【大番長】キル夫は満足同盟を受け継ぐようです 153


542 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 21:27:58 ID:kO7X3Q4g0


それじゃあ、そろそろ始めます。


543 名前:次安価あり ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 21:28:33 ID:kO7X3Q4g0



【もうひとつの戦い】



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::: :::: :::: :::::::: :::: :::: :::: :::: ::::
 : : : : : : : : : : : : : : :┌───┐: : : : : : : : : : : : : :
                    | 口:口:口 |.  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .
 /| ̄ ̄ ̄|  _____| ̄ ̄ ̄ ̄| 口:口:口 |          _____
 |::::| [] [] []:|/| ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |         .|         |\
 |::::| [] [] []:|_| ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |──┐   __|[]_[]_[] [] [] |::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|.___| lll lll lll |\:ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
______________________________
Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二I二

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ キル夫を取り戻すべく、夢の島に乗り込んでいった柊たち。
┃ 彼らの尽力によって、キル夫は無事に元の居場所に戻る事ができた。

┃ だが、それと時を同じくして、残された者たちもまた、強大な敵と熱戦を繰り広げていたのである。
┃ 今回は、その顛末について語るとしよう。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



アクセスカウンター
アメリカンイーグルスズキ自動車光岡自動車メルセデスベンツゲイ


【大番長】キル夫は満足同盟を受け継ぐようです まとめ(4/21メンテで文字化け)

【大番長】キル夫は満足同盟を受け継ぐようです(4/21以降の更新)

545 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 21:29:51 ID:kO7X3Q4g0
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
         ,  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
         iヽ、l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l ,',
          i:::::::::::::,⌒丶:::::::/⌒i:::::' ´/
          ゝ:::::::i   ヽ/   }:::::::ノ
           \i`i≧、   , ≦i´i::::/.
              ゝi '- ・` '・-' ,iノ ´
{ヾニ ̄ ̄"'''‐-- ,_   ゝ  ,,_   ノ    _,, -― ''――==ァ
 ゝ l `ヽ、_  l  l  l`iー''i´ `ヽ、ニ/ ヽi`i ''´l  l  l , - ''"´/
   `ー-i:::::::丶、l  l ` 、,, ` ー ´   ノ  l  l/:::::::::i l/
      i:::::::::::::,_ニニ、 l  l` ー-‐ ´  l  l /:::::::::::::/´
      i:::::::::::'ニニニヾ-――''' ´ヽ` ー-、 /:::::::::::::::::::}
      ヽ:::::::::`ァ '" `i         /:::::::::::::::::::/
       i::::::::::::::::::::::::::i    _,,, ‐ i´::::::::::::::::::::::/
       i::::::::::::::::::::::::::i _,. -'''  i::::::::::::::::::::::::/
        ゝ、__,,, -  ̄ "'''- .._i_::::::::::::::::::/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 事の起こりは、彼に始まる。

┃ フリーザ社長の勧告によって、もう自分に後はないと焦りを感じたベジータ。
┃ 彼は遅々として進まない地球侵略計画を一気に推し進めるべく、ある恐ろしい計画を実行させたのである。

┃ そう、それこそが――


┃ ① 鉄道連続爆破作戦
┃ ② 降雪作戦
┃                                                           【安価:↓3】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

548 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/05(日) 21:31:16 ID:SgPNBTL60





550 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 21:36:53 ID:kO7X3Q4g0

         | /    \ j冫`ヽ        /
            | |   ヽ / | 卜  |        /      俺が調べた所、この東京と言う地は雪に弱い。
           ||  /\ ヾー'  | /     /
           |  |/´     ∨/     ´' -,,,_     ほんの数センチの降雪で、交通機関は機能しなくなる。
         |  ||\     _ム,,,,,,,,、__──'''''´
          |、_| / ,,         ヽ、           そこで、だ――
          ) ` ´       〉     ヽ
          /,,  /| ,    /:    !  ヽ、
           `~'''‐'、   /;;     !   \

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そう、降雪作戦である。
┃ 軌道衛星上に設置した気象操作兵器により、ベジータは東京に特殊な雪を降らせると言う行動に出た。

┃ そう、常温の中でも融ける事のない雪を、東京の各所に次々と降らせていったのである。

┃ これにより、主要な交通手段の機能は完全に停止。東京の経済は大損害を受ける事となった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

551 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 21:45:08 ID:kO7X3Q4g0
       ,. ─- 、,,.___
      ,イ〃          `ヽ,__
.   N. {'             \
.  N. {               ヽ
.  N.ヽ`               〉
  N.ヽ`        ,.ィイ从       /
.  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく    地球は、狙われている!
    lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !
    ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ
       !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´
       ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\
  -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-
    /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|
.   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |
  / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|
  T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そのような異常気象が自然に起こった事でないと言う事は、誰の目にも明白である。

┃ 異性人の脅威から地球を守るため、キル夫によって設立された地球防衛軍イリアステル。
┃ そこに所属する異星人研究のスペシャリストであるキバヤシ氏は、これが異星人の攻撃である事を看破。

┃ どうにかして衛星軌道上の気象操作兵器を破壊しなければ、この異常気象は終わらない事を発表する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

552 名前:次安価あり ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 21:49:08 ID:kO7X3Q4g0
:::::::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::o:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::十:::
::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::・::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::
:::○:::::::::::::::::::::::::::::::::o::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::・::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ̄~"'''‐-,.、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡⊂二⊃::::::::::::::::::::::
:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙''‐.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::
"‐--‐‐,        ''.:.:.:. \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::/"          .:.:.:. ゙‐、:・::::::::::::::::::::::::::::::::::::o:::::::::::::::::::::
:::::::/               .:゙‐、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::
/~                  :`、:::::::::::::::::::::::::o::::::::::::::::::::::::::::::
                      ゙、:::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       ゙、::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::
                        ゙;::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::
)  __                    ゙;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  (:::::::/                   :,:::::::::::::::::::::::::::::::::o:::::::::::
  ノ::::/                    ;:::::+::::。:::::::::::::::::::::::::::::::
  |::::|                     i::::::::::::::::::::::::::::::::::::・:::::::

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 気象操作兵器を無力化させる方法は二つ。

┃ ひとつは地上からの狙撃によって、衛星軌道上に存在する気象操作兵器を破壊する事。
┃ そして、もうひとつは宇宙船によって気象操作兵器の場所にまで向かい、それを直接破壊する事である。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

554 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 21:53:21 ID:kO7X3Q4g0
                   /:.:.:.:.ヽ:.:.{_ ,..-,
               ___!:.:.:.:.:.:.>/ {:.:.:l
           , ´ ̄       |:.:.:.:.:/:.:.:., l,:.:.':,
          /      \__|:.:/_:.:,..-ヽ- 、}
        , ´    _,....__r'''´ ̄/ _} /: , ,}
        /    ,. { /: :\   /: : :,: : : : : V
       _,'-―‐'´ ̄ V: :,X´、_`ー': }: : : :.!: : l: : :l
        (  /: `: ー_-': : :.l  ,.ュ、ヽ!l: : : |: : :l: : : :.
       \l: : : : l´:ハ、: : :.゙、 イト、,リ /: : :イ: : :l: : : : :-,
        イ: : l: : :._,..ェォ、ヾ:j ` ´ ムイ: : : l: : : : : ニ、
          ヽ、:ヽ: : :、弋ソ〈      /: : : /: l: : : : l`ヽ
          `ヾ_ゝミ、    /゙  イ: : :/: : l: : :{ソ
         ,  ´ `¨ }、  ´   /l!: :/ ー-ニ、_ゝ
        /      y }: : ≧: ー '´/レ' `{フ´  `ヽ
      /    _,.イ`¨:/T{コl /-、∧、   /ハ!       、
     /   /´ /ヽ: :.{ ,{フ/!/ソ:.:ヽ ,/フ}      ヽ、
     /   , '-- '   ヾj//:.:.:/:.:.:l:.:.:V'´ l        \
.    /   / {     /,イ:.:.:.:/:.:.:.:.}!:.:.:.l  ヾ、     __   ヽ
   /   /=-、    / /:.:.:.:./:.:.:.::./:.:.:.:.:l   {!    {:.:.:-,-、:.:.:l}
.  /   /´ {, ヾ、, {  {:.:.:./:/--/:.:.:.:.:/    l    ヽ__>--〃

