【TS】 原文もらったやつの下書き


47 名前:安部農丸 [sage] 投稿日:??/??/??(?) ??:??:?? ID:SDGBB47


とりあえず暫定的な配役と
作ってみたシーンだけ
通常の更新もあるからいつ書き上がるかは未定




0000 名前:読者応募 [sage] 投稿日:??/??/??(?) ??:??:?? ID:123456789



━━━━━━━━━━━━━━━━━━


主人公 田辺:やらない夫

配役理由:まあ定番


━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)
             |        ノ
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━


剣道部の先輩: ジョジョ4部/東方仗助

配役理由:ガタイがいい、タッパがある、どこか良い人そうな雰囲気


━━━━━━━━━━━━━━━━━━


          /ハ/ll ll 彡三ミヽ⌒ヽ、ミ、‐-イト、彡三ミミ、\
          ,'リ^レハW! //つフ三、>、ミ、-イト、乂彳彡三ミミ、、i
         人llリ liトVi/  /ハ彡ミ乂ミ、爻爻爻爻三ミ、ヽミ、l
           ;'li>ァ l::::::::ト、 i!  彡<ミ爻ミ、=、<ヽ三ミ三ゝヽ!
 .        iヘlllハ i:::::::::::::ヘト、 //)ィ彡三ミ、=乂爻爻ミ三ト, リ
 ..       l::^ヘ,.>:::::ミ、::::::::::ヽリ  クイィ)⌒爻乂爻爻ミヽリノ
         l;-、Yヽミ、ミ \::::::::\li'´ "^ハW∧Mヽ乂ソ リ シ
        /入Vキキミハ _ `<::::::ヘ、  li´ " ゙ '^^^リ! .ソ>'
         i l ハ ヽ::::r‐'/;:::;>..、゙''<:::゙ヘ.、    ノルク
        l l 〉 ヾ/ ''"´ ,.---`<ミ、 `>‐,ニ;ニニィ'"
         ,、.ト、\::.     ヽ¨刄ネフ    代ラ>/
      / :::::lヽ.)!:::::::..  /.`¨ ´    l `¨ /
       /:;.、:::::l./ヽl::          ,. lリ.!  /
 .    ///l:::! i  !    l      弋.ワ /
    / 人\!._i.  \   i    __  _ /、
 ─ -く l^i リ:::::::::`カ  \ i  '、'ー‐'‐ラ/イ
  :::::::::::::Vノ-、,.-、::l l   ヽ   `  ̄ ./ヽ:! __
 ‐-、::::::::`ヽ  ノ::l l    l::丶..__  ./'⌒ー' `ヽ
    ` <:ヘヽ':::::::l l    ll:::::/ _ ̄フヽ ヽ._ノ ノ-‐=ヲヽ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


0000 名前:読者応募 [sage] 投稿日:??/??/??(?) ??:??:?? ID:123456789

入部届け


     / ̄ ̄Y ̄ ̄\
    /  ヽ,_.   ノ  \
   (●)(● )  ( ●)(●)
   (__人__)     (__人__)    (顧問の先生は……見当たらないな)
   {`⌒ ´   彡 ` ⌒´ノ
    {             }     (とりあえず先輩にでも聞いてみるか)
     {      彡    }
     ヽ、    /   ノ
       .ン    ヽ
      //    |
  (⌒二_/ |  .  |





     / ̄ ̄\
    /   _,.ノ  ヽ、_
    |    ( ○) (○)
   | U  (___人__)      あの、すみません
    .|       __ノ__
    |     _/ ___\ヽ_
     、    '-/____ヽ  |
     ノ 、 ._'-〈  、ヽ  |
    ,´         ヽノ}   |
   /          {   /
  ./  /       /   {



0000 名前:読者応募 [sage] 投稿日:??/??/??(?) ??:??:?? ID:123456789



         _____
      ,.ィ代爻爻爻爻爻爻ぅト、
     fn{爻爻爻爻爻ト-ヘ}:::}:::≧、
.      V乂爻爻爻メV __,ノ/}::::仁ミヽ
     ∨{ l{  }レ:::レ'⌒゙く:::ノミヽ:::}
      ヽ≦二 ィ '" r==、 ヽ:::\::::リ
         | '_fツ   、fj  }:::r‐∨      ん? おお、一年生……だよな? どうした?
        l  〈      ̄  ` く} |:!
.         .  r-、    l  r‐'ノく
         '. }⌒ヽ   ノ  / ̄|∧}
           | ヒフ    __/_l_|__
          L ___,ィ{⊂⊃}:::::::::::∧
             `Y/l::__〕〔__∧::::::::::|
  /⌒ー==、     |::\ヽ] [_フノ:::::::::::|
.  {  i⌒ヽLィニ二´:<::: ̄ ̄:::::ー--ヘ._
  `ヽ.|::::/:::::::、:::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::';:∧
    ,ノ:/::::::::::::::::\:::::::::::::V´::::::::::::::::::::i:::∧
.   /::/:::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::}:::::::::::::::::::::::|:::::∧
   {:::{:::/::::::::::::::::::::::::}::::::::|:::::::::::::::::::::/::::::::∧
   l::/::::::::::::::::::ヽ::::::::i::::::/:::::::::::::::::::/:::::::::::}:::〉
.  /::::::::::::::::::::::::::;::-‐:|:::∧::::::::::::::::::{:::::::::::/::/
 .:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:ヽ\_::::::::::ノ:::::/::/
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::\\ ̄::::ノ::/





