管理人が児童文学推薦するシリーズ 6


47 名前:安部農丸 [sage] 投稿日:??/??/??(?) ??:??:?? ID:SDGBB47





原作 岡田淳 星モグラサンジの伝説






47 名前:安部農丸 [sage] 投稿日:??/??/??(?) ??:??:?? ID:SDGBB47



┌─────────────────────────────────┐
│その夏、ぼくは十日間ほど、友人の家に泊まり込みに行くことになった。      │
│友人の家は、ある大きな山のふもとの野原のはずれにある。           .│
│                                                │
│                                                │
│僕が作家であることを知っていて、家族で旅行をする間、              .│
│仕事場代わりに無人の家を使わないかと言ってきてくれたのだ。          .│
│条件は新聞と郵便物をポストから出すこと、それだけだ。             ...│
│                                                │
│ぼくのアパートときたら、夏は本当に酷いのでぼくはホイホイ引き受けた。     │
└─────────────────────────────────┘


       / ̄ ̄ ̄\
     / ノ    \ \
    /u (●)  (●)  \
    |     __´__  u   |
    \    .L:::::ノ    /
    /  u         \



47 名前:安部農丸 [sage] 投稿日:??/??/??(?) ??:??:?? ID:SDGBB47


┌────────────────────────────────────────────┐
│ノートに鉛筆、消しゴム、それととりあえずの日用品をリュックに詰め、ぼくは友人の家へと向かった。   ..│
└────────────────────────────────────────────┘


 ,---┌---------------------------
 |   |  lllllllllllllllllll                   |
 |   | llll    lllll .            |
 |   | lllllll  lllllll  .           |
 |   |  lllllllll llll                  |
 |   | ,llll lll lllll   ────────|
 |   | llllllllllllllllllll                 |
 |   |     lllll  .ー――――――ー┤         ▲
 |   | llllllllllllllllllll                 |        /  \
 |   |     lllll                |        |:::|::::| |
 |   | llllllllllllllllllll                 |        |:::|::::| |
 |   |llllllllllllllllllllllll                  |        |:::|::::| |
 |   | llll    llll     . .             |        |:::|::::| |       _______
 |   | llllllllllllllllllll   --------------┤        |:::|::::| |       |         |  |
 |   |  lllllllllllllllllll   . -───────|        |:::|::::| |       |_____..|_|
 |   | .lllll        .-───────|        |:::|::::| |       | :::::::::::::::::::::: |:::::|
 |   | lllllllllllllllllllll  ..-───────|        |:::|::::| |       | :::::::::::::::::::::: |:::::|
 |   |  ll  llllllllll  ....---------------|        |:::|::::| |       | :::::::::::::::::::::: |:::::|
 |   | lll lllll  llll              |        |:::|::::| |       | :::::::::::::::::::::: |:::::|
 |   |  llllllll  llll              |        |:::|::::| |       | :::::::::::::::::::::: |:::::|
 `─────────────── ″         ̄ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


┌──────────────────────────────────────┐
│ぼくが家に着くと、友人一家はすでに出発の支度を済ませていた               .....│
│大急ぎで家の間取りなどの説明を受け、友人一家を見送るとぼくはどっと疲れが出た。  ....│
└──────────────────────────────────────┘

       ___
      /     \
    /  ⌒   ⌒\
   /   ( ー)  (ー) ヽ
   |  u   ___`___    |
   ヽ、    `ー '´  /


47 名前:安部農丸 [sage] 投稿日:??/??/??(?) ??:??:?? ID:SDGBB47


┌──────────────────────────────────────────────┐
│問題のモグラが現れたのはその後である。                                          │
│庭でくつろいでいると、突然ぼこっと芝生の土が盛り上がった                              .│
│それがモグラだと気づくのには少し時間がかかった。ぼくはそれまでにモグラを見たことがなかったのだ。     │
└──────────────────────────────────────────────┘