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ どちらの手段を取るにせよ、そこには大きな危険が伴う。
┃ どうやって気象操作兵器を無力化するのか、会議は荒れた。だが、話し合いの結果――


┃ ① 狙撃作戦を行う事が決まった
┃ ② 宇宙船で気象操作兵器の所まで乗り込んでいく事が決まった
┃                                                           【安価:↓3】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

557 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/05(日) 21:57:57 ID:qunzHd1M0


1


558 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 22:03:54 ID:kO7X3Q4g0
          __ _
     ,.. ´:. :. :. :. :. :. :. :. :`  、
    /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.`:ヽ
   ,´:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.`ヽ、 :. :. :.\
   !:. :. :./:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ,, :. :. ト、:. :. :. :\                _
  ,':. :. :.′:. :. :../:. :. /:. :.,/’1:. :. :! ヽ:. :. :. :. :i                 /l(O)ヽ
.  ハ:. :. :l!:. :. :. /:. :. /:. :.,/  .}:. :. :!  .i:. :. :. :. |             /  ヽ_ 。'
 /:..i:. :/:|:. :. _/_;_:. :. :./\ .ハ:. :. ! /!:. :. :. :..|             /:::::::/::::ヾノ
 :. :.|:./:. ! _yー-=≧´     .ハ:. :. !  |:. :..!:. :..!           ,/:::::::::::l´:://    銃は使えるけど、狙撃は専門外♪
 :. :.l:. :./\\/ィ"     ハ :.V   i!:. :.|:. :..|         ,/::::::::::/ヾ:ノ
 :. <___<>、 <:l ==x .ハ :.V ,ィ==|.:. :.i:. :. !        /|:::::::::/::::/l
 :. :.|:. :.{. ト、,|:. :.\>     レ'^'   .!:. :.ハ :. .!    /|/:::::/:::://
 :. :.|:. :. |ヽ. l:. :. :..!.         、   } :./:. :. :.|    l:::::::::::::/::::/:(
 :. :.l:. i:..|:..ヽ!:. :. :.| ""   r―v   ,ィ:. /:. :. :i:.′   _',:::::::/:::,..'.___|::::|
 ヘi`ヽ!:.l:.「`!:. :. :.|>,1  ゝ.ノ_,< |:/:. :. :.ハ/    .`',/:::/:::(_| ::l )
    \lヽ.|:. :. :.l"´ .| `/,、7!./-- レヘ:.i :/ ″  .- ' /::::...、:'、/:://
  \    `|:. :. :.|_  ̄   \ヽ  \レ′     ⌒`l,,.-'''")x', :::.',
    `    |:. :. :.| 'ー―ァ   <  フ   ̄〈    /  /ox、''''"~´)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 最終的に、狙撃作戦を行う事で話は纏まった。

┃ ……だが、ここで大きな問題がひとつ。
┃ 地上から衛星軌道上の標的を狙い撃てるほどの、優れた狙撃手が何処に居るのかという事である。

┃ しかし、意外な所から、その解決策は見付かった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

559 名前:次安価あり ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 22:12:47 ID:kO7X3Q4g0
             ,r-、              \
            /`ー'            ヽ   \
           /           ,     |    ヽ
           |    |      /      |_     ト、
           |    ヽ    /      ___ヽ    ト \      むう、これは……!
           |     \  / ,..-、― ナ /    | `ヽ \
         _,'-'´`'`'`'`',...}____   ̄ ̄ ̄ ̄ ニ   ,.|__  ヽ \
         ―:,.: :,:: : : : ::/- 、 \ヽ\ ヽ __    ´/ゝヽ |  \
       -=='´::://:/://   \ \ `       〈=  | |   \
      ニ,.::::::/::// /  '´   \ \   ヽヽヽ / > / .|     \
       / / ::::::://__ヽ,       ヽ、\|ヽ|ヽ::::::::..../   |       \
      / | ::::::::// | | ヽ       \ \:::::::::::::::::::::...  /        \
    /  | ..:::::| |  .| |   |         ヽ |:::::::::::::::....  /
   /   | .:::::| |   ><   }          | ,l::::::::.ヽ   /
  /    | .,./:/\゙、 |  | /         /::::::::\  /
 /     ヽ //::: ゙、゙、{  } /        /::::::::::-、::::\/
/       ゙、// /:: \ ̄/      ,..-'´:::::::::::::::::::::\

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ イリアステルの科学研究室により、ある事実が言及された。

┃ 電光戦車。七英雄の一人、ボクオーンによって作りだされた機体に搭載されていた人工知能。
┃ その中には、非常に高度な火気管制プログラムが搭載されていたのである。
┃ そう、この狙撃作戦を可能とするほどの。

┃ イリアステルは急遽、気象操作兵器破壊作戦の為に、電光戦車の新たなボディを作成する事を決定した。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

560 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/05(日) 22:13:36 ID:Jjs/8kqE0

ここで電光戦車のボディか!



561 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 22:15:28 ID:kO7X3Q4g0
       /:.:.:/.:.:.:/.:.:.:/:: ..:.:./:.:.:: / l:.:..:.:.:.:ハ: l:: .:.:/ l:ハ:.l.::.:.:..:. :.:.:ヽ
     /:. ::/:: .:.:':.:.:.:.{.:: .:.:./:.::.::/  l:.:.:.::/ l:.l::..:/  lハ::.、:..!:.: : .:.:.:.ヽ
  ___ノ:.:: ..:l:.: .:.::{:.::.:.:l:.: .:.:{_:.:.:/-─‐!:..:/   ヽハ:{    \ヽl: l:.: : :.:、:ヘ
 ヽ:_.:ィ:.::{.:l:.: .:.:.:l、::_l〉':´ハ:.:./    l::/           ヾ:ヘl:.:. .: .:.ヽヽ. ___
     l:: :lノl:.: .:.:.::l メ:.l ヘ::l_ヽj─、- l/       ⌒ヽ     l.:r:ゝ:.: .:.::',─‐ '´
     ', ::/ {.: .::.:.l リ '´ _二ミ             ヽ、  l:.ノ:.:. .:l::.ト.::,
      l/: /ハ.: .:.:.:l _ イ/´ ヒうハ          r‐‐ 、  V /イ.:.: .:.:}:.:ハ:.l
     /: ハ { ヘ:.:.:.::l / / fフしィ}           ィrテミ、ヽ l/イ:.:/:.:.:.ハ::lヘ:.!
    ,' / ヘl ヘヽ:.::〈 {  tり ノ         イんろ}ヘ   !/:/::イ:./ l:.:! li
    l '  { ( l ト、:.:ヽ‐ゝ‐一'‐     ,   { tソ リ! 〉 /:イ.:/l.:/ l:/ リ
    {l   ヽヽ ヘ ヽ:>:::::::         l    辷 ソ / イ////  l/
         \ソ            /     ::`:::-  /^} /  リ
          トハ       __      ::::::::   /rソ/
          ∧ト、     (      ` ァ       /ノ/
            }l ヽ    \     ノ       /- '
            l  \     ` 一 ´    ,  ´
              __l   \    ̄   _ rイ
           {´ k__    ` 、__ . < lァヘ
           |ー - 二T ー ───‐┼'_イ
           l::::ハ::::::::l 「:: ̄ ̄ ̄:l 「:::::l