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)     入部届け持ってきたんですけど、誰に渡せばいいですか?
  |      |r┬|}
  |      | | |}     (うわっデカイな…この人 けど人あたりも良さそうだし怖くはない…かも?)
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)



0000 名前:読者応募 [sage] 投稿日:??/??/??(?) ??:??:?? ID:123456789



             _..  - ―――― -  .._
          fヾ爻爻爻爻爻爻爻爻シ:::l
            lヾミ爻爻爻爻爻爻爻シ:::/l
           |ミミヽヾミ爻爻爻爻爻シ::/イ
          |ミヾミゝヾ爻爻爻爻シ:::/イl
          |ミ( , ベヽ、::::::::::::::::::::ノィ:リ      ああ、そうだな……
          r‐、(〃^ヽヽ、`¨¨フ/ l|〈ム
           l.ヘリ そなラ)`゙ リ'ィ'なフ`' リイl      もうすぐマネージャーの人達が来るから、そっちに渡してくれないか?
          lヾl  `"´  : l `¨´ ノリ
             〉┤  :     : l   : l''´       マネージャーの人の顔わかるか?
         〃7l  :   __`'"  : l
__   / ニ.ヽ / ハヽ :  こ二(匸}\
_  ̄{ f.l L}} ̄/゙´)ヽ\  ==`ー、 \
  ̄入<l lフノ、 レr 、_ \`ヽ、_ ∠ ) .._',
  / /´ ̄   \ L ノ  ( ̄ ̄((_)_,._}\
  ! l       \  /  ̄{((___}____,.___: ) \
  |     ‐- _ ン    }ヽ  (___:_ )\
  |       ̄  /´    /   l    ヾ / ノノ\





 マネージャーの人の顔を知っているかと聞かれて、心なし大きな声で答えてしまった。





    ,ィ役爻爻爻爻爻爻爻爻爻≧=x
     |{爻爻爻爻}爻爻爻爻爻爻爻ミ、ヾ≧x
    K爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻ト、N:}:::::::\
    | フ爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻レハ}::ノj/::::::::ハ
     :l 爻爻爻爻爻爻爻爻メ^´  __ノリノ:::::::::/:リ
    :::l /l_爻爻爻爻ノレ'^´   __,ノ::::/´::::::::`ヾ/
    :::::〈  ^V/´   }l/  __xfリ::__/::彡':::`ヾ:/
    \:::\__/}___,/厶イ::>‘´_ ノ彡:::::::::ミ:/
     ` <:::_:::::::_>‘´  ,ィ::::ハヽ:::::::彡=::/        じゃ、俺は着替えてくるから。これからよろしくな
         l| f圷ぅ  -‐=≦_ ̄ヽ} }::::/,-、 }
.         |   ̄ /   ' ̄忙ラ  レ'〈 jノ//::ヽ
.         l.   /ヽ    ` ̄    r‐' ,xく/`ヽ|
.          .  ヽ_,ノ          / ̄  }\
      ___,ハ  r____,       /   l/::__::ヽ
    / ::::::_:. 、_⌒ヽ==’     /  _/:/⌒ }::::\
   ::::::::/__::i ノ` ー     ィ´ ̄:::::::((___ノノ::::/::ヽ
   /,.-‐ァ 人    _  <.  ∨:::ト、::::::: ̄〕〔:/:::::::::::::\
.     〈__ノ ∧ }`¨¨´〈ヽ\   ∨:|__ >___フ/::::::::::::::::::::::::\
    ─ァ , | } l|\::::::::\j:::ヽ   ∧:::::::/ ̄`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::\
   ヽ/ /| |_ノ リ  ` <__:::::::::::∨ }::::/  /⌒ヽし'⌒ヽ::::::::::::::::::::::\_
   \__/ / ̄  ヽ ̄ ̄ / ̄|   i    '⌒ヽ}:::::::::::::::x<::::::::::ヽ
.          /        ̄ /  ∧  ヽ       ,ノ::::::::/::::::::::::::::::::::∧
       /〈タ        /  (__∧  i __  /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::∧
.       / /7       /      }  / |イ:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
   |  { /7      /           ̄{  L|:::::::/:::::::::::::::::_:::::::::-‐=::::: ̄::∧
   ハ  ∨7     /             l  !::::|:::::::::;::::'´::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
   :∧. V    /          __/} ーヘ .:::::|:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



0000 名前:読者応募 [sage] 投稿日:??/??/??(?) ??:??:?? ID:123456789




━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ヒロイン藤谷湖都(変化後): BAMBOO BLADE/川添珠姫