           |\
           | ハ、                
           |// \              
           |/  // \  ヾミヽ    __ 
           |_ ノノ   /y、      ___>:::::::::.、
          .ハ  |''彡   .//  \   zニ::::::::::::::::::::::::::ヽ
          (::::..} |     〃  /人_  ///Z::::::::::::::::::::::ハ
           | >'ノ   //   〉小::(  )|从/レ::::::k
       .ヘ  ̄>|ニイ     //  //\ー─- 、(  )|::::j
     〈::::::..Y.   |    , イイ   //  ノ ¨ ヘ  ヽ、.__jイ:|
     ∧:::::::〉 <⌒ヽ 彡''´  /イ /弋/ヽ、  /ミヽイソ   r.、
   ⊂ニニ ヽ:::弋....:::::::/Y´ ̄ `ヽ´:::::ヽヘ .....   Y...../⌒ヽ  {::リ
     ` ̄ ̄辷二二弋三ニ=イ辷イ⌒弋::::::... ノ<   .:::)
              ⊂ニ二_X::::::::::::  :::::::::.......   ::イ -─-、
                   __二ニ=ー    ..:::... ヾ   .....::::::从 __
                 (二______               `)
                             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


47 名前:安部農丸 [sage] 投稿日:??/??/??(?) ??:??:?? ID:SDGBB47



    /:.:.:.:.:/  /:.:.:.:.:.:.:,ィ:.:.:.:./ /:.;ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ ヽ:.:.:、:\
    ':.:.:.:.:.:.:/ ./:.:.:.:.:.:.: /斗-≠=ム< !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ  }:.:.ハ ` ヽ
   ':.:.:.:.:.:.:./ /:.:.:.:.:.:.:.:.:./  l∠-- 、、 ` !:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.| .}:.:.:ハ
 /イ:.:.:.:.:../ /:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /     ヾ   l:.:.:./l∠. l:ハ/:.:.:.:.ハ
  i:.:.::.:.:.:.l ム:.:.:.:.:.:ハ:.:l. {  0    l  l:/ ,-、 `、1:.ヽ:.:.:.:.:.:',
  .l:.:.:.:.:./r、 ヽ:.:.:/ V !      /     /  ヾ. ,':.:.:.ヽ:.:.:.:.:.i
  l:.:.:.:.:ノ ,ヒ ヽ V       ―-- '       ,'0  l ,':.:.:,ヘ:i:.:ハ:.:.l
 .l:.:.:.:〈 ( `(      _   ```       !   ,',':.:.:/:.:.:l/ ヽ:|    はじめまして
 l∧:.:.:.ヽ、`ー  ,, - '' ¨: : |             〉` '.ハ:.∧:.:/
   ∨_:. -`ー '': : : : : : : : :l            ```! V |/
  , ィ´: : : : : :_.. -‐ ''' ¨ ̄l        , -、      .ノ
. f: : :_ ィ: : : :l         ./          ̄     /
. l/  l: : : :l        i          ,  '
 !    l: : : l         l    、...__..、-
 ゝ   ';.:.:.:',      l      /  `ー―――‐‐―ァ
ノ, --‐二:.:.:__ヽ     l       /           /



┌─────────────────────────┐
│ぼくは、周りを見た。しかしどこにも人の姿は無かった。  ....│
│まさかこのモグラが!?                      .│
│ぼくは恐る恐るモグラに話しかけた。              .│
└─────────────────────────┘

       ____
     /       \
    /  _,ノ   ー \
  /   (●)  (●) ヽ    …はじめまして
  |  u.    '      |
  \       - ―    /
   /            \