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そして、その結果、出来上がったボディは――


┃ ① かっこいいの
┃ ② かわいいの
┃ ③ 前と同じ
┃                                                           【安価:↓3】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

564 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/05(日) 22:16:59 ID:SgPNBTL60





565 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 22:23:47 ID:kO7X3Q4g0
  ,. -―-、, -z:ァ―rー―- 、
. /::) (:)///  イ (7 (」 lヽ
 ト― <_/:::∠__ |ヽ、____,ィ
 ヘ  l::○::::::::::::::::l      |     ロロさ~ん、お久し振りです~!
.  }=八_,.. ̄ ̄ ̄ゝ      /
  `7\ / ̄ ̄|/l`ー--‐イ.       私です、元・電光戦車です! 新しい身体に生まれ変わったんですよう!
     ̄lT ―-..__∧ \___/
.     ||‐‐ -|   `ーイ         これからは、ぜひアッガイとお呼びくださいね!
     |l-0 .-|  _ /
     /\ ―|/    〉
    `} ̄ヽ 7ー--''">ー/r―、
     |  ̄|  |―、/  〈 |__/|
      ',  ',_/ヽ  \ /   /
     |几几l /| ―'" 丶 /
     └――'′ ヽ几几__/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ かつてのボディとは違い、実に可愛らしい物であった。

┃ 新しい身体に生まれ変わった電光戦車……いや、もうその名前で呼ぶのはやめよう。
┃ アッガイはロロと共に戦う事を快諾し、ここに狙撃作戦は決行の準備を完全に整えたのである。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

567 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/05(日) 22:25:10 ID:SgPNBTL60

たしかに可愛いが求めていたものと違うw



569 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 22:27:26 ID:kO7X3Q4g0
      ,_
   _ \`''- ,
   `> `´ ̄`ー≧ ,_
 _ /r'´`',  _   \
.〈 〉弋_,ノ  \`''- ,_ ヽ、
 ト、   .ト、   \  ヽ } \
. l ∨  .∨\    ̄ ./  \
  Ⅵ.|   ∨ .\   /    ∧            _,,-┬┬一- ,,_
  \|   \__ノ /     ∧           /  /:::::|     \
    `-,_    _,/         ト、        /__,ノ:::::::|______ヽ,_    いきます! あれを狙い撃てばいいんですね!?
      `-<´          ノ}\-,,_     ノ:::::::::::〇:::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
        `- ,_      /ノ  } ヽ`'┬-<  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ___    `>  _,,-一-,,_
            `' ー─一< _ノ  }  }  `ヽ`Y彡ミ>/´- ,_   `〉- '´ / r'´`'  \
                  `'=,__,/   /   }. L__,>」'\ `'-<    /'フ 弋_,ノ  ∧
                     '‐,,__/    |  |__>_,,,>、ー-`\ .〈/ .∧   ∧. ヽ〉
                       \    / イ rー.─┐  }. r´ ヽ∨| ム/   マ,〉  |
                         `‐┬ '´ /| |__,ノ __|_ 弋_,ノ } \,_     _,/
                          ∨_,ノ \_,, - '´. } `' -,_ .|  _>-ー '´
                             \  _, へ,_|   __|    `7_,/
                                Y´     .|'´ ̄ ./`' - ,,_./
                            _|__  L一7'' - ,,_ ./
                           /    \.|_,/_    /\
                          ./         .| /  `' -,/  .\

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そして、アッガイは衛星軌道上の気象操作兵器に、地上の狙撃ポイントから照準を定め――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

570 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 22:29:09 ID:kO7X3Q4g0
                               ヽ`
                              ´
                               ´.
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 高難易度の狙撃に成功。見事、気象操作兵器の破壊を成し遂げたのである。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

571 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 22:33:34 ID:kO7X3Q4g0

      i!  i!  マ    .ト、  .i!   /.'    '.マ、 ヘ 、 マ/  /|:マ|二二ニ/
" >、,r= y マ .| __,,マ   | ヘ  i!  /    |  ヾ .  }V { /r|ニ.i!二二/
  /  /  マ f / マ   i!  ヽ、 ',      .}   ヽ リク /| .|i二二二リ"
 ./  /    マ{./ / マ  | ヘ  マヽ、 `=--   ----='/ / .| !i二二ニリ
../  /     .,' ,'  マ  ト .ヘ  マヘ `ヽ     , イ ./ /. / / |二二 リ.{
'  ./      i! i!   マ | マヘ  マヘ   ヽ,, イ /,イ / / / |二二リ .|

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ こうしてベジータの恐るべき計画を挫く事に成功した満足同盟たち。

┃ ……だが、彼らは知らなかった。
┃ 自分達の活躍の陰で、密かに暗躍を行なっていた者が居たと言う事を……。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

573 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 22:36:23 ID:kO7X3Q4g0



                     ●


                     ●


                     ●



    /、;:;:;:;:;:;:;:;:;ー-:;、_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
   ./ミミミミミ、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ー-;:;、;:_;:;_:;::-‐'"´i
   lミミミミミミミミミー-::、;;;;_;:;:;:;:;:;i;:;:;:;:;:;:;:;:i
  ,!ミミミミミミミミミ   _;`-、;;;!:-‐'''´|ミi
 //`,ヾミミミミシ‐'″  'ー‐'  :  'ニフ' i;/
 l l ,rヾミミミ      _,,,,,   ノ  _,,_ l
 ',ヽヾ、ヾミミ     ィで)ヽ、   r';ィび、.ノ
  ヽ、__,, ミミ      `゙゙'''"フ`  | `゙'''フ'i
  〃 i l ミミ      /´    | `ー'´l
  /ヾ.l ミミ       /'    |  /
. /:::::',ヽヽ`       / ` `゙ー-' /
r/::::::::::',ヽヽ           i:i ', /
/::::::::::::::ヽヽ\    '"ー===-'/
ヽ:::::::::::::::::ヾ、 ` 、   ゙'一''ー'ノ′
、 \:::::::::::::::ヽ  ` ー‐-t't::i´゙ー-、
.`-、 `ー-:、::::::ヾ'、     //:::l ヽ `゙ー- 、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【麻呂】
 はあ……失敗でおじゃるか。ベジータ殿の計画、今度こそ上手くいくと思ったのでおじゃるのになあ。
 まさか、地上からの狙撃で気象操作衛星が破壊されるとは……。

574 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 22:40:24 ID:kO7X3Q4g0
                       , < ̄l ̄> 、
                 ∠`^⌒ |  ~iニヽ
               ∧_ `‐く | ー'^l⌒∧
                ト、__ゝー、  |   ノ f^Y|
              __{ヽ `⌒^ |  ~ァ‐'^}__
                 ヽ ∨`^⌒~ |   ^~∨ /
          _,  ―ヘ{┬‐。、 `Y´ ,。‐┬}/―  、___
.           〈_ `マニl   ヽ` ー‐`┴´ ―´/´   /´ _〉
           -ヘ ∨ヽ_∧  ヾニニフ ∧__/ / /‐
              -ヘ `ー―   > 、__ <  ―‐´ /‐
.              -ヘ        |         /‐
.                \________人____/
                       ⌒i⌒

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【サイバイマン】
 地球人も侮れない、という事だな。





        !::::::/´   ノ三三三三三三三二:::
         ゝ'rァ   '‐-、_三三三三三三三:::
          /        \三三三ニ::: イニ.、
        i  :::rェ、_     1三二::::/::ヽ 、
        ゝ,  .|ツ'´     i三ニ::/  t_ヽ `
         ./   !;;:'      i三ニ::i  い フ
        /   :       |三:::::!:::__,,/
        / __ :.        ヽニ::!:::]ヽ_:-'"
        ヽれ;          '_=ノ ::::): : : ::;
         i            ::;:;:;;:/  ::;;
            c,,,,,___       ::::::::::::;;;:;;/  ::;::
          冫゛      :::::::::::;;./ \  ,,..
          ヽ_::::.    ::::::::;;:;;::/ ./ / __
            `i   :::::::::::;;;;;/ / / /__,,
            ヽ_ノ;;;::l:::;;:;// /..-'‐"
               `´`´ ゞz,/ ヽ__,,.-‐'"