配役理由:原作が剣道物、有段者


━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                   ,.......-―――-....、
               ,..:.:':´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:..、
            ,..:.'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.、:.:.:.:`、:.、
         ,..:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.';.:ヽ:.:.:.:.:.:.`:.、:.:.ヾヾ:、
        ,.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.';.:.:.:.:.:.:.';.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:ヾ 、:.:ヽ.` 、
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:l:.:.:.:.:.:.ト:,:.:.';.:.:.:.:.:.:.';.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:ヽヽ:.:.:ヽ
.      ,':.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.!:.:.:.:.:.:l ';.:.:';.:.:.:.:.:.:.',、:.:.:.ヽヽ:.:.:.:.:ヽ ヽ:.:.',
        ,':.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:!:.:.:l:.:.:.:.:.:.!. ヽ:.';、:.:.:.:.:.:rヽ:.:.:.';.:ヽ:.:.:.:.:', ヽ:.l
.       l:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:i:.:.:ト:,:r:.:'T ̄ ヽ',ヽ:.:.:.:l,ニ、' ;.:.'; :.ヽ:.:.:.:',.  'l
.       l:.:.:.:.:.:.:.:';.:.:.:.:.:.';.r:', ':,:.r::て,`ヽ ヾ、 ヽ:l::Ч'ハ:.',、:.:.',:.:.:.l
.      l:.:.:.:.:.:.:.:.';.:.:.:.:.:.';.:.:',イ::::::::::::l    ` `';リ'.!:.:.ヽ!ヽ:.:';.:.:l
        l:.:.:.l:.:.:.:.;r',:.:.:.:.:.:';.:.:.ヽ::::::シ       ,   l:.:.:.:.:', ヽ:','
      ';.:.:l:.:.:.:l f ヽ:.:.:.:..ヽ:.、  ̄ ´          ,' 、:.:.:.:',  ヽ',
       ';.:ト、:.:.:ー:.、ヽ:.:.:.:.:.ヾ:、       - '  , '  ヽ:.:.:',.  ';',
       ';l  `ヽ、:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:ヽ       , '.     ヽ:.:l    'l
        '   ,. >、:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:\、.、_ , '`ヽ、     ';.l
          ヽ ¬`ー 、:!`ヽ 、:.:.`.:.l、` ー- 、 \_  ';!
         ,r'´ヽ、      `ヽ 、 ` ーヽ`-   ', /. \l
      ,r-´'´- `、、 ` _ー_、_ _`_ヽ、 l ',   //'´  `l
       〈                `ヾヽ'r' t Y ' ', ヽ`ヽ!,ヽ 


変化前は未定


0000 名前:読者応募 [sage] 投稿日:??/??/??(?) ??:??:?? ID:123456789


冒頭


                       /  .: .: .:. :. :. :. :.:.:::::::::. :. :. :. :. :.: . :. `ヽ
                     /    . :. :.: .: .:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:. :. :. :. :. :   .:.:.`、
                    / /. : : :   . :. :.: .: .:.: .: .: .:. :.       .: .:. :.:ヽ
                    / /. : :/. : : :               .: .:. :.:.:.:.:.::::i
                   / /. : :/. : /: :          . :. :. :. :. :.:.:.:.:.:.::::::::::i
                  / /. : :/.://l.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.l.:.:.:ト、ト、.:.:.:.:.!.:.:.:.:|.:.:.:.:.:i .::::::::.::l
                 / 〃: :/.://.:l.:.:.:.:.:.:.:..:l.:.:.l.:.:.:l ト、.:.:.:.:l.:.:.:.:.|.:.:.:.i::|.:.:.:::::::::l
                 l:/,′.:.i.:.l.:l.:.:l.:.:ハ.:l.:.:.:.l.:.:.ト、.:l l :l.:.:.:.:l.:.:.:.:.|.:.:.:.l::|..:.:.:.:.:.:.:ヽ
                 l i .:.:.::l.:.l.:l 士寸l|:.:.:.:.l.:.:l l.:L」:.l:.:.:.:.l.:.:.:.:.|.:.:.:.l::|.::.:.:.:.:.ハ.:.ヽ
                  i .:.:.:.:l::Vl/ l/__lハ.:.:.:.lV  l/ |`ヽ::/l.:.:.:/.:.:.:.:l::|ハ.:::/  ヽ.:ヽ
                  | .ll:.:.:',.:.:.:V モ〒ミ.:.:.:l   '〒==、、l.:./.:.:.:.:.:l::l ノ:/
                  |.:l:|.:.:.ヽ:.:ハ 弋寸ノヽl    弋辷そミl/i:.:.:.:.:.:l::lレイ
                  l.:! |:: : : ヽハ 〃 N ,      ゝー'  |.:.:.:.:.:.:..::::/
                  l/ .|.: : :.:l.:::.:',    ヽ      〃〃  /.:.:.:.:.:/l:/
                    |: : :.:l:.:l:.:l 丶    、 _,       /.::..:.:.:./::ハ
                    |: : :.:l/ l/   `丶       イ.:/l.:.:.:.:il/  ヽ
                    l: : : l       , ィ> ー<  l/ l.::.:.:l    ∧
                     l: : :l  ,. -‐'´/    ハ      l:.:.:/   /  `ヽ
                     l: ::l/    /    i       〃/   /     \
                     l: l            l     〃:/    /       \
                     /l:l  /          l  / l:/    /           ヽ
                    / l  /           |/      /