47 名前:安部農丸 [sage] 投稿日:??/??/??(?) ??:??:?? ID:SDGBB47


                                  .__
   ,z'`、                   ______ヽ`丶
 ,z'´  `、                .,z'"二ニ=ー―‐‐,__ ヽ_
<     .`、             ,z='´ /   |     .|    .`ヽ `三ミx、
ヽ      .`、         ,,z-'"  ./   ,,/ ,z==x、\    ヽ \
 ヽ   ../ `、         ̄/  /、__,,z'´ ./|     `x、`=x__|   ヽ、
  ヽ / / `、       ./  / __/  .|       `l`ヽ、_ヽ   ヽ
   ヽ/ / `、      /   |/  ./.___|     ∧ .|  ヽ、     ヽ
    .ヽ/   `、    ./       ./ '´ ̄~~| .∧  /=´\|``丶\     ..|i
     `、    .`、   ./       / ,x―x、|/ ヽ |   _    |      |i
      `、    `、  .//|     //    ヽ     /    ヽ  |      .|
       `、   `、   .|    /|//    .[] |    | [)   .`、|      .|
       `、   `、   .| ∧,-,  |      . |    |      .| |/|/`ヽ  |     突然の事で驚かれたことでしょうが、作家の方ですよね?
        `、  ...`、  |/ .i' |ゞ  ヽ___/     ヽ___/  /| `i  |
         `、   .`、   ヽヽ=        .l         .。  |/  /ヽ|
          `、   `、  .| ̄`‐|                。   _/ \
           .`、   `、、|   .ヽ、    , ―――z、      ../ .i|    \
            `、   `、     \   ヽ、___/    _/  i|     \
             `、  `、 ,z=、   ヽ、        ,x='´    i|     /
             `、  ,へ/、 |     . ̄`>z、/´        i|     /
             /` /    `ヽ、                   i|    <
            ./  /  ,z'´ ̄`i、            ,z'´ ̄|  .i|     `、
           /  /  .'´   _| _______,z'´ ,z'´~  i|       |i
           i|  \    /  ヽ、` ̄ ̄ ̄ ̄  |,z'´     i|        |li



┌───────────────────────────┐
│もはやモグラが喋っているのは疑いようのない事実だった。    │
└───────────────────────────┘

          ____
        /     \
      /        \
     /  \    /  \    ええ、まあ、本になる物語を書いたりもしています。
    |    (●)   (●)   |
    \      ´   u /
    /     ⌒     \



47 名前:安部農丸 [sage] 投稿日:??/??/??(?) ??:??:?? ID:SDGBB47


    /:.:.:.:.:/  /:.:.:.:.:.:.:,ィ:.:.:.:./ /:.;ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ ヽ:.:.:、:\
    ':.:.:.:.:.:.:/ ./:.:.:.:.:.:.: /斗-≠=ム< !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ  }:.:.ハ ` ヽ
   ':.:.:.:.:.:.:./ /:.:.:.:.:.:.:.:.:./  |/     ` !:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.| .}:.:.:ハ
 /イ:.:.:.:.:../ /:.:.:.:.:.:.:.:.:./           l:.:.:./l∠. l:ハ/:.:.:.:.ハ
  i:.:.::.:.:.:.l ム:.:.:.:.:.:ハ:.:l   ___ ヽ   l:/   `、1:.ヽ:.:.:.:.:.:',
  .l:.:.:.:.:./r、 ヽ:.:.:/ V 彡三三三ミ        . ,':.:.:.ヽ:.:.:.:.:.i
  l:.:.:.:.:ノ ,ヒ ヽ V                  ィ≡ョ、.,':.:.:,ヘ:i:.:ハ:.:.l   よかった。実はあなたに、とあるモグラの伝説を書いてもらいたいんだ。
 .l:.:.:.:〈 ( `(      _   ```      i   ,',':.:.:/:.:.:l/ ヽ:|
 l∧:.:.:.ヽ、`ー  ,, - '' ¨: : |             〉` '.ハ:.∧:.:/
   ∨_:. -`ー '': : : : : : : : :l           ```! V |/
  , ィ´: : : : : :_.. -‐ ''' ¨ ̄l      「 ̄7     ノ
. f: : :_ ィ: : : :l         ./.      ー '′    /
. l/  l: : : :l        i          ,  '
 !    l: : : l         l    、...__..、-
 ゝ   ';.:.:.:',      l      /  `ー―――‐‐―ァ
ノ, --‐二:.:.:__ヽ     l       /           /



       ____
     /       \
    /  _,ノ   ー \
  /   (●)  (●) ヽ    しかし、どんな話なのか聞いてみないことには…
  |  u.    '      |
  \       - ―    /
   /            \