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【麻呂】
 そうでおじゃるな。

 ……はあ。
 地球人どもに技術を盗まれる可能性を消すためとは言え、破壊された衛星の残骸撤去は億劫でおじゃるなあ。

575 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 22:42:43 ID:kO7X3Q4g0
             . ´  ̄`ヽ.> 、
            /‐z.._,r    ∧  ヽ
              i┬┘-┐   ∧  ハ
       r─-、__|7三┤r‐      !  |
      / ̄ハ |,_∨ヾへ      l   :|'7
  ,, ´ ̄` ー- !|ヾヽ.     __    |  //
_/_     _/   ∨ハ`ー<`。、_/∠! 7
}─ 、 __/ /l     `ー! | _____/ ∧
    )      } !     ` へ.. _`ー//´ ∧
  ( r 'ヽr 、 / ゝ..     /   ̄ ∧ / ̄`ー
ヾl r‐、ヾ!べ へ.      ̄ ̄\___/ ゝk
  `"!/ ( ̄`  > ..     ..ノ      ゞ..__
      / ̄\    Y´ ̄  {
    /    .\ .>┘   _)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【サイバイマン】
 そう愚痴るな。ボーナスも出るし、後の事を考えるなら必要な作業だ。





              /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
              /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
               l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
              ,!;:;:;:;:;:;:;:;:__;l__;:;:;:;:;:;:;:l
             ム;:''"´ ̄__;:;|;:;_~`丶、!
             ,{__, ィ''"´ r‐っ  ̄ r-、丶、;:;l
            ,'ミミ:::::ゝ , .  ̄:.    ``′,}:`i!
           ,'ミミ:::/ ,. -‐- 、:.   , - 、ヾ:::l
           lミ:::::' ,:' ,ィ戓ニ>,:' : ィ戓ゝ、゙i::l
          〃ヘ:::j :.  ‐ '" ,. ヽ` ニ   !:l
          {に}ハ::, :.:.:.:..   (r:、 ,、〉    l:ハ
          ヽいjl::', :ヽ    ,' ; ヽ  ノlノ}
           丶-ltツ .:.: l:.:  ,r'ニ=ニ、 ゙i,   i_ノ
             l  、:.:.l:.:  ` ''―''" 、 /
             ト、、ヽ丶、:.:..   ノ:/
            ,(ニヽミミ=、、::.::.::.::''"/
           /:.:.:.`ヽヽ、:.:.:  ̄  ,!
   ___,,r―'‐-- 、、:.:\\:.:.:.   l、
/"´⌒丶:::::::`ヽ、``ヽ、::::::`ミニゝ丶、  八
:::::,r―-、:ヽ::::::::::`丶、`丶、::::::::::::``7=く、L,_

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【麻呂】
 そうではおじゃ…………………ん?

576 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 22:44:50 ID:kO7X3Q4g0
                   .. -──- 、_
              . ´ ̄`ー<   i `ヽ
       _      /´ 7  /`    .′  \
        | > 、  />┐`ー{__   .′    ヽ
        ∨ ハ /´ ...」 ヽ     .′      i
       ∨   i \_  ゝ,..      .′      |
       |  .′ .ハ        .′      ┤
        ∨ (      i      /        .′
        i  ) 、   \.     /        /
    . -──->、| l\   ヾ.  /         /____
  /: : : : : /  ..:| |_ \  i ./ r / ̄    /-─   > "
 ./ : : : : : i    :| | `ー゚ `、 ./     _____7 /> "
ノ| : : : : : : l     :| | i^`_  `ー<゚ ̄///> "
ヾ! : : : : : : |    | |  `ー- ..__-、 ̄ /ソ "
: :ヾ: : : : : : \   `!    ̄`ー   ' //
: : : :\ : : : : : \__∧_      .//´: ヽ.
: : : : : :ヽ: : : : : : : : : : :\___/ / : : : ハ
: : : : : : ∧: : : : : : : : : : : ハ   .∧ヾ: : : : i

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【サイバイマン】
 どうした?





           |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
           |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
           /`ヽ、;,;,;,;,;,;,;,;,;,;|;,;,;,;,;,;,;,,-ー'|´::ヽ
           i:::::::ミ   ,,,,,,''''''''''''',,,,,,:::::::::ノ::::::::i
          ..i::::::::ミ  ´- ′  '- '´:::::::`丶::::ト、
           |.i::::i''  --- 、,   , --- 、:::::::`i::::r/
          ヽi:::i  -<写-、 |::::,/冥`;::: :::::i:::リ.|
           ト、i   ''_,ノ  |::::::、__ノ ;::::i:::i /
            |_ii      ,  、:::::  ;:::::::::i:i_/
            li     /,,,、 ,,ヽ::::: :::::::::::i:l
             |      ''';''  ヽ::::::::::;/′
             丶   -―-一ー )::::::/゛ト
              1、  --一  ノ:::::ノ/ ノ ヽ
             ,,ノヽヽ、     ,,ノ::/ /;:;:;:;:`,,丶
            ノ;:;:l | `ヽ::::::;;;;;;;;::::::/ /;:;:;:;:;:;:;:r ヽ
        ,,, -''''´'i;:;:;:;i ヽ    ;;;;;:://;:;:;:;:;:;:/::::ノ ヽ、
    ,,--''' rー-ト、'、;ヽヽ    ;/ /;:;;:;:;:,, -'' ン    'ヽ、
  ,,/     ト、_r-- ''''''--'-ー-''-''''ト-'''''  ,,/        'ヽ、
 l          ヽ、__    ̄ ̄                   `

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【麻呂】
 いや、誰かに見られているような気が……。

 ……こんな宇宙空間で、ありえない話でおじゃったな。うむ、麻呂の勘違いでおじゃる。

577 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 22:47:34 ID:kO7X3Q4g0
                    __
                 / λ_   \__
           /l    ヘ´ χυ ~~υ l \
        /l l  {    〉ヘ\τふχξ⌒l∫}
          {/ ⌒ しヘ l人∧ヘ~ゑτγ } /
        > ⌒ </_l 代 〉l<~__\ / /
        {    /::: : \>イ∥[・\ /__〉/l   ノ\
        \  /::: : /:::::::::::‐- \三 ゚=/ l ( /  │
          ┐::: : /::::::::::::::::::::::/⌒ー∠_/― \/._
            .し -へ:::::::::::::: : {          ) / ̄/
           │:::::::::::\_/ ―- _   / ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【サイバイマン】
 そうか、それなら手早く撤去作業を済ませてしまうぞ。





       ト、:;:\:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; --;:─''"!
       l::ト、:;:;:;:` ー──:;:;:''":;:;:;:;:;:;:;:;ィ彡!
.        ':! __` 、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:x≦f三三三三|
         |!ヾ三}   ̄ィ三ヲ `ヾ三三三んヘ
         l! _....   ........    ヾ三三f { リ
        | ft‐rミ .::::''ニニ、   三三rく/
        l `ー='彳 ::ヾイ弋ノ゙::.  三「f”/
        '.  ̄´j:  :  ̄´ :::.:.  ミイ/-’
        '.  ,ィ’  .:^ヽ..     jツト.
            ∨;:ヽ _:ノ \:: `ヽ ハ ト、
          }、ト= ェェ=テアヽ}   / i .|:〈ヽ
     _..,, ィ//:::i ゞ┴シ′   /  ' /:::::ヾ:.___
一 ''"´     :{ {::::::ゝ ⌒    /   / /:::::::::ノィ1  ゙ …- .
           ヽヾ.::::: ー‐一イ   ./ /::::::::イ/ |
          ` ー─┴──一 一"  ̄  ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【麻呂】
 うむ、早く終わらせて、基地に帰るでおじゃる!