        ┏──────────────────────────────────┓



                         気づいたら好きになっていた。


        ┗──────────────────────────────────┛


0000 名前:読者応募 [sage] 投稿日:??/??/??(?) ??:??:?? ID:123456789





                      /.:/ :|.::::|::l:::l: : : : :.| ト、.: : :.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                     /.:/.:l.:|.::::|::l:::l: .: : :.:.| l \.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
                     ,′: :.l::|:::l:|::l:::l:! .: : :. L!ー‐ |:‐ハ--.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
                    i: :i. : :l::|:::l:| リ リ__.:.::::::| リ二ニl/三 1::..:.:.:.:.:.ト、:.!l
                    l: :|: : :l::|:::l:レ' 从ハ.:.:::::|´ C 。: :)ソ 1:..:.:.:.:.:.:l )!l
                    l: :|: : :l::|:::l:レ'_,.ニ云、.:.:|  ,.ゝ-‐'   !.:.:.:.:.:.:.:レ'/リ
                    ヽ|: : :l::ト、 ト、ィ.。 :.:1ヽ|   ' ' ' ' ' l.:.:.:.:.:.:.:.l/‐- 、
                     |: :∧::::::.ヽl弋Zソ 、         !:.:.:.:.:.:.:.レ'´  ̄\
                      |:/  ';:::::::.', 、、、、   _      ノ.:.:.:./.:./     \
                      ′   ',::::::::ヽ         / .l.:.:/.:..;′ / ´  ̄ `ヽ
                          ',:.::::::::ヽ>r‐---- く   l.:/l.:.;′/
                          \::::::::|  l     \   l/,イ//   / /
                           / \.:|  \    \/,. イ   /  / /

        ┏──────────────────────────────────┓


              だけど、この気持ちは、相手の重荷にしか――迷惑にしかならないから。

                         だから、絶対に言ったりはしない。


        ┗──────────────────────────────────┛


0000 名前:読者応募 [sage] 投稿日:??/??/??(?) ??:??:?? ID:123456789


                                     _
                             _ .. -‐‐¬_ ̄  ̄`¬- 、
                       _ -‐ ¬  ̄    /, `       `ヽ
                     /_...-,r‐      /,/   i i  、    ヽ
                    // ,/ ,r'  // ,イ   : l l  λ     ヽ
           .         / / /,' / / / :l .  .:  } ! :! l  |     ヘ
                    / ,/,./ / ,/,/  /!.: .:::. /}_ム‐.ト. i  !  ヽ、 l
                   / /// /  //{  /l.|:: :r'7/:/__l_|___.l ! |   }:.ヘ. l
             __.-‐‐‐‐ 、// / / / ,. {//._,/-| {:..::::///i´ ::!lヾ` l | }:.  ト:::::}.1
            /ヘ.      ヘ  / { / r1 ,/ {.´/ L.ヘ: //イ弋.::::':ノ., },1 !: : | l:::l!:|
           . ベ ヘ      i./  :!///| {! | lri'´:∧ヾ.    `ニ ‐' ///::.: }ノ::}.!:!
             ∨:.ヘ   :..ヘ.  {// l {!i! ! l、弋::丿,        ///:::.:: /::::/ .!!
              ∨::ヘ :. . : ヘ //  | l.!|. N∧.`´          /イ::. : /:::/  |!
           .   ヘ::.ヘ...,,={l}=.//、  l.|l::{ |::::.λ     ´     / /::. /:/  ノ
                \〃/バ {.|_> || l::ヾ:;:::| iiゝ、    / ,r/::. /.:/
                 \ヘ、/.|l  \.i. |:::::l|::.|. i! _`≧z-i‐<,/ /!:/
                   \:. ! ::.  \ゞ:::!ゞ!ベ´ \ ^`¬./∠.__{_,、`<
                    ヘ::.  :::.,r,ェ \ヾ ` .ヘ   \  レ'/,<::::::::>-テi
                     \::./ /,rーっ 、 ヘ.!_  >=':'´:.:::::≧'!::::::::::!丶_
                       ヘ! l/ /_~´ :.ヘ  \,>':.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:/:.:.:::.:.:{ ! ヽ`ヽ
                       | / ,'/,r,ミ'.  ヘ f、´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/!:.:.:.:.:.:ヘ !  冫.!
                        >、' ",rべ>  .\`<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:l!  /  !
                       //\ \::::::  :::..\ヽ` <:.:.:.:.:..//:.:.:.:.:.:.:.:_:}_ i'l   l
                       // ,ヘ}  ヘ、 :.....  ::\ヽ_``< !っ--,- ´ ゞ'.| !  l
                      // / \-、ハ  ::::::::::::::::.\  ̄フ´ _/  ,...、 | i   l
                    /'/   c/`マ:lヘ     :::..\ ,..Τ´   ゝ ' l!     !
                   / ,ノ    /   〉 ヘ         ヘゝ '|.       {i     !
                 />'´    c/   /    \      \ !         :!i    l

