ≧.ーi ≦
    /⌒ヽ(( /⌒ヽ     でもその裏側では、ああ自分は良い事をしたな、そんな自己満足の気持ちが存在していました
   ('⌒\ヽ))'/⌒)'
     ̄  ∨/´  ̄      人のために行動してはいます、でも実際は人に良く見られたいから
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「    良い人だと思われたいから
  |::         . : ::|
  |::         : : ::|    自分が良い事をして気持ちよくなりたいという感情が隠れています
  |::         : : ::|

485 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:09:23 ID:ONneelHg0


      ,/_二_ヽ
       /{ |∧∧∧ト
       {)ゝ_ ̄ ̄ノ       募金箱というのはこうした人の気持ちを巧みに利用したモノです
        ゝ、 ○ ̄ノ
         TT´         1円、2円を箱に入れるだけでも、あ~良い事したなぁ。と一瞬思います
      (⌒'| |
       \.| |/⌒>     それをチリも積もれば大きな金額になる、ステキなシステムだと>>1は思います
      [ ̄ ̄ ̄ ̄]
       :: | ̄ ̄ ̄|       1円2円じゃ何も出来ない、でも多くの人がそうしたら…
       :: |___|       日本人全員が自分に1円くれたら1億円!と考えた人はきっと多くいるはずです

488 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:10:28 ID:ONneelHg0


      ,/_二_ヽ
       /{ |∧∧∧ト     そして聖人なんて存在しない
       {)ゝ_ ̄ ̄ノ
        ゝ、 ○ ̄ノ      居たとしてもそれは良い人であろうと他者に本音を語らず
         TT´
      (⌒'| |        演じきろうとした人が存在しているだけだと、そう>>1は思っています
       \.| |/⌒>
      [ ̄ ̄ ̄ ̄]      貫き通せばそれは真実となりうるのです
       :: | ̄ ̄ ̄|
       :: |___|      ※あくまでも>>1個人の意見です





      _
   /)` ' ○ヽ
   / , -――-、j      もちろん、それはまったく悪いことではありません
   {)ゝ二__二フ
   ゝ、 ○ tノ       やらない善よりやる偽善なんて言葉が存在してるくらいです
      . TT´
       |/,⌒)       口先だけで人のために何もしない人より遥かに偉く、また立派であると思います
 <⌒\|'1/
   [ ̄ ̄ ̄ ̄]      いいじゃないか、人のために行動して自分も気持ちよくなれる
    | ̄ ̄ ̄|       最高やんけ(本音)
    |___|

491 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:11:36 ID:ONneelHg0


       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/        ::::\:
     ;: |          :::::::| :     やる夫のとった行動の結果
      \.....:::::::::    ::::, /
      r "     .r  /゚。      やる夫自身が得たのは盾とナイフ、そしてお金です
    :|::|     ::::| :::i
    :|::|:     .::::| :::|:
    :`.|:     .::::| :::|_:        それはやる夫自身が望んだ『モノ』では無いにしろ
     :.,':     .::(  :::}:       彼のした行動で誠達も手に入れた『モノ』が存在します
     :i      `.-‐"

492 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:12:53 ID:ONneelHg0


             _ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....
.          /::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....
.         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
        ./::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::.
.       ./ :::::::::::::::::::: ィ≦::::::∨:::::::::::::::::::::::::::ニ=-:::::::::::::::::::.
       .::::/ |:::::::::::: l 衍¨\ ∨、:::::::::::::::::::\::::::::::::::\::::::::
.     |::/ |:::||::::::::| Й .丿\ \::::く \:::::ヽ::::::::::::::::\::フ
.     |:  |::ハ从:{ ''"´     レ\{`ヽ\:: V::::::::::::::::::>             原作では助ける必要のない『ノアニール』を救う
      V   __ノ   `          〉 / \V:::::::::::/
           ヽ              冖/::::::::::::::::/                その結果、誠の『ゆうしゃ』としての地位、認知
             -‐        厂 ヾ、::::::::::/
.           ヽ ´                  >笊 `ヽ/\_ .: .:⌒\      これからの行動に対するアドバンテージ
                       ィ          /  /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:ヘ 
                      .≦         /  /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: /.:
             ` ̄   \       }   /  /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: /.: .
                     }\     } ./   /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:/.: .:
                      /.: .:i\   /    /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./.: .: .    ※第85話で説明したとおり
                   /.: .:.├-ヽ ./     /.: .: .: .: ..: .: .: .: .: .: .:/.: .: .: .    ノアニールを救わなくてもストーリー上は問題ありません
                      {.: .: .: .ヽ  屮ヘ、 /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .イ.: .: .: .:
                 {.: .: .: .: .: ヘ {////ハ/.: .: .: .: .: ..: ><.: .: .: .: .: .: .:

494 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:13:55 ID:ONneelHg0


                ...-‐::::::::‐-..
               /:::::::::::::::::::、::::::::::`
            ..:': イ::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::ヘ
.            /::/ .',::::::::: |:::::::::::::', :::::::: ヘ
           /:: ' ゆ ', :::::: |:::::::::::::::',::::::::::::ヘ
           ,':::::{ 、 _、:::: | ::::::::::::: i::::::::::::::ヘ
             i::::Nトッ  ィェム:::|::::::::::::::::'-、::::::::::::',        新しい仲間もその情報には疑問を持たなくなり
          、 |: /   ¨ iノ|:::::::::|::::'、 .}::::::::::::::',
           Y:` _     |:::::::::|::/ イ:::::::::::::: ',  
                、::. `   .└─、/"´{ヽ::::::::::::::::',
            / ゝ= ''"´イ::フ_。s≦ニi!:::ヽ::::::: ',
           <;;;;;;;;;/ ´ 二二ヽニニニ{:::::::ヽ:::::::l
            〉ニ,′ / 、-- 、)>''"´ ノs。::::::',:::::!
              ,仁/     ,-ァノ 。s≦ヽニニヽ:::::ノ
          ,仁/    .,仁二二二///"<_ヽ`:.
             i∧'    イニニニニ////////寸_',:::\
           /i  ヽ _ ムニニニニニ,///////// マ=ヘ:::: ヽ
       ./ニi!     /ニニニニニ.i!//////////.マ=ヘ:::::::',
        i!二ニi!    / マニニニニi!/////////// マ=ヘ::::/
      仁二.i!    ∧  マニニニ!、/////////// iマニ.V
     /ニニニi   ,'、 」  iニニニキ \/////////.i!.マニヘ
    ./ニニニキ  /;;;ト。≧s。ニニニ',//ハ//////// i!ヽ ニ〉
..   /ニニニニ', /;;;; |///≧s。ニニム//ハ////////i! |=/
    i二二ニニニヘ;;;;;;;;|////|////≧s。V/ハ///////i |/
    |ニニニニニヘ ;; |///.リ/////////// !///////.!
    |二二ニニニニヘ;;;|///}/////////// |/////// !
    |ニニニニニニヘi!// }//////////i  }///////.i!

497 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:14:36 ID:ONneelHg0


                            ,、,rvw、,、_,、
                         ィ  、!丶 /   `Z,ィ
     /ヽ    、              //   | v` '  /    7
     |  `ヽ、 ヽ\     /i   / /   !rヾヽ、_     〈
     ヽ   ヽ、ノ  ヽ_ノL/  ー'´ 〈    k' _   `"""} /
      i                 /.    {ト、丶、__‐_、_ {,ィ′     そして現時点、最高峰の実力の持ち主の協力
     N                 |   ,. ‐i!.  ̄/`ー‐7ン′
    _ノ    ,. -┐ _    ...:::::::::::|-‐'" ,ハ 、'   ,.イ'ー、 
  _)    ノ:: ノ ノ::. ソ .:::::::.: ...  ヽ  ヽ ', ``/ 〈  へ      いま上げたことがやる夫のもたらした『功績』です
  \      !... / ,'.  / .:::    ::::::. (.  \`、  ̄  / /  ヽ
   __)     i::: ヽノ::: /  / )  :::.. :: 〉\ ヽヽ   / //  _ス
  ヽ     〈..::. ...  `''くo>′  ::::.  〈`ヽ、ヽヽヽ、_/ /,. <´  \
   ヽ    ヽ:: :::   :::. 'ー'⌒) ::::::  > `ヽ、. {_}/ //ヽ/ i
    i     ヽ.::: .. .:::: ..:::..::/  ::::  (  :::.  ` / l!  く/ / l |
     `ヽ、_l! | \:::.:.:::::.:::: /      /   :::..  / ハ     /   l
        L ヽ `ヽ、_/ |     ヽ-ァ    :. / / iヽ  //_/〈
       |!l )  `ー─一'′l!      i     i  i | ヽ \.{ =-‐ l }
        l!  ̄ ̄L -‐、( ̄i ̄`ー一′ ::::::::.. レ⌒L__r‐、ゝ    ヽ

499 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:16:01 ID:ONneelHg0


                      ⌒       、
                        ⌒   - 、  .、 ヽ
                     ,  <:::::::::::::ヽ |  |
                 , <:::::::::::::::::::::::::::::::}
                    |:::::::::::::::::::::::::::::::::>'
      ,/_二_丶ト ´::::::::::::::::::::> ´
       /{ |     メ-‐へ__> ´  ゴボゴボ
       {)ゝ_ ̄ ̄ノ
        ゝ、 ○ ̄ノ       これらはけして小さなことではありません
         TT´
      (⌒'| |          バラモスの、そしてその先も考えるならやる夫の『情報』は間違いなく有用です
       \.| |/⌒>
      [ ̄ ̄ ̄ ̄]       自らの利益を一切考えず友人のために情報全部曝け出す
       :: | ̄ ̄ ̄|        なんて行為は聖人だけが行う行為でしょう
       :: |___|