578 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 22:53:57 ID:kO7X3Q4g0
               __
              /   \´ ̄\
            /\ζ~λ \  \
            /~χ_,υひ   l  彡l
            lν~⌒ふ_   } 彡}
             } ~ゑτ     │ χl
        _ _ N `γひυ_~   / =/
      /   Y  l \_  __ .\_ // _/ヽ
      〉⌒\   \ソl T「\.\_ 〉// /
      l    l   ヽ[ │ ミ≡彡 ミ/ /l
     /   .人    \\‐-==‐ノ / {
    /    人::::\      ) ̄ ´ / .│
   .│   ノ l:::::::::::丶--―┴‐--イ   }

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【サイバイマン】
 ああ、そうしよう。さてと、まずは……。





    ヽ .ヽ  |十`i、',     , /.|:::::::::::::::::::::\ ̄ ̄ヽ!
     ! /.ヽ |`'丿 '‐ゝ_,. '´ ./ .|:::::/ ̄ ̄` .ゝ
     |.!  |! . ̄ `'‐、 ー' ノ==|:::|=
             // ̄//  .|::| /
             ヾ  | |   |:! 〉___,,.. -─、
              ヽ〈〈    !.  //   /,."``'‐┐
                //  ,. ‐''"//   //     ヽ
              .//,.‐´,. ‐''"// ○ //       |
              ./ ,.‐´   ヽヽ  //ヘ      /
             //       \ /  ヘ     ゝ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【???】
(……気のせいじゃあ、ないんだよ。
 そうだ、さっさと作業を終わらせて、基地とやらに帰るんだな。しっかりと、後をつけさせてもらうからよ……)



                                                【もうひとつの戦い】 を終了します

579 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/05(日) 22:56:34 ID:Jjs/8kqE0

Ⅳ潜入か



580 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 22:58:13 ID:kO7X3Q4g0



【やる夫 ~デュナミスト~】



       |::
       |::       ___
       |::     /      \
       |::    /ノ  \  u. \
       |::  / (○)  (○)    \
       |:::  |   (__人__)    u.   |
       |:::  ┫ u.` ⌒´      /  ╋
       |/⌒╋ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄╋ ̄⌒ヽ
       |_ノ╋ ̄ ̄|        | ̄ ̄╋ ̄ヽ_)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
 っ…………。こ……ここは……どこ、だお…………?

581 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 23:01:09 ID:kO7X3Q4g0
              /`く´  ̄ `> 、
              / /   ヽ _  /    ヽ
            / ,、  , ヽ ー┴ ス  ヽ-  、
         / V ヽ / / ヽ  / / ヽ ヽ\、ヽ
           / 冫/ヽ. Y   |  | |  l_, ..l _ ヽヽ\
        l  l lハ l l    l _ l l  lハヽ `ヽ! lヽヽ
        /{  l l  l l l _,. _'´ l´ヽヽニイ トトヽ   l ! ヽヽ
      / /ィスォj_!、_j j-ィテ∠ イ  }  j l llハヽ./ /  ! l
.     / イ/ lーt、ヽ /´ ̄ィjァ'´!  ト、,.イ ヽl ll | / /, ‐ ニヽ
     i i { ! ト `ヽ ′/, ̄‐ ´/  l lヽヽ ヽ////  `
     | ! l l ハヽ. l /    / _/ -_ ニ フ /ト、j ハ
     lヘヽヽj_ i ! V   i´  /- ' r‐', - ´ --ヽ | , イ7
      ハ l ! ll ハ l    lヽ | , -| / /イ ̄ /  _l_
,. - ― フ l ! | |' ト、l  /j ヽ く l j | j/ ノ / , - ´
     l  ハー' |  ヽゝ'ィ/  Yl / ! レ'l / /
     l  ! l  ト、 |ヽ} !   / // !  !/ /   _  --
、ー 、  l  ! l  ! ヽ. トーl   / // l  l' /  / ̄,. -‐   ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ユーゼス】
 ようやくお目覚めか。おはよう、新即出やる夫。
 この地下研究所では外の天気など分からないだろうが……今日も、実に良い朝だよ。





       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
 お、お前はっ……ユーゼスゴッツォ!? BADANの……お前が、やる夫を……!?

583 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 23:03:53 ID:kO7X3Q4g0

              /`く´  ̄ `> 、
              / /   ヽ _  /    ヽ
            / ,、  , ヽ ー┴ ス  ヽ-  、
         / V ヽ / / ヽ  / / ヽ ヽ\、ヽ
           / 冫/ヽ. Y   |  | |  l_, ..l _ ヽヽ\
        l  l lハ l l    l _ l l  lハヽ `ヽ! lヽヽ
        /{  l l  l l l _,. _'´ l´ヽヽニイ トトヽ   l ! ヽヽ
      / /ィスォj_!、_j j-ィテ∠ イ  }  j l llハヽ./ /  ! l
.     / イ/ lーt、ヽ /´ ̄ィjァ'´!  ト、,.イ ヽl ll | / /, ‐ ニヽ
     i i { ! ト `ヽ ′/, ̄‐ ´/  l lヽヽ ヽ////  `
     | ! l l ハヽ. l /    / _/ -_ ニ フ /ト、j ハ
     lヘヽヽj_ i ! V   i´  /- ' r‐', - ´ --ヽ | , イ7
      ハ l ! ll ハ l    lヽ | , -| / /イ ̄ /  _l_
,. - ― フ l ! | |' ト、l  /j ヽ く l j | j/ ノ / , - ´
     l  ハー' |  ヽゝ'ィ/  Yl / ! レ'l / /
     l  ! l  ト、 |ヽ} !   / // !  !/ /   _  --
、ー 、  l  ! l  ! ヽ. トーl   / // l  l' /  / ̄,. -‐   ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ユーゼス】
 ああ、そうだ。部下に命じて君を連れて来させてもらった。

 ……君に、少しばかり興味があってね。





             ____
           /      \
         /           \
        /   _ノ ::::::: ゝ、  \
          |   (○)  (○)  u |
        \   (__人__)   ,/
        /    `⌒´    \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
 やる夫に興味……? ど、どういう意味だお……。

584 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 23:05:50 ID:kO7X3Q4g0

              /`く´  ̄ `> 、
              / /   ヽ _  /    ヽ
            / ,、  , ヽ ー┴ ス  ヽ-  、
         / V ヽ / / ヽ  / / ヽ ヽ\、ヽ
           / 冫/ヽ. Y   |  | |  l_, ..l _ ヽヽ\
        l  l lハ l l    l _ l l  lハヽ `ヽ! lヽヽ
        /{  l l  l l l _,. _'´ l´ヽヽニイ トトヽ   l ! ヽヽ
      / /ィスォj_!、_j j-ィテ∠ イ  }  j l llハヽ./ /  ! l
.     / イ/ lーt、ヽ /´ ̄ィjァ'´!  ト、,.イ ヽl ll | / /, ‐ ニヽ
     i i { ! ト `ヽ ′/, ̄‐ ´/  l lヽヽ ヽ////  `
     | ! l l ハヽ. l /    / _/ -_ ニ フ /ト、j ハ
     lヘヽヽj_ i ! V   i´  /- ' r‐', - ´ --ヽ | , イ7
      ハ l ! ll ハ l    lヽ | , -| / /イ ̄ /  _l_
,. - ― フ l ! | |' ト、l  /j ヽ く l j | j/ ノ / , - ´
     l  ハー' |  ヽゝ'ィ/  Yl / ! レ'l / /
     l  ! l  ト、 |ヽ} !   / // !  !/ /   _  --
、ー 、  l  ! l  ! ヽ. トーl   / // l  l' /  / ̄,. -‐   ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ユーゼス】
 私が欲しい物を、君が持っている可能性が非常に高いのだ。

 ……神速出やる夫。君は、ウルトラマンと言うものを知っているかな?