47 名前:安部農丸 [sage] 投稿日:??/??/??(?) ??:??:?? ID:SDGBB47

          ______   ヾz、
          ~""''' ‐- ..  `゙'''‐‐ `、    _
            ,..-'''"  ____ `''''''´.''"
          .,.'"   ,..<         >、  ̄`ヽ、
         ., '    /   )       .(   .` 、    `、
       ,'    /    ./  __    `、    `、    `、
        /   /     / ./  ` .、   `、    `、   l
      ./   /、__/  /      \  .` 、__.ノ`、  |
     /   /  ___./          ヽ 、      |  |
     |   .| , ´     /|        l .....|、 `ー-、  .|   |
     |   .ll   .,ィ ./ .| |、      lヽ .l_ヽ 、   ヽ .|   |
     |   .ll   / | ./.....| ./ ヽ     l'´.ヽ| .`、|`、  ヽ|   |     もちろんそうです。とにかく聞いてください。
     |   .|l  ./ . |/  |/  .\  |       `、  |l   |
     |. ∧/∧../  ,r===z、  ヽ | ,r===z、 .〉、 |....ヽ|
     |/ .| l>|/ }            .ヽ|       .// ヽlヽ./
         l <ヽ.ヽ /////         ////// ' フノ//
        `ー、-、 .l        、          l-‐ノ、/
         /ヽ .`、   、_______,,,,,   ノ''´/、
        /  ヽ,、 .ヽ  `ー----------''´ ./ /l/ `、
       く      ヽ、l ヽ、          イ、/   /
       .ヽ      ヽ___ノ ̄   ー'''´l__/   ./ ̄ ̄ヽ
      /´ ヽ     ヽ           ./  ../      ヽ
     ./ 、  `ヽ、   .ヽ ー― 、    .__,/ . /     l   ヽ
     /  .ヽ    ヽ   ヽ        ./ /





             そのモグラはカミナという名前なんです。




                            ハ
                            }_!_
                           ,イ'〈 ,_ヽ
                           〈ィ^  ./
                            ヽ二ミ!
                             !三ミl
                          l',  j三ミ}
                          |ヘ /三三!
                   _      |::ヘ { ̄ ̄ !
                   ヽ`:.:. 、__  l:::::ヘV   !
                  , イ/  ヘ,ィ-,.ィ/::::::::!、  ,{
                 /.:./:.!.:.:.:、:ヘ/ / l:::::::!====!
                 '⌒!.:.!.:ハ:!''`__ /l/:::::::ハニニニl}
              `ー、 . ̄V'l'ゝ- '_,.ィァj:::::::::::::!  ノ
               ヽ;::::::::`:::ー-.ヽ、..,イ:::::::::;ハ   ト、
                 >、::::::::::::::j,ィ, ィ':::::/  ヽ j:::ヽ
                   f::::; イ//l:;イヽ y'  .ハ:::::ヘ
                   /ニフイ,.イ____ノ、;;/:::::::::::::ヽ
                  /フ= ! / --、   ! ./:::::::::::::::::::::ゝ
                 /:::::::ハ ! ! __,,...  ノ_イ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               ,イ::::::::/ ヽ二二二二ニ!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /::::::::::j__,.{三三.ィ----'l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             ::::::::::::::(彡ミハ::::ィ- '--―''"!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             :::::::::::::::::ヽィ!ヽ,-ハ _!イ ヽ''":.∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(__
             !::::::::::::::::}、 ヽイ /.:.:.lヽ  \.:∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
             |::::::::::::::::ト、ヽ' /:.:.:.:.';.:.ヽ  ヽ:∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ!