502 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:16:48 ID:ONneelHg0


                        ,ィ=、、
                     ((  _r)}
                         ,r=,'-‐'゙
                、,.ェ==ー〃/
                  `ヾ.、 r'"`ヾヽ.
                    ゞ:_ゝ,_ン゙ ゞゝ,       死者を生き返らせる『せかいじゅのは』
                     ,r'ミf-==ア`
                 /ヽ/,rァ7/´        そんな情報を教えることもするべき?
                    /ヽ//777'
                 /ヽ//777'          全てを曝け出せば戦争も起こるかもしれません
                    /ヽ/7777'           少なくとも現時点ではまだ話すべきではないでしょう
                 /ヽ/ゞェツ
                  ,ゞン゙               ならそんな情報を黙って『ほしふるうでわ』を教える?
                //
             ,. ‐ニノ                 イシスが管理をしていないとは言え、手に入れれば窃盗です
          i i´
            ゙).)                   それを『ゆうしゃ』に行えと言うのは難しいでしょうね
          //
           ○

508 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:18:00 ID:ONneelHg0


        /ⅴ
         Ⅵ{,
         Ⅵ!,
         Ⅵ!,
          Ⅵ!,
          Ⅵ!,
           Ⅵ!,
            Ⅵ!,
            Ⅶ!,
                ⅧL              原作におけるバスタードソードの立ち位置を考えると
            ⅧL
             ⅧL .ィi{,           もし正攻法、イシスに腕輪の事を話し手に入れる
          iトミ_}≦}{_/ \,
          ノ≧oィ A¨}}''‐‐'゛         そうなれば国宝クラスの装備品が入手可能になるのは
         ‐:=: '゛ `Ⅶハ
              ノⅤⅥ≧          バラモス討伐後になります
               ⅥLⅥⅥⅰ
              ⅦLⅳⅧi
              ⅦLⅳⅧ!         セネリオの言うとおり、世の中綺麗事だけではやっていけません
              ⅦLⅳⅶ
               ⅦLⅳⅥ         伝説の装備というのは『ゆうしゃ』だから
               ⅦLⅳⅵ
                ⅦLⅳⅵ        国の困ってることをひとつふたつ解決した程度でポンッとくれる
                ⅦLⅳⅱ
                 ⅦLⅳⅰ       そんな手軽な『モノ』ではありません
                 Ⅷ_ⅳⅱ
                   Ⅷ_ⅳⅱ
                     Ⅷ_ⅳⅱ
                  Ⅷ_Ⅵⅲ
                   Ⅷ_Ⅵハ
                      ∨ /}i 〕l
                     ∨ / 〕l
                     \ ∥
                      `′

514 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:19:48 ID:ONneelHg0


             ......-=:::::::::=-...
           /:::::::>::::::::::::::::::::::ヽ
.            /:::::::/::::::::/::: /',::::::ヘ
         .'::::/::::::::/::::/ ゅ !:::i:::::
         :::/::::::f/::::: へ   .」:::|:::::i       読者はやる夫の情報がホンモノだと知っています
           i/:::::::/:::::::/tッ   ェ :: !:::::!
    _     i::::: /:::::::/     i`"::/:::: |       ですが、それを他の人からの視点で見るとこうなります
    ヽ ヽ   !:::/:::::::,'ヽ  ‐ -  イ:/::::::::'
  ゝ"_‐-` _`  <::::::::iニニ≧=≦ム∧:::::/       ※↓現代風にアレンジしてみました↓
  、──三 ` _  `<ニニニニニ>'ニム/
    ̄/ィー=ニニニニ=='ムニニニニニニニニヽ        男「私はエクスカリバーの在り処を知っている」
    `  /ニ/;;;;;/ニ/ニムニニニニニニニニニヽ 
      /ニ/;;/ニニ/ニニニムニニニニニニニニニニヽ     男「徳川埋蔵金の隠し場所も知っている」
.     /ニ;/ニニニ/ニニニニム> ´、  へニニ/ 
    /ニニニニニ/iニニニニニニム ヽ Y > /      男「ほら私を信用してくれ、お前の友人である誠達は信用してくれている」
.  /二二二/  マ────ヽヽ≦ニイ、
/ニニニニニ/      マニニニニニニニ`ニニニ!ニヽ      男「私が集めた訳ではない、父が調べた情報だ、もしかしたら間違えてるかも」
二二二/         ニニニニニニニニニニニノニニヽ
ニニニ/        iー‐==ニニニニニ>: ::iニニニヽ   男「嘘じゃない、だから危険を冒して城に忍び込んでくれ、ダンジョンに入ってくれ」
:ニ/            :|/: : >.´: : : : : : :/|二二二ヽ
.'              /: ::/:_:_:_:_:_: :>_´_|ニニニニニニヽ  男「ほら国の要職についてる公務員の〇〇さんが後ろ盾だ、安心してくれ」
             /: ::/´ニニ||ニ||ニニニ二|、ニニニニニニヽ

521 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:21:44 ID:ONneelHg0


                      _
                     >''":::::::::::::::::::::...... ~ヽ
                , ..:'::::::::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ
                  .:':::::::::::∠ム:::::::::::::::::::::::::::::::. ’
              .'::::::: | :::| ゅ !:::/|:::|::::::::::|:::::::::::  ;
            {  i::::::::/\|  i'⌒Y |: |::::::|::::::::: i
                ; N:::イ,'⌒i!   {  | |: |::::::ト :::::::| }      無理無理、これを信用しろとか、頭の中にお花畑わいてるんじゃないですか?
              l:: | 、_..ノ   、_ ノ |: |::::::| }:::: |
               :  |::リ        |/|::::::i!/:::::::| {      >>1なら間違いなく友人を全力で止めます
               }   |:( u r    ̄\ u !:::::八::::::::  ;
               |:ヽ ゝ. ___)  |: /"'<::/        エルフのことは偶然知っていた、信用させるためにその情報で釣った
               |/ ≧__ r__≦|/。s≦ 〉  :
               ~''   \ニ|__i!ニニニ>─く  。      どうせ調査をするために金を出せとかこのあと続くんでしょう!?
                   //| |≧=<ニニニニヽ
           ,'~   `; /ニ| |ニニニニニニハ        と疑いませんか?
             (ヽ   ヘ二|__{⌒ <二二. イ/ ,
         {  ( ̄   ーrく//|///\  |//////|  
           '  `ー- 、|///:|/////\|//////|  ;       ※AAはイメージです
                     ト///|///////|ヾ///:ソ  ;

530 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:23:39 ID:ONneelHg0


                                   _,,..-‐:'''1
                             _,,..-‐''":::::::::::::::|
          ,.-‐''''"" ̄ ̄~`''‐- 、.,_ ,,...-‐:''':"::::::::::::::::::::::::::::::,i
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~`ー-:、::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         i!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、、:::::::::::::::::::::,!
        :|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::`ヽ:、:::::::::::::|
          |:::::::::::::::::::::::::::::::::::,:-''"::::::::::::::/!`'':-、_::::::::::::ヾ;:::::::::|
        i,::::::::::::::::::::::::::::,r":::::/i::::::,.:::/| |::::::::,,:::~ヽ::::::::::`:、::::|
         ヽ::::::::::::::::::::::/::::/i,! |,、|l| |:| | ヾ:::::| |::::::::ヽ:::::::::::`:、}
          ヽ.::::::::::::::::il:::::::!..--、     ,,....._` |::::::::::ヽ::::::::::::::\       攻略情報無しでの原作初見プレイを思い出してください
            \:::::::::::::|::::::| rt.、   " ___ ` |:::::::::::ヽ::::::::::::::::ヽ
             ` 、:::::::|:::::: ! L!   ''~i ::`t /r''ヾ::::::i::::::::::::::::::::ヽ     取り逃したアイテムいくつもあり、詰んだ人も居るはずです
  ,ィ''"~`ヽ        `ヽl:::::::ヽ  '   ``" // ツ:::::リ:::::::::::::::::::::::i!
  !;; : : : : )        ノ^ゞ::::;;>、~~  ,. -r'/:/:/::ノ'::::::::::::::::::::::::::::i!    『ゆうしゃ』以外の3人が棺桶のまま蘇生代が足りない
   \-=;ヲ            `  _,..`ニコ"  :|  " "":::::::::::::::::::::::::::::::::|
     ヾ;:;i,            ,r=''"7 / '   ,-`:、__,..-,:::::::::::::::::::::::::::::::::|   ポルトガ到着後にアッサラーム方面に行きフルボッコ
      | |          /  ....;',.:''''ヽ.,ノ/:|  ̄  ゝ、::::::::::::::::::__,. '"
       | |           / ,-'""''1、..ノリ‐" :  ,.-'"~ヽ  ̄ ̄ ̄       オリビアの岬が越えられない
       | |        //-‐ 、.   ̄ ` 、ヽミ_{    i
       ,.ゞゝ、r:      j     ` '' '‐- 、. ヽ       |           攻略情報無しだとあるあるだと思います
      | ,r;=ェ-{     |:::....         ヽ.〉、       |
     r'",r‐-J |     ,!:}         : : i  `:、 ::..  |
     ヾ '"~`y^!   /::〈         : :/   |::::::.. |
      ヽ、 `l::1 ノ`-、 i::::/           !   ,!l:i :::: ;|
        ~`:|::|   ~,/          ,!   ,!::l l  |
         ノ..l_`‐-、.| l       ,.. -''   /::::| l  |