      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
  l    |r┬-|     l
  \   `ー'´   /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
 ウ、ウルトラマン……? なんだお、それは?

585 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 23:08:51 ID:kO7X3Q4g0
              /`く´  ̄ `> 、
              / /   ヽ _  /    ヽ
            / ,、  , ヽ ー┴ ス  ヽ-  、
         / V ヽ / / ヽ  / / ヽ ヽ\、ヽ
           / 冫/ヽ. Y   |  | |  l_, ..l _ ヽヽ\
        l  l lハ l l    l _ l l  lハヽ `ヽ! lヽヽ
        /{  l l  l l l _,. _'´ l´ヽヽニイ トトヽ   l ! ヽヽ
      / /ィスォj_!、_j j-ィテ∠ イ  }  j l llハヽ./ /  ! l
.     / イ/ lーt、ヽ /´ ̄ィjァ'´!  ト、,.イ ヽl ll | / /, ‐ ニヽ
     i i { ! ト `ヽ ′/, ̄‐ ´/  l lヽヽ ヽ////  `
     | ! l l ハヽ. l /    / _/ -_ ニ フ /ト、j ハ
     lヘヽヽj_ i ! V   i´  /- ' r‐', - ´ --ヽ | , イ7
      ハ l ! ll ハ l    lヽ | , -| / /イ ̄ /  _l_
,. - ― フ l ! | |' ト、l  /j ヽ く l j | j/ ノ / , - ´
     l  ハー' |  ヽゝ'ィ/  Yl / ! レ'l / /
     l  ! l  ト、 |ヽ} !   / // !  !/ /   _  --
、ー 、  l  ! l  ! ヽ. トーl   / // l  l' /  / ̄,. -‐   ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ユーゼス】
 伝説で語られる、そうだな……地球の守り神みたいなものさ。

 この地球が巨大な敵に襲われた時、人類と自然を守るために現れる光の巨人。
 それが、ウルトラマンだ。





      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
 伝説? つまり、それって実際に存在する訳じゃあないって事かお?

586 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 23:12:39 ID:kO7X3Q4g0
              /`く´  ̄ `> 、
              / /   ヽ _  /    ヽ
            / ,、  , ヽ ー┴ ス  ヽ-  、
         / V ヽ / / ヽ  / / ヽ ヽ\、ヽ
           / 冫/ヽ. Y   |  | |  l_, ..l _ ヽヽ\
        l  l lハ l l    l _ l l  lハヽ `ヽ! lヽヽ
        /{  l l  l l l _,. _'´ l´ヽヽニイ トトヽ   l ! ヽヽ
      / /ィスォj_!、_j j-ィテ∠ イ  }  j l llハヽ./ /  ! l
.     / イ/ lーt、ヽ /´ ̄ィjァ'´!  ト、,.イ ヽl ll | / /, ‐ ニヽ
     i i { ! ト `ヽ ′/, ̄‐ ´/  l lヽヽ ヽ////  `
     | ! l l ハヽ. l /    / _/ -_ ニ フ /ト、j ハ
     lヘヽヽj_ i ! V   i´  /- ' r‐', - ´ --ヽ | , イ7
      ハ l ! ll ハ l    lヽ | , -| / /イ ̄ /  _l_
,. - ― フ l ! | |' ト、l  /j ヽ く l j | j/ ノ / , - ´
     l  ハー' |  ヽゝ'ィ/  Yl / ! レ'l / /
     l  ! l  ト、 |ヽ} !   / // !  !/ /   _  --
、ー 、  l  ! l  ! ヽ. トーl   / // l  l' /  / ̄,. -‐   ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ユーゼス】
 いや、実在はする。ウルトラマンは、確かに実在するのだ。

 ……だが、光の巨人は我々の前に姿を現さない。
 異星人や、異世界人の侵略によって、この地球は危機に犯されていると言うのに、それでも彼は現れない。
 それは、どうしてだと思う?





                /  ̄ ̄ \
               /ノ  ヽ__   \
             /(―)  (― )   \
             |.  (_人_)   u |
                  \   `⌒ ´     ,/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
 …………弱っているから、とか?

587 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 23:16:39 ID:kO7X3Q4g0
              /`く´  ̄ `> 、
              / /   ヽ _  /    ヽ
            / ,、  , ヽ ー┴ ス  ヽ-  、
         / V ヽ / / ヽ  / / ヽ ヽ\、ヽ
           / 冫/ヽ. Y   |  | |  l_, ..l _ ヽヽ\
        l  l lハ l l    l _ l l  lハヽ `ヽ! lヽヽ
        /{  l l  l l l _,. _'´ l´ヽヽニイ トトヽ   l ! ヽヽ
      / /ィスォj_!、_j j-ィテ∠ イ  }  j l llハヽ./ /  ! l
.     / イ/ lーt、ヽ /´ ̄ィjァ'´!  ト、,.イ ヽl ll | / /, ‐ ニヽ
     i i { ! ト `ヽ ′/, ̄‐ ´/  l lヽヽ ヽ////  `
     | ! l l ハヽ. l /    / _/ -_ ニ フ /ト、j ハ
     lヘヽヽj_ i ! V   i´  /- ' r‐', - ´ --ヽ | , イ7
      ハ l ! ll ハ l    lヽ | , -| / /イ ̄ /  _l_
,. - ― フ l ! | |' ト、l  /j ヽ く l j | j/ ノ / , - ´
     l  ハー' |  ヽゝ'ィ/  Yl / ! レ'l / /
     l  ! l  ト、 |ヽ} !   / // !  !/ /   _  --
、ー 、  l  ! l  ! ヽ. トーl   / // l  l' /  / ̄,. -‐   ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ユーゼス】
 そう、正解だ。かつて起きた大きな戦いにより、ウルトラマンは永い眠りに就いている。

 デュナミスト、あるいは適応者と言われる人間の中で眠りながら、その傷を今も癒しているのだ。





         ____
       /     \
      / \   / \
    /  (●)i!i!(●)  \
    |  u , (__人__)    |
    \    .`⌒´    /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
 デュ……デュナミスト……? まさか……。

589 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 23:20:44 ID:kO7X3Q4g0
              /`く´  ̄ `> 、
              / /   ヽ _  /    ヽ
            / ,、  , ヽ ー┴ ス  ヽ-  、
         / V ヽ / / ヽ  / / ヽ ヽ\、ヽ
           / 冫/ヽ. Y   |  | |  l_, ..l _ ヽヽ\
        l  l lハ l l    l _ l l  lハヽ `ヽ! lヽヽ
        /{  l l  l l l _,. _'´ l´ヽヽニイ トトヽ   l ! ヽヽ
      / /ィスォj_!、_j j-ィテ∠ イ  }  j l llハヽ./ /  ! l
.     / イ/ lーt、ヽ /´ ̄ィjァ'´!  ト、,.イ ヽl ll | / /, ‐ ニヽ
     i i { ! ト `ヽ ′/, ̄‐ ´/  l lヽヽ ヽ////  `
     | ! l l ハヽ. l /    / _/ -_ ニ フ /ト、j ハ
     lヘヽヽj_ i ! V   i´  /- ' r‐', - ´ --ヽ | , イ7
      ハ l ! ll ハ l    lヽ | , -| / /イ ̄ /  _l_
,. - ― フ l ! | |' ト、l  /j ヽ く l j | j/ ノ / , - ´
     l  ハー' |  ヽゝ'ィ/  Yl / ! レ'l / /
     l  ! l  ト、 |ヽ} !   / // !  !/ /   _  --
、ー 、  l  ! l  ! ヽ. トーl   / // l  l' /  / ̄,. -‐   ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ユーゼス】
 フッ……どうやら、理解してくれたようだな。それこそが君だ、新即出やる夫。

 ……この地球を守るために存在する、大いなる光の巨人の力。私はね、その力が欲しいのだよ。
 そう! 私はウルトラマンになりたいのだ!!