        ┏──────────────────────────────────┓


                      告白なんか出来るはずがない。

                  伝えられないことよりも、ずっと辛いことがあるから。

                      ぜったいに、嫌われたくはないから。


        ┗──────────────────────────────────┛


┌─────────────────────────────┐
│                                              │
│                                              │
└─────────────────────────────┘

┌─────────────────┐
│                            │
└─────────────────┘

┌────┐
└────┘





0000 名前:読者応募 [sage] 投稿日:??/??/??(?) ??:??:?? ID:123456789


変化後


             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.,!:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.|マ:.:.:iヽ:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ,
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.イ |:.:.:.,'|:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i!:.|: マ:.:l ヽ:.:.:.i',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
            ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:,'!:.:.:.l  |:.:./ |:.::;1:.:.:.:.:.:.:.:.:.l|:.|  ',:.l  V:.:l‘,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
         .  ,':.:./|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.,' l:.:.:.!  | ,'_|_:j !:.:.:.:.:.:.:.:.:l !:| -キ|- ..,_Ⅵ ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:!
         .  ,':.:/ .l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:i.斗.:'T ̄|,'  l:.l !:.:.:.:.:.:.:.:.! l:|   '!    マ!¨'∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.ト:',
          ' /  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.l |;.ィ_z=ミx,, l:l :!:.:.:.:.:.:.:.l リ  ,z==ミ_'l   i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.l `
          ;′ !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.l .,ィ´`Y-.、`ヾ l|  ',:.:.:.:.:.:.l   .イ  } ‐.、`ヾx l:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.i:.',
             l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:l/´i. _ノ::::::ハ: :i l!   ',:.:.:.:.:l    i`T´::::::ハ : } ヘ'l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.l:.:',
             l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,:.:.ト v弋;;;;;ツ リ     ‘,:.:.:.l    V弋;;;;;ツ .リ ノl:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.l,:.:.',           ――え……?
             l:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.lヾ! 、.夊_:_:_歹       ',:.:l       夊_:_:_彡' , ' l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.lヘ:.:',
             l:.:.:.:.l!:.:.:.:.:.:.:.:.:!    `¨¨         ‘;l           ¨¨´   j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.l ‘,:.',
             !:.:.:.!|:.:.:.:.:.:.:.:∧                :                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:l  ',:i
             l:.:.:l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧            '             /1:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l!:.!   '
             l:.:.l !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧            __                 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l1:l
             l:.:.! l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧            〈 __ 〉          ,.イ,ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:l lj
         .      l:.:l  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\          ー          /  ,':.:.:.:.:.:.:.:./!:.:.:.i
              l:.!  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.li.:.:.:| `  .                  ,...:´/   /:.:.:.:.:.:.:.:./ l:.:.:,′
              l:i  !:.:.:.:.:.:.:.:.| !:.:.:!    `   .          .. ´ !:::/   /,イ:.:.:.:.:.:.:/ !:.:,'
         .      l!  l:.:.:.:.:.:.:.:.| l:.:.:|         l` ー - ‐ ´     レ′  ′/:.:.:.:.:./  l:./
                 l:.:.:.:.:.:.:.:| .!:.:.|     / l          | `ヽ   /:.:./':./  レ′
                 !:.:.:.:.:.:.:| l:.:.|    / i |            У ヘ /:.:./,'./
                 l:.:.:.:.:.:.:| .l:.:l     /   ヾ'          /    〉:./ ,'/

      ┏──────────────────────────────────────────┓


         鏡に自分が映るはずの位置からは、見たことのない女の子が見つめ返してきていたんだから。


      ┗──────────────────────────────────────────┛



0000 名前:読者応募 [sage] 投稿日:??/??/??(?) ??:??:?? ID:123456789


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




比喩表現
    
                【befor】                              【after】          
                                                              ,、-'´ ̄ノ
                    _  ---  _                               ,、_      _,、-'´´   ,-'´
              /        ヽ                   、`ー-、_ ,、l'|´`ヽl | `ヽ、_  ,|   ,、-'´
            , '             \                  ヽ、   `、_`ヽ、_ ヽ,ヽ、 -'´  ,-ヽ''
             __/        |.       \                  `ヽ,_ ,、ノノヽ、 ̄ヾ、`ヾ,ヾ _ヽ
         /:::::`ヽ   ┃   l       、                   l´l'´  ノノゝ--、、| | 、 'l `ヾヽ
          ノ⌒ヽ_ノ        !  _    ,.‐、!ヽ         \        ,イ| //,l'´;;;;;;;;;/lヾ、 ヽ'´ _l__(__
       ( , .、     _、--、_,.   ヽ !:::ヽ  !:::::) \___    ── \      ヽ | l l l'`ゝ,;;;;;<' _ノ,l'ヽヽ 、  __,、)
        `ー--‐ '´ ヽー'      .\::::::l_ノ- '    Y´    __ /    ,、-'1/ `l、l,`´、-i-i-, ヾノノ  ` -,'´ l
               |         ̄       .|       /      `ーゝ,l、_ | |ヾ、;; ̄´;;;;ノ'ノ ヽ、、」 ,l'´
                 |                 l                 `i 、ヽ,ヽ-、 ̄´´,'l|__ノ/ゝ′
                  |    __     __     .|                  ヽゝ、l、 ̄ヽ,、ノ゜ノノ  i ヽ、
                 |__   /  |.    // ヽ__  j                   /`ヽ,、-,  l'l'´   ノヽ, `ゝ
                ー'‐ '   .l=---'.´   . ̄ ̄                   ヽ-'´ ヽヽ'´ヽ,i_ノ´  `ー'
                                        