535 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:25:10 ID:ONneelHg0


            r_r ̄o ○ヽ、
           /)_(__)___ 0 i
.    ___ .(、:::::::::___::::, ) (}      やる夫の悪い面ばかりが目に付くのは、>>1がそう書いてるからです
.   \―/ . (二二_二二) ,!
.       Y    ゝ、○   ー'_,ノ       特に読者は神の視点、人の頭の中の考えまで覗けてしまいます
     <|ゝ、  rt. ≧.ーi ≦
       | 戈_丿.\ `| |          やる夫の性格と行った努力、そして功績を反比例して比較した場合
.      ̄       .ゝ| |<⌒\
                . | |   ̄`ヽ!     評価に値するかどうかをお考え下さい
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
          「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「
          |::         . : ::|
          |::         : : ::|
          |::         : : ::|

541 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:26:06 ID:ONneelHg0


        ,___-, 、
         (__, ヽヘ
         (___ノ(}      悩む人も居るかも知れないので、少し例を出します
          ゝ、 ○ _ノ
           TT´        その人物が実際に善なのか、悪なのかをお考え下さい
          | |/⌒>
     <⌒\/// ̄
      [ ̄ ̄ ̄ ̄]
        | ̄ ̄ ̄|
        |      |

547 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:27:24 ID:ONneelHg0


:..   .::{            :::::        |
}ト、__ ::...   ..:::. :.    ..::::  .::  _,.::   }
_}ト、      {::  }  {:.. .:::  {::....    _ノ
:::}ト:`≧s。._       ゞイ        _,.イ::ハ
::::}ト、:::} /イ7::ィ-rテ r-t:::t――一''''""´ }!::::从
⌒;}ト:/ |{z{:/_ |/ {:/ {:::|  ..::..::     ,, } |:ノ             神の手を持つと言われる、ゴッドハンド医師がいたとします
:::::ヽ}ト、ゞ‐芍三トz!、_!::|:: __ノ:,.zz≦彡 } |
 ::::)}入 癶こr:::テミ三圦 ゞ<_r::テ_ノ / |              彼は様々な人を手術し、これまで何人も救ってきました
、 :::} 〉 ^ト __`¨¨´:::::::::ミ  |::::..`¨´ _,.ノ ..ノ
込、入 :::.. -  ≧ー--::::  | -一'"´  イ!               また彼の論文は世界的にも評価をされ
:::::トミ } ::::....      ` ´::.   ..ノ /-  _
从:| ヽ{    :::::....  :::..._...:::   _.::: /::}    `≧s。.        その功績で何万人もの人がこれから先救われます
ト、}! ::ヽ               /!从 }        `ヽ、
 ヽ  :::心、...  ::....     .....::: ./::|、  ,} r:::......       ハ
  .∧ :::::. \            :::/ /:: .| )/{  !:::           j!
   ∧ :::.  ::ヽ ー::   :::   /::: ./ .::.  ::      :} j!
 ::..  .\    ::ゝ.、_   _./::: / :^ /:::. ::::.      ! j!
  ::.:  .\    ::::::::::: ̄   ./ } {::/:::::}  ::      .:::
  .::::  .:{  .\   :::::::::::  _/  ノ    }        .::::
     \   ≧=‐- -=〔   .::            :::::

549 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:28:41 ID:ONneelHg0


.  /{/::::::::\:::. . . :.:.::;:.: . !|::.:.:.:.:.: . ./. : .::.:.`:./
 (::::::::::::::::::::::.\ . . :V . . .l . . : . . /. :.:.::.:::/.:.:.
  >.::::::::::=‐-ミヽ::::}:::::::::::::::::::::::.:.:. . . / . . . :
<::::::::::::::;   .:::::::::/ハ::::::::::::/::::::::/::::.:.:.: . .  .:
 }::>.<   ;::::::::/ ノ:::::::ノ{::::::::/::::://:::::..:.:.:::::
 .:::::::::=≧ <::::://イ≦、人:::::{::::::'::{::::::::://V:
ノ.:::::::::==ニ:::::>  辷≠=ミx{八::::{八:::::// |:: 
::::::;::-‐==.::f⌒ヽ ー'( r。,`ヾ≧xヽV ヘ{ {  |::       ですが彼は患者から賄賂を貰い
Y:::::, -=彡.:::|  } )  _`ニ≡≠彡くノノ≧=ミx|::
ノ.:.::{ ん厶::::| -‐ ' "´    `¨¨⌒ヽ くr。`Y彡:::       払った人には優先的に手術をし
. :-‐≠ ''(ハ::|                 マニ^/ノ(
(...:::::::\__ハj /          ,.. ‐ __''∨/          そのお金で私服を肥やしていました
三≧x::::几/     /     ⌒ く:::://  
 三`ヽ./⌒ヽー- ..//     __  v' /    
  ≧/::..  ::.ハ≧.'/`: . .<-‐::::::::::Y / \ \       結果的に彼は贈収賄で医師会を追放
 ,/i{:::.:. .:.:::;:;}:i /√三ニ=-:`≧=< /   、 \
x'三弍::.:. .:.:;:;:リ 仁三二ニ==‐- : .> 、          医師の資格も剥奪され、今後の彼の人生に光が差すことはありませんでした。
三三ニヽ::.:.:.;:;彡'/~``丶、: : : : : : : : : : : : : :ー<
三二ニニ≧''"//二ニ=- 丶、: : : : : : :\: : : : : :

554 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:29:48 ID:ONneelHg0


.. ____, --r─v'⌒||
  |     / /|  .|   |ト、
  |   (__/  .|  .|   || |  
  |          乂人_ノ!| |    
  |  _   /j\_ ||,ノ    
  |/Y^ヽ ̄}\/  〉ー ||        
  |  j  |/ / ̄「  ,ノ||      
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽl!      
              ||       
              ||        
              ||      
              ||      
              ||        
              ||     
           r_⌒Yト-ly'⌒)
           { Y⌒ー/  ハ
           ,ゝ`ー‐' ノ_) l      この話聞いて自業自得だ、そう思った人も居るでしょう
           {o ` ̄○,-、  !
          .ゝ、○   ー'_,ノ      でも彼を処分しなければ、今後彼は更なる手術で人を救い
            ≧.ーi ≦
              .| |  !        また別の論文を発表し、更に多くの人を救えたかもしれない
            (⌒'| |'⌒)
            (⌒'| |'⌒)
         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     彼は善ですか? 悪ですか?
         「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「
         |::         . : ::|
         |::         : : ::|
         |::         : : ::|

560 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:31:32 ID:ONneelHg0


            r_r ̄o ○ヽ、
           /)_(__)___ 0 i
.    ___ .(、____, ) (}      社会的なルールを考えるなら、彼のした行為は駄目なことでしょう
.   \―/ . (二二_二二) ,!
.       Y    ゝ、○   ー'_,ノ       でもお金を持っていない人はそもそも医師のお世話になれません
     <|ゝ、  rt. ≧.ーi ≦
       | 戈_丿.\ `| |          そのお金を持っている人を優先的に医療する行為は間違っているのか
.      ̄       .ゝ| |<⌒\
                . | |   ̄`ヽ!
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     これが形のある品物ならば、お金をより多く払う人が品物を買う権利がある
          「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「
          |::         . : ::|      そう考えるのは当然ですよね
          |::         : : ::|
          |::         : : ::|

564 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:32:34 ID:ONneelHg0


    r_⌒Yト-ly'⌒)
    { Y⌒ー/  ハ
    ,ゝ`ー‐' ノ_) l      どれほど素晴らしい功績があり
    {o ` ̄○,-、  !
   .ゝ、○   ー'_,ノ      またどれだけ社会に貢献した人物でも、一度『悪』というレッテルを貼られると
     ≧.ーi ≦
        .| |  !       それは今までの事を全てを否定するような叩き方をされるのが世の中です
     (⌒'| |'⌒)
     (⌒'| |'⌒)       そのくらいいいじゃないかと思う人も多くいる一方
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「    そんなのは許せない!と声高くあげる人もまた大勢います
  |::         . : ::|
  |::         : : ::|    ネット社会になった今なら、より大きくみなさんが実感を得ているはずです
  |::         : : ::|

571 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:33:44 ID:ONneelHg0


                   〉 _ ノ:: :/:: /: :: :: :: :: :: :: \)
                 /{/ノ:/:: ::. \/  ∧  :: :: :: ::\
                r―/〉⌒》:: :: /\/::::::.  :: :: :: :: :: ヽ
               / アi|l〈:: |:: :: ::|:::.::/⌒ヽ::|  : :: | : :: :: .
               .:〈〈/|レ〉|:: :: ::|/ __:::::|   : ::| :: :: :: :.     やる夫の努力が足りてないと責める人もいます
                .: //t匕:/:|:: :: ::| f==㍉ :::::|   : ::| :: :: |:: |
              {:// |..:::⌒ :. :: ::.|  Vツ  ::::|   : ::|  :: ::|:: |    人の行った頑張りを漢字二文字で『努力』
              //:| |:: {レハ八:: ::|  \:::::::::::\:: :: /  :: /:: ,
                //:: | |:: :\ヽ \〉   `¨¨¨¨¨'\___:/ : /     たったこれだけの言葉だけで、どれだけの期間頑張って
.               //  :| |:   八        _    八::./
              // 乂:.| ト  } /:: 、      ― 〉   イ: ::/      どれほどの苦労し、汗水たらし、血反吐を吐いてても
            _/    :| |__ /:: 人\         / :/
           /⌒\\ :| |   r㍉v'⌒ >  ..,,__/: /         結果が実にならなければ『努力』が足りない
         {i    \\/   {  {   v㍉ /_   ̄
            八     } \ ,人  乂    ∨⌒〉            それだけで切り捨てられることもよくあることです
         /⌒  / ハ   }\ \  \    /  /⌒/⌒ヽ 
          {   /  {  ノ\ }      ⌒     \/_/    }