そして、話が始まった。
この後に書いてあるのが、その物語である。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━
━━━━
━━



47 名前:安部農丸 [sage] 投稿日:??/??/??(?) ??:??:?? ID:SDGBB47
























━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                         |  続きは本書で  . |
                         |_________|
                         , - - ||
 ■ □ ■ □ ■ □ ■ □      /  (● ●|      □ ■ □ ■ □ ■ □ ■
                         ゝ  (__人)|
                              ハ    ヽゆ
                              し     |
                          し   J
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


47 名前:安部農丸 [sage] 投稿日:??/??/??(?) ??:??:?? ID:SDGBB47


             _,  -──- ._
              ///XXX>くr个x
     〈フヘ   /xr=コ二7 マ二エ¬くハ          とあるチートなモグラの物語
      ヾ'´\rく0)_< O > (◎>ヘ
        ヾ ,イ}^V r冖ミヘ. /ノ_二ィ トr「\        同作者作品では
          L爪j { { % r仄´ トV  ||人 |
         j人 /7_彡' ^ヽ`'_/_レくTX゙]        「選ばなかった冒険」「ようこそ、おまけの時間へ」「竜退治の騎士になる方法」
        「\ |>xY  |   ,ニ _」/ /ヽ;゙X゙T゙}
     r ヘ  ̄ 7 | [::ト、 /^ 、}  /l/___ノ´リ二ュ   とかが好みだったかな
     |   〉ヘ{¬--ニ ┴'ブ/フ/7T r'冖ミ リ |.|≡|.|
     | くfヘ\r冖くV>冖k/ ´/ーl | { 農 }〔  レ! L!
     人_ト込r-ゞ'r公トン, -v_厶ト-rニイくl   |//
    /ミZ __レ'^Vく工T T工ンV T ! V L._ レイ ゙゙̄i
   《巛》0∃ミ゙i ゙iヘ   ヘノ└゙゙゙┘ V  (◎イ》》》》
    l -/{ }_《 /  lハ` ̄ | l ̄ ̄l |∨ 〈 フ Vニ7\
   └くフイr_ >‐、ハ--1__L. --ヘ、 }- ヘ^>zァハ__ソ
       >、iコ 厂匸-ヘ iコ ー_彡く ̄丁l
       《゙, ̄、´ノノ匸(◎ (()´[゙, ̄ ̄,,''く〕
      / ̄ 7¬-ヘシハ ≦く ̄_匸_厂`く〕
     ー─‐ ' ──┘`-┘└--- ニ二`=┘




関連記事
スポンサーサイト

作家がノートに作品書いてる辺がほんわかだ

てかこの人挿絵まで自分でやってるんだ
すごいな
[ 2013/04/28 23:14 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 作家がノートに作品書いてる辺がほんわかだ
>
> てかこの人挿絵まで自分でやってるんだ
> すごいな

原作では原稿用紙だけど、原稿用紙だと縦幅も横幅も取りすぎるのでノートに変更しました。
原作25p分を削りまくってこの形にしたので図書館にでもいって現物よんだほうが…
[ 2013/04/28 23:53 ] [ 編集 ]

ああ、いや
この作者岡田淳さんが挿絵を自分でやってるのをググって知ったからの感想ですだよ
読んでみたい気はあるけど近所の図書館の児童館が別棟なので180超の髭面男が
子供も連れずに行くのは敷居が高いというより通報覚悟な気が
[ 2013/04/29 00:28 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> ああ、いや
> この作者岡田淳さんが挿絵を自分でやってるのをググって知ったからの感想ですだよ

ゾロリの原ゆたかさんも挿絵やってるから調べればそういう作家さんたくさんいるかもしれない


> 読んでみたい気はあるけど近所の図書館の児童館が別棟なので180超の髭面男が
> 子供も連れずに行くのは敷居が高いというより通報覚悟な気が

その図書館がネット予約とかやってるなら予約すれば貸し出しカウンターで受け取れるかも?
[ 2013/04/29 00:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://burakio002.blog97.fc2.com/tb.php/4666-d13ac058













アクセスランキング ブログパーツ TSFダンジョン運営本編(ナンバリングのみ)堕落の坩堝やる夫の人生ゲームキル夫ポケモントレーナーダンジョン運営中世編やる夫の戦国デビルサマナー水銀とーちゃんシリーズモンスターマスターできない子編