        ___
      /     \
     /  _丿;;;;ヽ_ \
   /  (○) ;; (○)  \
   |     (__人__)  u .|
   \     |i!|i!||    /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
 ……! ユーゼス! お、お前……そんな力を手に入れて、どうするつもりなんだお!?

590 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 23:24:32 ID:kO7X3Q4g0
              /`く´  ̄ `> 、
              / /   ヽ _  /    ヽ
            / ,、  , ヽ ー┴ ス  ヽ-  、
         / V ヽ / / ヽ  / / ヽ ヽ\、ヽ
           / 冫/ヽ. Y   |  | |  l_, ..l _ ヽヽ\
        l  l lハ l l    l _ l l  lハヽ `ヽ! lヽヽ
        /{  l l  l l l _,. _'´ l´ヽヽニイ トトヽ   l ! ヽヽ
      / /ィスォj_!、_j j-ィテ∠ イ  }  j l llハヽ./ /  ! l
.     / イ/ lーt、ヽ /´ ̄ィjァ'´!  ト、,.イ ヽl ll | / /, ‐ ニヽ
     i i { ! ト `ヽ ′/, ̄‐ ´/  l lヽヽ ヽ////  `
     | ! l l ハヽ. l /    / _/ -_ ニ フ /ト、j ハ
     lヘヽヽj_ i ! V   i´  /- ' r‐', - ´ --ヽ | , イ7
      ハ l ! ll ハ l    lヽ | , -| / /イ ̄ /  _l_
,. - ― フ l ! | |' ト、l  /j ヽ く l j | j/ ノ / , - ´
     l  ハー' |  ヽゝ'ィ/  Yl / ! レ'l / /
     l  ! l  ト、 |ヽ} !   / // !  !/ /   _  --
、ー 、  l  ! l  ! ヽ. トーl   / // l  l' /  / ̄,. -‐   ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ユーゼス】
 それを君が知る必要はない!

 さあ、ウルトラマンよ! お前に相応しい人間は、そこのちっぽけな少年ではない! この、私だ!!!





   _
イ: : : : : 八,ミ x
: : {{{  i川:ィ⌒Y',
: : :≧=ィ: : :≧=ィ:::',
: : : :/: : : : }}: : : : :i::',
: : : :{: : : ィ´≧=、:::}ハ
: : : :` ̄Y i Y !H{: : :ハ
: : : : : ::{;;;;;;;;;;;;;;;;:}: : ::ハ
: : : : : :l{;;;;;;;;;;;;;;;;;;!: : : ::',
: : : : : :i!} r、ハ人 }: : : : :}
: : : : : :しゝ!辷=ィ: : : : : !

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
 っ…………!? が、あ…………!!
 な、なにか……やる夫の中から……抜けていく! 搾り取られていく……!?

592 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 23:28:48 ID:kO7X3Q4g0
              /`く´  ̄ `> 、
              / /   ヽ _  /    ヽ
            / ,、  , ヽ ー┴ ス  ヽ-  、
         / V ヽ / / ヽ  / / ヽ ヽ\、ヽ
           / 冫/ヽ. Y   |  | |  l_, ..l _ ヽヽ\
        l  l lハ l l    l _ l l  lハヽ `ヽ! lヽヽ
        /{  l l  l l l _,. _'´ l´ヽヽニイ トトヽ   l ! ヽヽ
      / /ィスォj_!、_j j-ィテ∠ イ  }  j l llハヽ./ /  ! l
.     / イ/ lーt、ヽ /´ ̄ィjァ'´!  ト、,.イ ヽl ll | / /, ‐ ニヽ
     i i { ! ト `ヽ ′/, ̄‐ ´/  l lヽヽ ヽ////  `
     | ! l l ハヽ. l /    / _/ -_ ニ フ /ト、j ハ
     lヘヽヽj_ i ! V   i´  /- ' r‐', - ´ --ヽ | , イ7
      ハ l ! ll ハ l    lヽ | , -| / /イ ̄ /  _l_
,. - ― フ l ! | |' ト、l  /j ヽ く l j | j/ ノ / , - ´
     l  ハー' |  ヽゝ'ィ/  Yl / ! レ'l / /
     l  ! l  ト、 |ヽ} !   / // !  !/ /   _  --
、ー 、  l  ! l  ! ヽ. トーl   / // l  l' /  / ̄,. -‐   ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ユーゼス】
 安心するといい。ウルトラマンの力は失われるが、それで命に別状がある訳ではないからな。
 さあ、分かったら、その力を大人しく私に渡すといい。抵抗をしても、苦しい思いが続くだけだぞ?





       _-―――- 、._
     ,-"´          \
    /              ヽ
    ./       ::::::::::::::::::::::::ヽ
   |      :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    l       :::::::::::::::::::::::::::::::::;l
   ` 、        (__人_) .;/
     `ー,、_         /
     /  `''ー─‐─''"´\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
 っ……! 命に……別状は、ない……?
 ……だからって……お前みたいな悪党に……その大いなる力とやらを渡したら……!

593 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 23:32:08 ID:kO7X3Q4g0
              /`く´  ̄ `> 、
              / /   ヽ _  /    ヽ
            / ,、  , ヽ ー┴ ス  ヽ-  、
         / V ヽ / / ヽ  / / ヽ ヽ\、ヽ
           / 冫/ヽ. Y   |  | |  l_, ..l _ ヽヽ\
        l  l lハ l l    l _ l l  lハヽ `ヽ! lヽヽ
        /{  l l  l l l _,. _'´ l´ヽヽニイ トトヽ   l ! ヽヽ
      / /ィスォj_!、_j j-ィテ∠ イ  }  j l llハヽ./ /  ! l
.     / イ/ lーt、ヽ /´ ̄ィjァ'´!  ト、,.イ ヽl ll | / /, ‐ ニヽ
     i i { ! ト `ヽ ′/, ̄‐ ´/  l lヽヽ ヽ////  `
     | ! l l ハヽ. l /    / _/ -_ ニ フ /ト、j ハ
     lヘヽヽj_ i ! V   i´  /- ' r‐', - ´ --ヽ | , イ7
      ハ l ! ll ハ l    lヽ | , -| / /イ ̄ /  _l_
,. - ― フ l ! | |' ト、l  /j ヽ く l j | j/ ノ / , - ´
     l  ハー' |  ヽゝ'ィ/  Yl / ! レ'l / /
     l  ! l  ト、 |ヽ} !   / // !  !/ /   _  --
、ー 、  l  ! l  ! ヽ. トーl   / // l  l' /  / ̄,. -‐   ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ユーゼス】
 !? むっ……力の引き出しが、急に難しく……!?





                              ,・'゙ ;;;''";;

                            ∴;;"''
                         ,・'゙
          ___          ;;"・;; ''  ;;"∵' '
       /::::::::::::::::\             ,,,          ;;"'
      /::::::─三三─\     ;;"   ;;   ;;;;"∵∴;;;''";;"'
    /:::::::: ( ○)三(○)\'' ,,∴;;"' ' ∵"・;;
    |::::::::::::::::::::(__人__):::: ;;・"";;   ;"・;; ''  ;;
     \:::::::::   |r┬-| ;"・;; ''  ;; ;;       ∴;;;' '";;
    ノ::::::::::::  `ー'´   \
  /:::::::::::::::::::::
 |::::::::::::::::: l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
 どれだけの人が……哀しい思いをする事になるか……わかったもんじゃねえお……!