578 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:35:08 ID:ONneelHg0


              !^r、
              .! ト.\
            r-、 .! !_t ',
            \ソ ::/  ',
              ヽ \ ___!____
               ゝィ゙:::::::::::::!
                〈::::::::::ヾ::',
                ∧:::::::!::::::::',
                 ヽ:::::!::::::::::',
                  丶:::::::::::::::::、
                   ',:::::::::::::::丶
                    .|:::::::::::::、:ヽ
                    !::::::::::::::ヽ:::!
                ノi _ __ ヽ::::::/::::::`:',
          /!,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ \ノ:::::::::::::',
        iVy;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;≧、|::::::::::::::::',
        r、:::!/;;;;;;;;;メ\_;;;;;;;;;;;;;;;;;;そ!:::::::::::::::::',
      , 1;!;;;;;;;;;;/  ヽ \;;;;;r 、;;ヽ!:::::::::::::::::!
      \;;;;;;;;;;;;;:!  ノ  ___ リ ! ヽ;;;!:::::::::::::::::ハ       成功し、成し遂げた者だけが賞賛されます
        〉;〈 ̄    彳 ̄   丿;;;!::::!::::::::::::::!
        !;;;ヽ ー         \!::::!::::::::::/:ハ       それ以外は見向きもされないのが世の常です
        ノ`ヾ! i夕     ヘ   ./i:::/:::::::::::ソ::::!
            `  丶 / ノ / .//|::::::::::::::/:::::::i      オリンピック金メダリストの名前を上げることは可能かもしれません
             \__________/、i/:::i::::';::::::::!:::::::∧
                   /__|:<:::::';:::::::::::::::::::i      なら10位~4位に入賞した人の名前を誰かと言えるのでしょうか
                   λ|::::/::::::';:::::::::::/:::::|
                   /. |::/::::::::::'::::::ノ:::::::::ハ     これが結果主義の社会の現状です
                   i /i/::::::::/:::::::丿::::::::::ハ
                   |/. .!::::::::/:::::::::::::::::::::::|::::V
                   | . /::::::/:::::::::::';.:::::::::::i:::::::V    彼ら、彼女らがどれほど頑張っていたか、どんなに努力を重ねていたか
                   |. i::::::::::::::::::::::::';.::::::::ソ::::::::V
                   |. .|:::::::::::::::::::::::::';.:::::::|::::::::::::V   それでもメダリストと比べると『努力』が足りない
                   | . .i:::::::::::::::::::::::::::'::::::i::::::::::::::V
                   | ..ハ::::::::::::::::、、::\::::!ゝ:::::::::::::V   世界の上から数えて10位以内でもそう切り捨てられるのでしょうね
                   | . .1:::::::::::::::ハ::ヽ::::::::>Y::::::::::::/

587 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:37:03 ID:ONneelHg0


      ,=--,ャ、___,
     iヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヾ
     ri-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ
      | ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ
      〉  !Y!j从乂       人の時間は有限で、そしてやれる事にも限りがあります
      \,ィ、 ` ヾ__
      ヾ ̄ ̄ ̄ /       死に物狂いで遮二無二に強くなろうとしていれば
      ,r)///////\
      i//////////`i     幻海の言うように一ヶ月もたたずに死んでいます
      |//ヽ、//i////|
      |y   `-|////i 
      .f     |////|     それが出来るのは頭のネジが飛んでる狂人だけでしょう
      1     |////|
      .〉     .|////|
     /      |////| 
    ./      .|////|
    ヾ      i////i
     1=ヽ---、___i////
     .|/////////〉=i
     .|//ヾ////,/ ̄ヾ
     .|///ヽ///i_____/
     .|////i///////i
     .|////ヽ//////i
     .|/////i',/////,i
     .|/////i ',/////i
     .|/////i ',////,i
     i/////i ',////,i
     .i,////i  ',////,i
      i////i  ',////i
      .i////i  ',////i

591 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:38:05 ID:ONneelHg0


           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \       もっとやれた、もっと努力しろ
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |     やれよ、できるだろう、主人公なんだろ!
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;

598 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:39:31 ID:ONneelHg0


                _,,-、  _
         |\       >=:=:、:∨_  `: .、
         ∨∧      彡千ミ∨   `: .、 .`: .、
          .∨∧      ,|.|,く二> 、/Y/>、 ̄ `: .、
           ∨∧     /./,,―― .、Y`ヽ//:〉_  .ヽ
         ∨∧    .! | l | | | | | i弋_/`´ー /  :∧    明確な殺意があり殺しに来るモンスター
             ∨∧   / i弋ー―― ,/ーイ ̄ ̄    /
           ∨∧ /  \`ー―イ./`ー―――― '      その相手に踏み込める
               ∨∧,,― .、ー―' /
            ∨∧   .:|   ./                間合いをとり、自分に有利な範囲で戦うだけじゃ駄目だ
            /∨∧二:、 |  /ヽ
              l  ∨∧./==イ  |               踏み込めよ、強くなりたいんだろう?
           ,,/Y´:∨./l!    / > 、
             /弋__!__./|ノ_/\/   \           そう言うだけなら簡単です
         ∧   /\ツ:ト.,   ./    .∧
           /  > イ  ゝイ   .|       |          言葉だけなら誰でも言えることなのですから
        ` ´               |   __|
                          |,,<   ∧
                     |         .∧
                     ` 、____ l

599 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:41:08 ID:ONneelHg0


       _-―――- 、._
     ,-"´          \
    /              ヽ
    ./       ::::::::::::::::::::::::ヽ      やる夫の本質は褒められたことでは無いのかもしれません
   |      :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    l       :::::::::::::::::::::::::::::::::;l     でもやる夫が居なければ誠は成し遂げることも出来ない可能性のが大きかった
   ` 、        (__人_) .;/
     `ー,、_         /      そのことを踏まえたうえで>>1は言います
     /  `''ー─‐─''"´\

604 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:41:53 ID:ONneelHg0


    ,r_r ̄o ○ヽ、
   /)_(__)___ 0 i
   (ー、,-、,-、,一' )}     やる夫擁護派、そして批判派
   (_`^二^二^二^'_)
    .ゝ、○   ー'_,ノ      どちらも正しいとも間違ってるとも言いません
      ≧.ーi ≦
    /⌒ヽ(( /⌒ヽ     万人を納得させる答えなどありはしません
   ('⌒\ヽ))'/⌒)'
     ̄  ∨/´  ̄ 
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    一面を見れば正しいし、もう一面を見たら間違っている
  「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「
  |::         . : ::|     それが人間という生き物ではないでしょうか
  |::         : : ::|
  |::         : : ::|

609 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:43:00 ID:ONneelHg0


      ∩
        | ト 、
     _,ノ |゚o ヽ     やる夫の事に関して本スレでは何度も荒れています
  ⊂二_,ノo ○}
    ゝo 0  ,ノ     >>1がどちらを正しいというと、それ以外の意見を排除しようとする人もきっと出るでしょう
      `TT´
      (⌒'| |'⌒)     でも価値観は人それぞれです、納得できる事、出来ない事のラインは人それぞれ違います
      (⌒'| |'⌒)
    [ ̄ ̄ ̄ ̄]     ただ物事の視点は一つではない、別の側面も見てほしいのが、書いた>>1の本音です
     「 ̄ ̄ ̄|
    L____」

613 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:44:22 ID:ONneelHg0


    r_r ̄o ○ヽ、
   /)_(__)___ 0 i
   (、____, ) (}      >>1も含めてですが、本スレを見てこんな意見もあるんだ!
   (二二_二二) ,!
    .ゝ、○   ー'_,ノ       と逆に感心した人も居るのではないでしょうか
    iヽ≧.ーi ≦
     \ `| |          多様な視点を持つ人が集まったおかげで色々な意見が見れて>>1は嬉しいです
      ゝ| |<⌒\
        . | |   ̄`ヽ!
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     色々な意見があって>>1は良いなと思います
  「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「
  |::         . : ::|     ただし、過剰に言えば不快感を感じる人も居ますし、意見の違う人と揉めて
  |::         : : ::|     議論ではなく言い争うことになり、罵倒にまで発展などということのないようにお願いします
  |::         : : ::|

616 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:45:34 ID:ONneelHg0


                      ⌒       、
                        ⌒   - 、  .、 ヽ
                     ,  <:::::::::::::ヽ |  |
                 , <:::::::::::::::::::::::::::::::}
                    |:::::::::::::::::::::::::::::::::>'
      ,/_二_丶ト ´::::::::::::::::::::> ´
       /{ |     メ-‐へ__> ´  ゴボゴボ
       {)ゝ_ ̄ ̄ノ
        ゝ、 ○ ̄ノ       余りにも酷い言い争いもあったため第二部ラストでは投下中に削除をし
         TT´
      (⌒'| |         注意をすることにもなってしまいました
       \.| |/⌒>
      [ ̄ ̄ ̄ ̄]      それだけこの物語にのめり込み、面白いと感じてくれてるのは嬉しいのですが
       :: | ̄ ̄ ̄|       注意書きにあるように個人の罵り合いは控えるようお願いします
       :: |___|