        ┏──────────────────────────────────┓


            『十五~六歳までに性交経験の無い男子は高確率で性別が変化する』


                    身も蓋もない言い方をすればこういうことだ。


        ┗──────────────────────────────────┛



0000 名前:読者応募 [sage] 投稿日:??/??/??(?) ??:??:?? ID:123456789


━━━━━━━━━━━━━━━━━━


憧れのマネージャー:未定

選考条件:小柄で華奢でセミロング


━━━━━━━━━━━━━━━━━━


     /          ヽ        l   ',  ',
    /         ∧   ',  ',       !    l   l
   /      i   | ヽ  lヽ  ト、 ト、  l  :.: l  .:l
   i       i | i |   i  l X十|''ナT ノ  :..: |  .::|
   i    i  i ト、ヽ l  |ハ }  V |/二レ   :.:.: i .:::.|
   { .i   ',  Lレ-式  ! レ'  斗七示,イ i :.:.:.:.i:.:.:.:::}
   ! i   Y| V.示ミメ、       ヾじリ ノ i ::.:.::.:/:.:.:.N!
   ',ト、 ヽ ト! {イ弋り,      "  ・ !/: :.:.::/:.:..::/
   Vヽヽ k ト、   ¨   ::.       /!:.: :.:.:/:.:.:.:/
    ! V!ゝゝ:.ヽ.            / |:.:.:./::./i/
      l :.:.:.:.:.ト、     r  フ    |:.:.;イ::/
       !  :.:.:.:| ヽ、   ,へ       l:./ .|/
       ', :.:.i:.:|  (^>'  ヽ_,/  レ_|,ィ-、
       ', :.:i:.:|  人 \  ヽ|  /     >、
        ', :.:ト、! /、_ `ヽ   } /    / ̄ / 二ニ=、
        V   〈 、  ̄    |    /--//     ヽ
            しヽ     |    /  / /        ',
             (      人  ./ーー/ /           }


                             /\ ̄`ヽ、
                             |  \   ヽ ____
                             i    >  ´    `     .
                             /  _/!      ___       `  、
                            _}   ハ \   /            \
                           ノ   rヘ \   /   /              ヽ
                           /   /   \ /   / /.            ヽ __
                          /   ./ / /  /   / .__ ///    /         ', 〉
                         く    / / /⌒/ / /   /7メ、   /l i        V
                         > / / /i ./ / /==</ / / ヽ./ ! l  i       i
                      r~'´ / / /八/ / /i〃r夭ヾレ'i //  l  i  l    i l  |
                     ノ _  / / / /  / / / l{ir';::::::/   レ'レ′ / /` メ、.   i l  i
                       /´ / イ / /  l  i l |`ー~'      / // / ハ   i i リ
      _             / /ゝ、 l/ l   |  l i |         ,ィテく/ ハ  / / /
     /´ノ\               レ'´    >⌒く \l  l l レ'´〉 ,、     〃::::::ハ / / / /
     \fi  \               /     \ レiハ ! / / /  \ '  《fr;イ. ハ' / / /
      ||ヽ   \        ,. -‐ ´\       V   V i 八__ ノ´   /'7/イ /lイ
      t! \  \    /      \      |   Vレ'´ ノ _ .. - '´ //  i/i  !リ
          \  \  /         ヽ    |     //     //  i i i|
           \  \             ',     l       i /   i____/l /    ! ! .i|
.              \ノ \          i    ヽ.    i i   i  / V  /レiルハリ
.               \  \         |   //   / |   ハ/   i イ
               i \  \   i   l //i'   /  l   / i    lノ
               |  \  \  l   / / .l   /  /.! /   !     l
               |    \  \ /  /  |  /! / l/   |    |
               |     \  \ /  l / i i /     |    |
               |       ー\__/    V  l /       |    |

二人共セミロングというよりはショート?