 ……ユーゼス、お前には渡さない。
 やる夫の中に光の力があるっていうなら、そいつを渡すわけにはいかない……!!

 がはっ!!!

594 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/05(日) 23:35:26 ID:Jjs/8kqE0

相変わらず凄まじい正義感の持ち主だな、ここのやる夫は・・・。



595 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/05(日) 23:36:04 ID:SgPNBTL60

それ故に周りを信じすぎたため今の状況になったんだがね・・・



596 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 23:36:51 ID:kO7X3Q4g0
              /`く´  ̄ `> 、
              / /   ヽ _  /    ヽ
            / ,、  , ヽ ー┴ ス  ヽ-  、
         / V ヽ / / ヽ  / / ヽ ヽ\、ヽ
           / 冫/ヽ. Y   |  | |  l_, ..l _ ヽヽ\
        l  l lハ l l    l _ l l  lハヽ `ヽ! lヽヽ
        /{  l l  l l l _,. _'´ l´ヽヽニイ トトヽ   l ! ヽヽ
      / /ィスォj_!、_j j-ィテ∠ イ  }  j l llハヽ./ /  ! l
.     / イ/ lーt、ヽ /´ ̄ィjァ'´!  ト、,.イ ヽl ll | / /, ‐ ニヽ
     i i { ! ト `ヽ ′/, ̄‐ ´/  l lヽヽ ヽ////  `
     | ! l l ハヽ. l /    / _/ -_ ニ フ /ト、j ハ
     lヘヽヽj_ i ! V   i´  /- ' r‐', - ´ --ヽ | , イ7
      ハ l ! ll ハ l    lヽ | , -| / /イ ̄ /  _l_
,. - ― フ l ! | |' ト、l  /j ヽ く l j | j/ ノ / , - ´
     l  ハー' |  ヽゝ'ィ/  Yl / ! レ'l / /
     l  ! l  ト、 |ヽ} !   / // !  !/ /   _  --
、ー 、  l  ! l  ! ヽ. トーl   / // l  l' /  / ̄,. -‐   ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ユーゼス】
 ! いかん、無理に抵抗をするから、肉体にダメージが……!

 ……止むを得ん。身体に負荷を掛け過ぎて、殺す事になってしまう訳にはいかんからな。
 デュナミストの命が失われれば、ウルトラマンは新しい肉体に移ってしまう。

 力の引き出し、一度中断する他にはないか……。





         _ ノ゛,, ;、、、 '⌒ゝ、 ',
       `┬;;;:::┬′   ィ===yl
        ⌒゙''''''´"        }
     l!            u   ./
   i! |l     /´   |   ゝ /
\  l| l      ゝ、____人_____ソ
  ` .、  ι     、::::::::::ノ/
   :ミ:ー.、._        ̄  ``'''ー-、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
 ごほっ……、ごほっ、ごほっ……。

597 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 23:42:09 ID:kO7X3Q4g0
              /`く´  ̄ `> 、
              / /   ヽ _  /    ヽ
            / ,、  , ヽ ー┴ ス  ヽ-  、
         / V ヽ / / ヽ  / / ヽ ヽ\、ヽ
           / 冫/ヽ. Y   |  | |  l_, ..l _ ヽヽ\
        l  l lハ l l    l _ l l  lハヽ `ヽ! lヽヽ
        /{  l l  l l l _,. _'´ l´ヽヽニイ トトヽ   l ! ヽヽ
      / /ィスォj_!、_j j-ィテ∠ イ  }  j l llハヽ./ /  ! l
.     / イ/ lーt、ヽ /´ ̄ィjァ'´!  ト、,.イ ヽl ll | / /, ‐ ニヽ
     i i { ! ト `ヽ ′/, ̄‐ ´/  l lヽヽ ヽ////  `
     | ! l l ハヽ. l /    / _/ -_ ニ フ /ト、j ハ
     lヘヽヽj_ i ! V   i´  /- ' r‐', - ´ --ヽ | , イ7
      ハ l ! ll ハ l    lヽ | , -| / /イ ̄ /  _l_
,. - ― フ l ! | |' ト、l  /j ヽ く l j | j/ ノ / , - ´
     l  ハー' |  ヽゝ'ィ/  Yl / ! レ'l / /
     l  ! l  ト、 |ヽ} !   / // !  !/ /   _  --
、ー 、  l  ! l  ! ヽ. トーl   / // l  l' /  / ̄,. -‐   ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ユーゼス】
 ……新即出やる夫。どうやら、君とは長い付き合いになりそうだな。
 あくまでも君が抵抗を続けるつもりなら、じっくりと君の中から力を引き出していってやる。
 少しずつ……だが確実に、な……。

 まあ、今は身体を休めたまえ。





              ______
            /         \
           /ι        i   \
         /   ill      u     \
        /              ___     \
       |       `―-、 、、 '´.. ...`      |
       |      k=弌ミ、 ノヽ..::゙::.:."ノ      |
       \ U   """      ゙゙""   il||l/
         \    (_ _人_ _)   /
      /´⌒゙      l r‐┬、 l    イ
     /            `二二´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
 …………………………………………。

598 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 23:46:21 ID:kO7X3Q4g0
              /`く´  ̄ `> 、
              / /   ヽ _  /    ヽ
            / ,、  , ヽ ー┴ ス  ヽ-  、
         / V ヽ / / ヽ  / / ヽ ヽ\、ヽ
           / 冫/ヽ. Y   |  | |  l_, ..l _ ヽヽ\
        l  l lハ l l    l _ l l  lハヽ `ヽ! lヽヽ
        /{  l l  l l l _,. _'´ l´ヽヽニイ トトヽ   l ! ヽヽ
      / /ィスォj_!、_j j-ィテ∠ イ  }  j l llハヽ./ /  ! l
.     / イ/ lーt、ヽ /´ ̄ィjァ'´!  ト、,.イ ヽl ll | / /, ‐ ニヽ
     i i { ! ト `ヽ ′/, ̄‐ ´/  l lヽヽ ヽ////  `
     | ! l l ハヽ. l /    / _/ -_ ニ フ /ト、j ハ
     lヘヽヽj_ i ! V   i´  /- ' r‐', - ´ --ヽ | , イ7
      ハ l ! ll ハ l    lヽ | , -| / /イ ̄ /  _l_
,. - ― フ l ! | |' ト、l  /j ヽ く l j | j/ ノ / , - ´
     l  ハー' |  ヽゝ'ィ/  Yl / ! レ'l / /
     l  ! l  ト、 |ヽ} !   / // !  !/ /   _  --
、ー 、  l  ! l  ! ヽ. トーl   / // l  l' /  / ̄,. -‐   ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ユーゼス】
 返事をする余裕も無し、か。

 ……また来よう。新即出やる夫。





                       :/ ̄ ̄ ̄\:
                      :/ヽ#;;;、/┳ .\:
               :/(○) (;;;;)  ┳ \:
                   :|┳ (__人__) #;;;;.┃  |:
               :\;;;;; `⌒´ ;;;;     /:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やる夫】
(……………………てやる。
 今は無理でも……機会を見て、必ずここから逃げ出してやるお……!)



                                           【やる夫 ~デュナミスト~】 を終了します

599 名前:コーヒー ◆ZbL7QonnV.[] 投稿日:2013/05/05(日) 23:47:15 ID:kO7X3Q4g0


今回の投下は以上で終了。みなさん、お疲れ様でした。




関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://burakio002.blog97.fc2.com/tb.php/4710-db679d7e













アクセスランキング ブログパーツ TSFダンジョン運営本編(ナンバリングのみ)堕落の坩堝やる夫の人生ゲームキル夫ポケモントレーナーダンジョン運営中世編やる夫の戦国デビルサマナー水銀とーちゃんシリーズモンスターマスターできない子編