619 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:46:48 ID:ONneelHg0

⑧:>>1が求めているのは作中内に関するコメントであり、議論です
  個人の罵り合いは、やめてください、自分と違った意見に噛み付かないように

        __
      /(_)  \
     /) __(__)_,ヘ     またこちらの注意事項を逆手に取り
    iγ´i7i7i7i7i7i,ヘヽ
     {〈/l/l/l/l/l/l/l_リ     俺のは個人の意見で感想だ、だから罵るのはいいんだ! 俺の意見に噛み付くな!
<⌒\ゝ、 二二二二/>    という主張をされる人はただ叩きたいがために書き込みをしていると削除の判断をします
   ̄ `(( ≧.ー ≦  ̄
    [ ̄ ̄ ̄ ̄]         行き過ぎれば感想や個人の価値観ではなく、ただの罵詈雑言です
     | ̄ ̄ ̄|          どの作中のキャラクターに関しても何を言っても許されるというわけではありません
     |___|          御注意ください

624 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:48:18 ID:ONneelHg0


       ,、      ,、
     (`V!   lV´)
        ト、`<l」>´,.イ      また宗教的な部分
        | じ'ー‐ぐ)|
        ゝ、 ○ _ノ      こちらは教会、神殿、神というドラクエの中では外せない要素となるので
         TT´
      (⌒'| |'⌒)       本編にも登場しましたが、これに関しては>>1が少しだけ語ります
      (⌒'| |'⌒)
      [ ̄ ̄ ̄ ̄]      真剣に語ると間違いなく荒れる要素のひとつのため、この場では否定も肯定もしません
        | ̄ ̄ ̄|
        |___|

627 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:49:09 ID:ONneelHg0


         _
      /゚_o_(_ヽ,
      ,/ /riァ-iァ-iァ、)    日本では信仰の自由(信仰しない自由も)が認められています
      .{)i ゝ,、_,、_,、ノ)
       ゝoー。-一'フ     ゲンドウの言う通り、人に信仰を押し付けない形で
       _ TT ゚_
      (⌒,|/,⌒)      各自が自由に生きてください
       \.|'1/
      [ ̄ ̄ ̄ ̄]
        | ̄ ̄ ̄|
        |___|

628 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:50:09 ID:ONneelHg0


                         _, .____,.
 r`"'  .、 _`"'  .、 _        _, . '' ¨´ ̄  ,. r '' " l
 l   ___}ヾ'  .、 _ `"'  .、 _ r ´    ,. r ''".       |
 l i" ̄ ̄} } {ェュ、_`"'.、 ィr-=====ュr'´           |
 l┌t     .  ゙゙"'ヾ   li       ll           |
 l ヘ       ,リ    il   li        ll           |    『さとりのしょ』
 ! ト= , ´〈 }ヽ.   ア, li    ,.   !!              |
 | li て ̄" ゝ、ヽ ユタ. li ,.イ{}ヽ, ll           |    大部分の二次創作DQではネタとしての登場か
 l li  ヽ ̄} て、.> l!  l,て≧i≦テll.             |    または無かったことにされてる作品も多く存在していますね
 | li   ゝ_l .r´,'  l!  l  ゞ《i.》  l!l            |
 ! li     i /    l! .l!   ∨  ll           |    当作中ではガルナの書記による書物という位置づけにし
 |  ゙ヾ=ュ、. `     li  li      li           ,.r '    また内容も番外編『さとりのしょ』で語った内容になります
 `"'  .、 _. ゙ヾ==ェュ、ィィ  i!        ll     ,. r '' "
       `"' .、 _ ゙"  li二二二二li ,. r '' "          ※番外編⑤に書いたとおり、描写した以外の内容も書かれています
            `"'ー=───‐="

630 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:51:09 ID:ONneelHg0


       r、.,_
. .   ,.r_三ニー >z'.
  ./___    ̄ ―‐   `>'.
/                    ` ヽ、.  ,  _,...≧三'‐'ー==¨¨¨¨¨¨ニ三_
                     `ヽ./ ____            ヽ_      世界的に様々な宗教を認識できる現代であるなら
                     | /        ` ー   ___ \
=========zzzニ__-z .   ヽ ↓'           <ニ         ̄i!    他の宗教も比較ができます
三三三三三三三三三`i≧z、ー===='三lニニニニ≧Zzrz.、二_  -    i!
.、 三三三三三三三三三三 ハ .三三三三 l三三三三三三三三三≧Zz.、二_ i!   ですが人類の歴史を紐解けば宗教戦争も数多くあり
. \ニ;三三三三三,;.三三;三;ハl三三三三i|三三三三三三三三三三三三三>
   \;三;三三三三三;三;三;ハ三三三三|ニニ三三三三 三三 三三 三,.イ¨´    また同じ宗教の中にも宗派といった違いで『派閥』があります
     \ ;三三三三三;三三;;ハil三三三;i|三三三三三 三三 三 三 /
       >、三三三三三三三ハ.ニ三三ニi!三三三三_三三三三三V         カトリックや浄土真宗、一向宗などの単語は宗教に詳しくなくとも
                . ̄l=z'zニ二三レ'''´ ̄                    聞いたことはあるでしょう

632 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:52:31 ID:ONneelHg0


        \               \
           ` "  -   _       ` ̄  ヽ
            /: :/: : : : : : : : : : : : : . 、_       }
           !: : : : :/:/: : : ミ:ヽ: : : : : : : ! ̄ヽ、   /
          i!: :l: : /:/メ/: : ヽ!:ヽ: : : : : : | -‐ '  (
            |: : |: : :/ミ/ミ: : : : !l:ヽ : : |: : :|"ヽ - 、二 _` ‐ - 、_
             |: : |: : :|/""`ヾ'´"{~ヾ: : |、: :i!       メ         ̄  ヽ、
             |:.:r|: :-|、.__      {,,斗:.:|'イ、:i        ̄  ~" )      /
          i!: {'|: :.弋ヤヾ、  ''"艾フ:.:.|/: :.i!          _ , '    -‐'´
            i!: : l: : :.|;;;   !    `'ト; |: |: :ハ      ,  '"   /
            /:!: :.|: :.、|    l _    |: ヽ: :、ハ:\ 斗'"´ _  -‐' ´        とある魔術のの禁書目録を知ってる人には
          /:/|:|:.:|: : :iヘ 、____ ,ィミ.イ|: : ヽ: 、:./, <-‐― 、
       /: :/: |:/i:|: :ト、 ヽ.   /:::`|ミュ. _彡/::::::::..   .::::::ヽ          ローマ正教、ロシア成教、イギリス清教
      /: 彡' |:| |:!: :i \::::`´::::::l  |: :!: : |ヾ  ::::::    :::::::::|
   _,/.:     /' |:|: :| , ヘ.、::::::/'"~|: :|、: ヽ  :::::::     ::::::::}          これらも書かれているのでわかりやすいかもですね
. /.::::       /  j'|: :i'´ | /-、"/l .j: :.| \`  .:::.     .::::{
'       ヽ    ヾ:| 、 \ミ_ | ィ'|   j:/ \:::..  :|      .:/          同じ神を崇めていても、その土地、国ごとに派閥があり
、    |::   \   / N ヽ:::ヽ-|‐"i   :::::::::/::::  /      /
.∨  /     、  〈〈    :::∧|、,、} ::::::/!:::   :/     /|           権力闘争があったと読み取れます
 ∨       \   \.   :::::∨:/..../.::::ハ  ::/:.     / |
  〉::            /`> 、:::::∨/    ..ハ  .::    /.:  |
  〈 、      ::. \  !::.    >< 、 .::   ∨.::    :::   |
  |::ヽ      ::.  /:.   /( )   () }   .::::ヽ    :::: /  |

635 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:53:45 ID:ONneelHg0


                     __
                  ,.ィ´      ̄`ト、
                /           \
                Z                 i
               Z// ィ  ィ , /人 、   |
               Z/////// .'  ヽハト, j
               ,=、{ '  '´  ' ,    __} ト、
               i' `}__≧tァ‐《__》‐tァ≦__{/ .〉
                  丶(!,弋 二ノi 弋 二ノ ,jノ./           やる夫が『さとりのしょ』に関して気づいたことは
                ゝ_ト、.  ,〈 _ ,、  ,イ/''
                  ト,..   __ヽ /ト、            神の単純な否定では無く
                  イ'!乂   - ' ノ j .ト、
                ,《.} \`'''''⌒''''´,.イ ,!ノi           ゲンドウが神を信じていると確信を持った上でこう考えました
                / `<_. `゙ー‐''´._,.ィ´  .ト、
            >< `<__/    ‐=V    ' `ト、        『神の複数存在』に関しての気付きです
         ><       〉`ー、_,.=‐ V        `ト、
      ><          / =‐-     _}          `ト、
.    , '             ,'`<   >'´ .|              `ト、
    |             ,'  /  ∧.V .|
     |                 ,'  /   ∧.V .|
...   |              ,'  /    ∧.V|
    }              ,'  /     ∧..|
...   j.              ,'  /      ∧|
   /                ,'  /        |
   V    、       ,'  /        |
    V`、  、 '、      ,'  /         |
   / / ,、` 、.      ,'  /         |
.  〈/  / \ `,    ,'  /          |
   〉 ,'´     ','     , '   /          |