0000 名前:読者応募 [sage] 投稿日:??/??/??(?) ??:??:?? ID:123456789


━━━━━━━━━━━━━━━━━━


中学時代の担任:スーパーロボット大戦/シオニー・レジス

配役理由:気が弱い、バンッ!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                         /{
                i!   /  L ___
                i!  / /L __ /
   zー―――=ミト、    i! / /     //
    > ´  ̄ ̄ ̄ ` <⌒V∠、⌒ヽ   〃
ニ=-≦   , ⌒>―=ミ  ー 、ヽ ハ {{__
  ´       /             } }  }ヽ`V
       /            、 〃/ /  ハ
     /           | / /   }
__ . イ          イ  }Ⅵ イ /   乂
      /  __ x≦ !  メ、 _ムイ     }
    イ  ´ ,. ィ斥ミ、}/ / ィ斥ミ`   ヽ  |
  / /  {′弋ン `ン / 弋ン  }イ  ト、\      あ、そ…その授業中は静かに……
/  ./    とつ- / /  、 ー⊂ぅハ|| \ ヽ
   / /   /   / /  , 冫  イ ノ '  | ヽ }
  ./ / ー=ニ´_ イ           ノイ /   ! 乂ノ
  l / /ー 、  ( 二ニニマ  / レ   八
_ |′´   ハ ヽ、      /   人〈
  l lト、  ヽ |  >  _.. イ    // ヽ
 !i  ! '.  `ト==彡    トミ==イ ノWVVーw、
ト从从  }   !ー―=ミ、Ⅵ   {´     | |  |\
     八 } |      /::/^ヽ          | |  |  ヽ
     | /}l! ヽ、 /::/、 _\       i i  ′  ハ
     l / .リヽ、::`¨::/\/ーヘ/ヽ     // /    |
     |'    `ー ヘ、      /     // /     .!
              `¨¨T i!く     // /       |
.    , -く⌒ヽ         |. i! ヽ .// /     |


 担当教師も気が弱い人で、ちゃんと注意しないせいでいつまでもうるさかった時のことだ。






47 名前:安部農丸 [sage] 投稿日:??/??/??(?) ??:??:?? ID:SDGBB47


以下元になった文章




 気づいたら好きになっていた。

 だけど、この気持ちは、相手の重荷にしか――迷惑にしかならないから。

 だから、絶対に言ったりはしない。

 告白なんか出来るはずがない。

 伝えられないことよりも、ずっと辛いことがあるから。

 ぜったいに、嫌われたくはないから。





 高校生活三日目を終えての帰り道。

 木曜日に入学式。金曜日に対面式、オリエンテーションなどの行事群を終えて、さらには土日を挟んだ月曜の今日。

 今日から授業が始まるということで、ようやくもって高校生になった実感が湧いてきた…………いや、湧いてくるはずだった。

 何があったかと言えば、逆に何もなかったせいだ。今日の授業の内容は全部今後の話や世間話に終わったからな。

 そのせいで実際に一番自覚が湧いてきたのは、放課後、部活の見学に行った時だった。



「まあそうむくれるなよ」

 見学を終えて、いっしょに帰り道を行く友人になだめるような言葉をかけたところ、釣りあがった視線が返ってきた。

「……なんでうちのクラスばっかりあんなHR終わるの遅いわけ……?」

「知らないって」

「おかげで俺だけひどいタイミングで道場に入ることになったじゃないか!」

「ま、お気の毒だったとしか言えないな」

 あまりにもむくれているのでそんな同情の言葉をかけたんだが、その薄っぺらさが伝わってしまったのだろう、目に見えて膨れていく。

 男がそんな顔したってちっとも可愛くないが。





 今日見学しに行ったのは剣道部だった。

 俺は中学の三年間はずっと理由もなくただの帰宅部で、せっかくだから高校に入ったら何かをしようと、受験のころから思っていた。

 対照的に中学時代ずっと剣道部だったこの藤谷湖都クンは高校でも続けるつもりらしく、それに釣られるように、とりあえずまず剣道部に見学に行く約束をしてたんだが。

「入学式の時もそうだったけどさ! なんでおっさんっていうのはあんな話長いんだ!? 校長の話以外は全部遅延行為で退場でいいだろ!?」

 部活後の下校時間で人が多いというのに、声のコントロールができていない。これは相当頭に来てるな。

「落ち着け。あとそういうこと言わない」

 若干周りの目を気にしつつ、しかし割と正しいことを言う湖都を軽く諫める。

 うちのクラスはそうでもなかったが、隣のクラス、湖都のところの担任は馬鹿みたいに話が長かったらしい。

 あんなに楽しみにしていたくせに、結局見学時間終了ギリギリに剣道部が使ってる道場に走ってきたことからも窺い知れる。

「……あ、そういや聞きそびれてたけど、自己紹介のときに変なことしてないよな?」

「それ、去年も聞いたんだけど……」

 ああそうとも、去年も忠告したからな。

 一昨年、湖都と初めて会った中学二年の初っ端。

 あんな自己紹介してるのを見たら、そりゃあ注意の一つや二つしたくなるのが当たり前だろう。





 個性的……良く言えば湖都の第一印象はこうだったな。

 思い出やら知識やらを積み重ね、順当に昇級した中学校二年目の教室。

 クラスの三割が一年のときと同じ奴で、残り七割の方にあいつはいたんだ。

『元三組、藤谷湖都』

 最初の自己紹介なんて普通無難なことかウケ狙いかのどっちかだろ? なのにあいつは突拍子もないことを言い出したわけだ。

『……うるさいのが嫌いです』

 たしかその一言だけだったな。初っ端からマイナスイメージ植え付けてなんも良い事なんかないのにな。

 ま、これは後々わかったことだけど、湖都は言葉通りにうるさいのが嫌いだった。

 それがわかったのは、たまたま授業中にかなり教室が騒がしかった時。

 担当教師も気が弱い人で、注意しないせいでいつまでもうるさかった時のことだ。


――――バァァァァァンッ!!!!!