641 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:55:13 ID:ONneelHg0


          /     {:|:|:|:|:|:|:|:|:|:}"              \\
        〃     {:|:|:|:|:|:|:|:}                \ヽ
       //      {   |:|:|:|:|:|:}                      Ni
.      //.     │{:|   |:|:|:|:}         |     ||「\. |:|  │|
      ′   │┃{:|:|   |:|:|     |l\  |     ||l  .斗|  │|l
        ¦ ┃┃{:|:|:|   |:|     ||_]N|     |レ'  >|:l∧¦|| |
      i :   │┃{:|:|:|:|   |   /||  _j|   │|L/ |/ lN || |l     私達日本人にとっては大したことではないでしょう
      ¦l:      │{:|:|:|:|:|     ||  斗-  ∧|「 \__   |  || ||
      ┃|:        {:|:|:|:|:|:}      |レ'  >|i  /      ||  |/|| ||     ですがその世界でそれまで信じられていた神が『ひとつ』であるなら
      ┃|:|      {:|:|:|:|:|:}:}:  、 |L/ |l /       ll   .|| ||
      ┃|:|:|      {:|:|:|:|:}: //\厂   !′      〃   i | ||     その真実の判明は世界的にどれほどの衝撃になるのでしょうか
     ┃.:|:|:|      {:|:|:|   /               /    l Ν!
     ┃ : |:|:|      {:|:トミ{\        ‐-‐         |¦
     │ l |:|:|      {:|                      人|      唯一神を崇める宗教、多神を崇める宗教
     !jj  :|:|:l      |i≧≦i⌒ヽ、              ィi{洲
      :{{{{  」:|:|      |||lレ厂\   ≧=‐----rr=≦、 |||} リ      私たちの暮らす現代の世界ではそうあるだけ
       Ⅶ}Л|:|      |lレ^\  \_____,从   ||\||l .′
         ({{{|И人  .  |    \ .二二二二7/ \」|  |レ′      そうではない、ただひとつの宗教が
        \!    \,ノ\}.      \ 二二二//\_           世界の大部分を占めている世界ならば…
          __/    \      \ ..二〈〈   マ^\  
       /        ̄ ̄ \      \.ニ〉〉   V/ ,         やる夫が気づいたのはそんな気付きです
      /                  |\     \〈〈.   |′ ∧
     /                 │ \     \〉   | '/ ∧

647 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:57:49 ID:ONneelHg0


                //////////////////////////\
               /////////////////////////////ヽ
             ///// ///////////////////////////∧
             ///// //////////////////////////// ∧
            ///// |///////{//// l//////////////////l
            ////|/ l////// ^|//// |//////////////////|
           ,'////|/ |//, |//气| // ヽ|/////////|////////il
           //// |/ |// |/`ヽ::|/`   }////-|,///|////////il
           l////ゝ V         l///- _|// |/// /////|      宗教を信じる人にとって
           |///// }             l// 廴.::フ>//////////|
           |///// |i         /:      ///////////      その否定は絶対にしてはなりません
           V V// 八        '       /,//////////
             V//|  、  ヽ、- _      / //////////       理屈ではなく感情がそれを許せないのです
              V_ |、 \   ` ー ´   , イ////////////
            _ -=/ニニ=- \ _  -=</V///// \//
        _  /: : : : =ニニニニニニニニニ/:\     VV/   V         特に日本人はそれらを軽く考える人も多くいるので
   ,  ⌒    /: : : : :lニニニニニニニニニ /: : : : ト 、                 注意が必要
  /         /: : : : ::.|ニニニニニニニニ=/: : : : : l    -- 、
 /     ;  /: : : : : : lニニニニニニニニ/: : : : : : :l
 ,     l  /: : : : : : :.lニニ==ニニニ /: : : : : : : :l       l           やる夫が作中表立って一度もそういった発言をしていない
 l       -----ァ: :.l´    ` У--=ミ: : : :l    /    l           その理由はコレにあたります
        /  /: : : :l     /:\   ` ‐┘  /     }
/       .,'   \: : : :l    /: : : :\      :}/     /
       Y      \: :}--= /: : :: :/          /ヽ          初対面の人と話していけないこと
      {        `} ニニ /> ´       l                 ①政治 ②宗教 ③野球
      ::.        lニニニl          }        ,
      人        lニニニ{          ,         ヽ        この三つは自らの人生をかけてまで必死になる人が多く居ます
、       ヽ::....    l ニニニl         /::..        /
 \      l::     ニニニニ    .........:::::/:::..       /         その領域には踏み込まないよう注意しましょう
   l      l     |ニニニニ       .::/:...    r ^´
   l      l     lニニニニ       :/     /

651 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 00:59:36 ID:ONneelHg0


    r_r ̄o ○ヽ、
   /)_(__)___ 0 i
   (、____, ) (}
   (二二_二二) ,!       以上で主な8章あとがきは終了ですが
    .ゝ、○   ー'_,ノ
    iヽ≧.ーi ≦ 
     \ `| |           『さとりのしょ』はかなり特殊な話になります
      ゝ| |<⌒\
        . | |   ̄`ヽ!      多くのDQスレではネタにしたり、存在自体が無かったことにもなってますし
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「      ダーマ神殿が機能してるスレはもしかして珍しい?
  |::         . : ::|
  |::         : : ::|
  |::         : : ::|

652 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 01:00:54 ID:ONneelHg0


        __
      /(_)  \
     /) __(__)_,ヘ
    iγ´i7i7i7i7i7i,ヘヽ     『さとりのしょ』に関しては>>1の独自設定、独自解釈です
     {〈/l/l/l/l/l/l/l_リ
<⌒\ゝ、 二二二二/>    ダーマ神殿の進化、DQシリーズ3,6、7,そして9、10
   ̄ `(( ≧.ー ≦  ̄
    [ ̄ ̄ ̄ ̄]         これらからヒントを得た、シリーズ通してのファンなら理解した部分も大きいでしょう
     | ̄ ̄ ̄|
     |___|

656 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 01:02:10 ID:ONneelHg0


              _       /,ニ 、
            / ̄ ヽ\    //  `\
            /__  ヽヽ  //      \
         / >: : : : : \} l__〃,-‐ニ二_`\
       フ´: ̄: : : :/ : : : : V: :`' ̄. .ヽ   \ヽ
     ∠ -‐ フ: : : /: : : : : :__ : : : : : : : : : ヽ  ヾ
         /,、,: : ;': : : ∧:/ ゙''7: :l: : !: : : : `、  l| , -、
        レ /: : l:l: 、N リ   丿V!: 丿:ノ.: : : :}   l / /
         (人: !:!V`゙‐-.、  ,._レ' フ: /: : : i  / /
       _ .-‐ゝ┘N v'=三、  ,ニ.、∠_ノ; : : {  / /
      zニ、; : : : !  (   ソ=v'"`'ヾv フ_丿、:.ヽ/ /          イツ花の登場もヒントになっていました
       (: ; : : : l   ` ‐' ' ヽ _.ノ  フ: : : .ヽr'  ' ̄i┐_
       ∧: : :ヽ∧   F-ニ -、   /: : j: : :/ 」 / l ., }      『俺の屍の越えてゆけ』
      {: .ヽ: : :j: :ヘ ヽ_ __ ,/   7_ノ: ノ: :( `┴-J ! !
       ヽ: :.`〈 ! : : l\  ̄  イ: : :/: : :/,勹‐- 、_)ノ_/       世代を超えて目的を達成しようとする
        \: ゝ┌ヘ  `´ ,-‐へ: : : : ,〈「 l |   |ヽ´
          >'´| ! 〉、.//  〉 ̄| | ! |   !:::|ヽ        ダーマ神殿関係者の配役にはかなり考える時間を要しましたが
     , -─/|  l y//  /!  /! ! l ヽ/:::::! `、       当たりを思いつけたと>>1は信じています
    /{  :   l   V /  ./ !   :!   l   \:::::!   i
     ! | j/   |  /   /:  |j  :.∧  |.    ヽ::!   l
     | | :/   | /    /.:   !; :/ /!  |    `:....  |

662 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 01:03:05 ID:ONneelHg0


            r_r ̄o ○ヽ、
           /)_(__)___ 0 i
.    ___ .(、____, ) (}       それでは最後に一部の読者のため
.   \―/ . (二二_二二) ,!
.       Y    ゝ、○   ー'_,ノ        原作未プレイだけど読んでくれている人のために
     <|ゝ、  rt. ≧.ーi ≦
       | 戈_丿.\ `| |           いくつか作中の設定を書き込んで終わりにします
.      ̄       .ゝ| |<⌒\
                . | |   ̄`ヽ!      長いあとがきのお付き合いありがとうざいました
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
          「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「
          |::         . : ::|
          |::         : : ::|
          |::         : : ::|

663 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 01:04:57 ID:ONneelHg0


                ▓▓
                ▓▓
                ▓▓
                ▓▓
              ▓▓▓▓▓▓
            ▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓
        ▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓
      ░░░░▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓
    ░░░░▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓
  ▓▓░░▓▓▓▓▓▓  ▓▓▓▓▓▓  ▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓
  ▓▓▓▓▓▓▓▓  ▓▓  ▓▓  ▓▓  ▓▓▓▓▓▓▓▓
  ▓▓▓▓▓▓▓▓  ▓▓  ▓▓  ▓▓  ▓▓▓▓▓▓▓▓
  ▓▓▓▓▓▓██▓▓  ▓▓▓▓▓▓  ▓▓██▓▓▓▓▓▓
  ▓▓▓▓▓▓████▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓████▓▓▓▓▓▓
    ▓▓▓▓▓▓██████████████▓▓▓▓▓▓
        ▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓

『メタルスライム』

シリーズ通しての『経験値』を多く得られるモンスター
倒すと美味しいが、逃げやすいため倒すのは難しい
それでもプレイヤーはおいしい経験値を求め、レベルアップのために日夜狩る


665 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 01:06:09 ID:ONneelHg0


             :_、、
             |¨¨ヽ
            ::∥;;;;;|、
            :/゛;;;;;;;∥
           ::/゛;;;;;;;;;;゛|、
         、、/゛;;;;;;;;;;;;;;゛:
      .--;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゛\_          ただし非常に防御力が硬く、プレイヤーの与えれるダメージは0か1
    、:/ ̄ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゛゛\、
  、:¨/゛  、/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゛\、     作中における攻撃した武器の破壊はここから導き出されたものです
  :;;;;;「  .-゛゛;;;、_.;;;;;;;;、_;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;¨ゝ
 i;;;;;;;;i_ノ ;;;;;;;;/゛  ゛ヽ./゛  ゛ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;¨|     ゲームなら武器は壊れないし防具も壊れません
 |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ●  |;;;;|  ●  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
:∥;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゛._/゛;;゛ヽ_/_;;;;;;;;;;;;;;;;;∥    ですが実際に剣や刀で岩を斬りつけたらどうなるのか?
:∥;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;┌-..;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./ ̄|;;;;;;;;;;;;./
 \、;;;;;;;;;;;;;;;;;\、 ̄-----・¨゛_/;;;;;;;;;;」/゛     ゲームの主人公一行は『選ばれし者たち』
  ¨゜、、:;;;;;;;;;;;;;゛゛゛--------・¨;;;;;;;;;;;;、/¨
    ¨¨゜--_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、、_::¨゛       それ以外の人が手を出せば…その結果このような設定になります
        ゜゜゜ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄゛゛

669 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 01:07:36 ID:ONneelHg0


                 __
              ,´::`,
             ,': :: ::',
             /: :: :',  
               /::  ::  ヘ
             /:::::::::::::::...:::\               過去にやる夫が語っていますが
        ,...イ:::::::::::::::::::::::::: : : `:..、
    ,....<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>..、          この世界のモンスターには明確な『経験値』は存在しません
  ./:::::::::: : :::::: : : : : : ::::::::::: : :    : ::::::`..、
. ∠::::::::...  ::::                :.:.:::::ヽ       あくまでも個々の『経験』により個人の『つよさ』が上がります
.,'::::::::::::::::::::.:.:..    _ . . . . . ._  .. ..:.:.:.::::::::: ヘ
.::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:, '.   ヽ.:.:.:., '   ヽ...: : :::::::::::::::: :',     結果的に倒したことが重要なのではなく、倒す『過程』が求められ
|:::::::::::::::::::::::::::::::::{  ●  .}:::::{  ●  }.:.:.:.:.:::::::::::::::.:.|
',: : : : : ::::: : : : : ::ヽ, ___ .ノ:: :: ヽ ___ ノ.:.:.: : : : : : : ,     その結果、自らの『経験』になります
..',:.:.:.: : : : : :.:.:(.`ヽ、 : : : : : : :, イ´): : : : : ::/
 ヽ:: : : : :::::::::::: < .` ─--─ '" ,>'. . : : : : :/      冒険者が正攻法でモンスターを倒すのは『自らを強くするためです』
   `.<:.:.:.:::::::::::::::::` ─---─''´::.:.:.:......:.....::>'
      ` ─--=..,,___,,..=--‐ .´          そのため訓練等でモンスターを倒さなくても強さは当然上がります

672 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 01:09:24 ID:ONneelHg0


           彡ミミヽ
          彡三ミミユ_
           彡'⌒7´   _`ヽ_    _
             / _ノ´l l l l l) /: : :.:`ヽ
     /´  ̄ `ヽ〈 C_r:::::::::ァ' `ヽ: : :, ィ: :.',    ただし、当然自信を付けたり、実戦経験を積むことも大事なことです
     い   ノ |\  `¨¨´) __ノ‐, ィ´: : ::|
      /⌒T´  \二ニニフ´ ,.ィ´:.:: : : : : |    筋トレだけしてても喧嘩の強さは身につきません
      V´ ̄`ヽ「L '´ ,. ィ´L_ノ`ヽ: : : : : |
       _L  ( ⌒ト、_」´ `ニ|´. : `ヽ:_:_): : : :|    それら全てが合わさり個人の『つよさ』になるとお考え下さい
      ( L __ノ`ニ´__/ ̄{: : : : : : : : : : :.:.l
      ノ く´ ̄ヽ      /´ ̄ヽ:: :: :: : :: : :/
      (   L_ノ \_,.イ__/´ ̄|: :: : :: : ::/
      L__ `ヽ      /    |: ::.: : :/
    / ̄`ヽノ      ∠L__/ ̄`ヽ
     ̄ ̄ ̄           ̄ ̄

673 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 01:09:59 ID:ONneelHg0


              ,.─-
                 {   -一ヽ
               ', /
              _rVヘ-
          ,. '"´     `丶、`: 、
          /           \:.\
.         /   x‐ッ、 j{  x‐ッ、     :.: .:.
        /   /./ | ハ {\ {      i: : i
.       /   j.ム=レ  ヽ!x=ぅk l   |: : |
       j/l   j仏)ハ     {k):ハⅥ:  |: :.:|      現実世界で例えるなら
.         l  j.弋ぅノ     弋ぅノ |:  |:.:.:.|
.        | ./} '''   '     '''   | ∧!:.:.:.|      大の大人が幼稚園児相手に喧嘩をしても経験が得られるか?
.       Ⅵ ゝ、   (ヽ    _, ! /: : ,:ヘ!
         `'ヘミ≧z‐ァ ァ≦彡レヘ/        そういう結論になります
           /入:{/ イ⌒ヽ
          / /:`ァティ冖´:{ : :.ヽ
         /: :./: :/  j : : : : !: : : :ヽ
       〈: : :.:/: : ヽ/: : : : : :!: : : : :ヽ
      と\:/: : : : : : : : : : :.:.:.!: : : :.∠
.          / : : : : : : : : : : : : : !_,,∠.ノ
        ヽ、,_: : : : : : : : : : : : : :.ィソ
          `ヾミ¬‐---  -=彡'′
            `ヘ¨T^^^T¨7´
              ,ノ-}   }-:!
.               └冖   └┘





                 /:/:::::::::::::::/〃/:::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\
                // /::::::/::::::レ':/:::::/:::/::::///:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ!
                 /  /://:::::,.イレ'〃/`Xく:::::::〃/::/!::::/::/::::::`ヽト、:::::::::::::::::::::::::::ヽ
                  |/ /:::/:| | /^≧ニ、i!}ル'イ:∠ 〃!:/ |::::ト、ヽト、_>:::::::::::::::::ヽ`ヽ!
                 / レ'/::::::| |  i「 iしハY´ 刈{「/::::j/:::ノイ::リハ! リミ::: __::::::::|::::ト、!
                   /フイ|| {! 弋ソi| ' >く ̄7 ̄7`rテミ;;;;;;..ミ/  ヽ::::|:::| ,リ
                      | |  ` ー=ラ   ,,,,, j!   irタリ i};;;'  /-ヽ !::::|::|
                       i|;;#`’"´,.ィ'";;;;;,.  ``;;> -ニ彳  /´)/ /:/j/     ですがそれが大人相手なら
                           | ;;;;'"  ト、  ;;;;;,,   `` ;;;;;;;;;;,,,'''' / 〃 /:/
                     _,. -| ;;;;  ヾ`\、           /'´ ,.イj/        互いに殴り合うような喧嘩ならば
                 ,. -‐'":.:.:.:.∧ ,,   ,.ニ _``   ,,,      /、_/://:.:`ヽ
              _,.-'":.:.:.:.:.:.:/:.:.:.∧    _ ``ヾ、 ;;;;#;    /|:::::::::〃>':.:.:|      『経験』が積めますね
          _,. -‐'":.:.:.:.:.:.:.:..:/:.:.:.:.:/,.ヘ     ̄ = ,.; ;     / !_ハ-'":.:.:.:.:.:.:|
      _,. -‐'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://:.:.:/┼┼|ヽ           ,.<,. '":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
  ,. - '":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.///:.:fく┼┼┼.|  \    _,.  イ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.\
<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://///':.:._| ┼<┼.|  _≧ニ/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Xヽ
  ``  、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./////:.:.fぃ┼┼f{F| f±土/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://\
      ><:.:.:.:.:.:.:.:.:.://////  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:

675 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 01:10:48 ID:ONneelHg0


           , -‐   ̄ ̄  ー- 、
           /            < 丶、      / ̄ ̄ ̄ ̄
          /             \  \    / と 全 努
         /            ; ' ' ;  ヽ  ヽ  | は て 力
 ̄ \   l             ' , , '   l   |  | 限 報 し
 し  ヽ.  |    __   / ィ   ___   l   |  | ら  わ た
 か   | f三ミ -─‐-`ニ{  {二´--─‐-  j∠三} j ん れ 者
 し   ! {彡ツ──- 、ヽゝ、二チ/ ・__ ヾ三ソ  ヽ   る が
 !  / 「 Vゝ─‐-_、 ゝ._} {、__/´ ___ミ∨ヽ  ノへ___
   /   |ヽ|  丁モ::ア\_ノ_ゝ__.イt::ラ ̄「f iイ |
 ̄      |レ'| ゝ ゝ--‐彡ノ'{   ト、tミ─ -'ノミ〉 }ト}|
        lt{ト、´ '  ̄  { ;  .j }    ̄・.-' ,イリ .|
 ̄ ̄ ̄\ヽ ヾ\__  /` 〈   〉´ヽ  _,.イ j' ソ     強いものを相手にしたらそれだけ経験が積めます
努 皆 成 ヽ\l    /、`、ー=,.一,´\   } l/
力 す 功. |  | 〈 /`.ィ扛工工立ト、' ヽ 〉 ,イ_       ただし実力差がありすぎれば即負けて意味がありませんし
し べ し  l/|\ ゞ ト ニエエエニ イ ノ  /|^ヽ
て か た |{ |  \}  ー‐---一 '/ //.| / \    この世界において、モンスターを相手に負けることは
お ら 者 |∨| 、  \       丿/ / | /       場合によっては死を意味します
る く は / \ ヽ   ` ー -- 一' /  ̄ ̄  /
!!   /\  \ }          /   _ /
── ' \  ヽ  ` ー──一'   /           死ねば終わり
  \  \  \        //
  ,  ‐┬─‐'フ⌒ヽ` ー── ´ /             次の機会など存在しません
/    ̄ ̄     }  \     /
  /  ̄`ヽ/ ̄ ヽ   \
 /     /     | ̄`ヽ ̄ ̄/
/      /      |    | ̄ヽ
      /     |   |   }

677 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 01:11:55 ID:ONneelHg0


               |
               圭
                  亜ト
                  rf六〉
               Ц且Ц
                  |「|「|「||                             『ダーマ神殿』
             {ΞΞΞ}
            б井井井6                            転職できる便利な施設
            §井井井8
           +   §並並並8                            冒険者に新たな道を示すことが出きる
         |  |r'7ハl井リ互}              ╋
         Λ r{个彳彳|ミ込                §       人       自身の能力に不満、または周りから諭される
         「|| ||r┐r┐ll|ミ|「                癶       (三)
      _∠Υヽ|||"|r|"| ll|ミ||            癶 癶 ̄\∠二ヽ      そうした冒険者が利用する施設
     Л厂厂||「ミ\||r|"| ll|ミト              癶 非 癶ミ三\=ミ
      |^|ヘnへ|||「Ttィ、lレ'| ll|ミ|l|         癶 冊||冊 癶「|f三\=ミ
      |^||r[|r| |||「Ν|l 元| ll|Tt|| _____癶 並並並並 癶ト「 r三\ 
      |^||r[|r| |||「Ν|l l「三三三∩三三∩三 |Α|:: x x ::|Α|「 r、「 rエ
     ∧||r[|r| |||「Ν|l ∧三三∧三三∧三三| [lΥ〈〉〈〉Υ|] |「 r、「 r 「
     ├|┴┴「N「Ν|l l「 ̄ ̄ l「 ̄ ̄ l「 ̄ ̄l|Τ| |;井井井;|Τ|下 下 下
     ├|亦|f| |lN「Ν|l l| 冊 l|| 冊 l|| 冊 |十| |;井井井;|十|下 下 下

681 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 01:13:42 ID:ONneelHg0


             __.... - -- - ..._
        ─=ニ二:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``ヽ、
           , ‐'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       , ‐"イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /'´/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
     /:;イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::ハ
      /イ::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::ト、::::::::::ト、
     /:::::/:::::::::::{:::::::::/:::::::::::::::::::::::|!::::::::::::::::::|ヽ}::::::::{
.    /::::;イ::::::::::::|:::::::/::::/::::::::::;イ::::|=}::::::::::::::::|ノノ::;ノヘj            一般と比べてどれだけ優れていても、上には上が存在します
   /:/ |:::::::::::|::::::{::::;イ::::::|::/ |ル' |::::|::::;イ::|i´,|/: : :ヘ
   /'´   |:::::/:::|::::|::ヘ弍|::/" ゞ≡'"|:/:::/ y'j/: : : : : 〉、          プロのスポーツ選手になれたとしても陽のあたる選手は極一部
        |::イ::::ハ::|::::::ヘ.ル' :::.    ' |::/ /: : : : : : //.:.:ヽ  
       !' |::/ |ハ::::::_(.._       レ /: : : : ://.:.:.:.:.:.\       大半はプロでも名前すら覚えられず、収入も人並みかそれ以下
        レ  ! ル{´.:.:.:.7ー=、   , -ヘヘ: : ://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ 
               |.:.:/  /`ー ' ヾ \`´/ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ     例え稼げるようになって年収3000万を得られていたとしても
              ∨ ヽ    ヽ 〉/ `´   ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ 
              ゝ {     ン´__,.. -‐    >.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    その中には3億、5億を稼ぐ、まさに天才も存在している
              ィ} ヽ  ヽ、/       r'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
             ノ   |  ヽ{ヽ、       |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    
             /   j     〉、 ヽ      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_, --‐‐
            /     /}    ノ r‐、       |.:.:.:._, -'´         ここまで到達したからこそ、努力ではどうしようもない壁がある
          __「{_,. -/:ノ   / └-二‐‐-、  レ'´
     _,....,,_/ ゝ-‐  ノ.:.l 、/        ̄`´        _,. --‐‐    そんな認識をしている冒険者に示される『希望』です
     /.:r/     /.:.:.;'  }、     ヽ、  i    r‐ ' ´
    ノ.:.:|      {.:.:./    ノ ヽ- -‐ ‐- `ヽ ヽ   ヽ __r‐‐て)ヽ
  /.:.:.:.:`ヽ、   /´入}  , '       __,. -´ ̄}   ヾ、{ 、ゝ‐'/
. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`7.:.:.rヘ_∧  }     r‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:|     \ゝ'イ
'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.イ.:/  i、.∧ |    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|         `´|

686 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 01:15:56 ID:ONneelHg0


.        ヽ    、                      \
        /`   '、                        \
        , '    l  ト、    \                   ヽ
      //    !  '、\   ヽ                   ',
      / /   /l l ヽ'、 \   ヽ                   l
     , ' 〃   //∧', ト,'、  >-、 ヾ',ヽ                 !
    ,' //     / ','、ヾ>、<,.ィ≡ミ、ヽl   l     |         l
     !/. !  | !   ト-、',l ヾ', ヾ'、彳 ノ::::} }ト、  !     l-、      !
     |! l ハ l  | .l,.ィミ、      ゞ-rシ,.   / !     、 ',`、 !      l      自らのこれまで努力した結果が一部失われる
      ! l !  ! '〃,ハ      ゞ'"´  / /!     ト,'、 l !       !
      ', l ',  ! '、_り'::::::::::       / //      ! ヾ ノ     l|     でも今までも頑張ったんだからまた頑張れる
       ヾ ヽ  ! K´           /, '  !      l /    l   l!/
          ヽ,l  ! ヽ       /´  !     l l! l   〃 /′     そんな人の心理を利用した施設になり
           /  '、  ,..,,...__       ,' /    l! l ! |   ///
           / 〃 >、 --       / 〃   /l l l l  / '´         また成功者の噂を流したりすることで
         / / l   \         / /イ   l l,.l lイ l  /           自分もそうなれるのでは?
         /'´ ./       >、  __,. -ァ /ニl  / / リ l´l l!
           / /   /! `T´,. -‐〃'´ /  / /    l/ l           そんな『夢』を抱かせます
          /〃  / / / { </ |ィ_/ ,.ィ /       ト、
          〃 l  , ' / /   !, !ィ / / //  _,,...-―''"´ ̄`''‐-..,,,__   勿論それは利用者が『勝手にそう思うだけです』
          ´ l /  !/   _,,.ll' l Y/ _,,..-‐''´
           l /   ′,.‐'´  ll_j_,.-‐''´                     成功者はいます、そして失敗者も居ます
           l/,.-‐''"´    / |        ,. ‐-- ...,,,,_          そんな『夢』の施設です
         ,.-‐''´  ,.-‐''7   , ' ,'      ,.-''´        ヽ     /

692 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 01:18:10 ID:ONneelHg0


  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  ||_______________________|
      |   |        || 削 ||       |   |
      |   |_..       || 除 ||      .._|   |
  .   | ̄|   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..|   | ̄|
  .   |_|   |,______________,|   |_|                ゲンドウの語った転職を神聖視してる理由
      |   |                     |   |
      |   |      .    | ̄| .          |   |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |   | _____/|_|\____ .|   ||こちらが有名な        これに関して説明するほどのことでもありませんが
      |   | |_____/  /\ ..\___|...|   ||○○神社です。
      |   |/     /  /|| || ||\ .\..  .ヽ.|   |\_____         日本でも初詣には大きな神社に人が集まります
      |   |_    /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.  \.  _|   |
    ../|   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..|   |                  また世界的に見ても有名な大聖堂
   / ..|   |,______________,|   |
  .. ̄ ̄|   |                     |   |                  観光地や、AAにもなっている宗教施設ですね
      |   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..|   |
      |   || ̄| ̄ ̄ ̄ ̄~(¶ )~ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄||   | o                それらをありがたがり、神聖的なモノとして人は崇めます
      |   ||  |____ノ. ヽ,,____|  ||   | | ̄>
      |   ||  |  |十十十十十十十十十|.. ||   | | ̄               こういった宗教的建築物が存在する理由
      |   ||  |  |十十∧∧十十十十十|.. ||   | | ∧■  ∩_∩
      |   ||  |  |十 (  ,,)...十十十十|.. ||   | |(’ヮ’ ) (´∀` )      そういうことですね。
      |   ||  |  |十 /  |  ̄|_ 十十十|.. ||   |⊂|:/>つO[◎⊂ )
      |   ||  |  |十 (ヽ_) ..|_ 十十十|.. ||   | /__ゝ | | |
      |   ||.三三三三三三三三三三三三三||   |  UU  (_(_)

696 名前:ぱっくん ◆ag7cfTs1oY[] 投稿日:2016/10/29(土) 01:19:57 ID:ONneelHg0


以上で8章あとがきは終了です

次回の本編投下は日曜日の投下予定

あとがきにまでお付き合いいただきありがとうございました




関連記事
スポンサーサイト











アクセスランキング ブログパーツ TSFダンジョン運営本編(ナンバリングのみ)堕落の坩堝やる夫の人生ゲームキル夫ポケモントレーナーダンジョン運営中世編やる夫の戦国デビルサマナー水銀とーちゃんシリーズモンスターマスターできない子編