 めちゃくちゃでかい音に教室の中が瞬時に静まり返る。

 みんな一斉に音のした方を見て、そこには家庭科特有のでかい教科書を思いっきり机に叩きつけた体勢の湖都。

「うるさい」

 端的な言葉一つを落として、湖都は何事もなかったように教科書のページを開きなおした。

 あまりにも淡々とした態度に騒いでた奴らもバツが悪くなったのだろう、その後はかなり静かに授業は進められていった。

 俺? 俺は最初から最後まで騒がずにちゃんと黙ってたぜ。かなりうるさかった教室が、湖都のおかげですごく寝やすくなったからな。

 そんなふうにことがあったときに寝ぼけてたせいだろう。俺がその時間の終了と共に湖都に話しかけにいったのは。

 なぜかと聞かれれば、ただ何となくとしか答えようのない。

 が、あえて言うのならやっぱりただの好奇心だった。

「えーっと……なあ」

 この時点では名前も覚えてなかった。

「なんでさっきあんなことしたんだ?」

 俺がここまで口にしてから湖都はようやく顔を上げて、どこか不機嫌そうに俺の顔を眺めてきた。

「普通、授業中は静かなもんだろ?」

 だけどそんな顔してるくせに、なんだかぼやんとした声が返ってきた。

「いやいやだからっていきなり教科書叩きつけるってのは……」

「大声出すの、めんどい」

 人の言葉を切ってまで言うことがそれか?

「そうか」

 こっちの方が面倒になってしまって会話はそれにて終了。

 自己紹介のときと同じくファーストコンタクトの印象まで最悪だったわけだ。

 が、なぜだか今ではきっちりと友達になってるわけなのが不思議だ。

 たしか席替えで席が隣になって、なんとなしに話すようになって、気づいたらすっかり気の合う友人になっていた。

 その過程は覚えていない。

 まあ友達は作るものじゃないって言葉もあるし、こういうのが普通なんだろうけどな。





「どうしたの?」

 細い目で覗き込まれて我に返る。

 最初のころはこの細められた目は不機嫌の表れかと思ってたけど、実際はただ眠いだけらしい。

「ん、いや別に」

 昔を思い出してました、とはなんとなく言えなくて適当に流す。

 そんな適当な返事だったのに、湖都はふぅんと興味なさげな声を漏らして話題を元に戻してきた。

「田辺はやっぱ剣道部じゃなくて違うとこにするのか?」

「一応いっしょに見学に行っといてその訊き方はおかしいだろ」

 今までの湖都の言動を思い起こせば納得はできるが。

 中学の時になんとなく剣道はどんなもんなんだと聞いた時に、返ってきたのは『あんまりおすすめしない』という否定寄りの意見だった。

 曰く『暑い・臭い・痛い』。

 ひどい言い様だったが、運動部だったらどこだって同じようなモンだろう。炎天下で動かなきゃいけない野球部とかよりはマシなんじゃないか?

「他のも見ないと比べようもないけど、いいかもな剣道部」

「ふぅ~ん?」

 ……めちゃくちゃ含みのある相槌が返ってきやがった。

「マネージャーの人、可愛い人だったな~」

「な――――」

 言いかけた言葉は、湖都の一言で瞬時に消え失せる。

 ――こいつ、ほとんどいなかったくせに……っ。

「別に? どんな『理由』でも止めないよ? 入るも入らないも田辺の自由だしね」

 にやにやした顔で人の痛いところを突きまくってきたうえに。

「でももし剣道部入ったら、田辺には手加減するのやめるか」

 そんな段持ちにあるまじき言葉まで飛んできやがった。

「あのなぁ……」

「あ、じゃあまた明日ねー」

 気づけばお互いの家への分かれ道。せめての一矢を報いてやる前に、湖都の野郎はさっさと自分の家へと歩き去っていきやがった。

「ったく……」

 見透かされたことへの怒りにも似た恥ずかしさやら、湖都の飄々とした態度やらに溜息を吐いて、俺も自分の家に足を向けた。





 とくに変わった事のないはずの日常。

 漫画や小説でよくある『予感』なんか、この時俺はほんの少しも感じることはなかった。

 湖都の姿を見たのはそれが最後だったと、そんなチープな予感なんて何一つ感じてなんかいなかった。

 一昨日に湖都にあんなことを言われた手前、そのまま剣道部にすんなり入るのが何となく癪だったんだが、昨日急ぎ足で他の気になる部活を回った結果、やっぱり剣道部に一番入ってみたいという結論に辿り着いた。

 これは、あのマネージャーさんがいるからとか、湖都も入るだろうからとかいう気持ちを一切含めずに吟味した結果だ。

 だから今度湖都に会ったときにこの件でからかってきたら、問答無用で殴ってやろう。

 そんな若干物騒なことを考えつつ、俺は入部届けを片手に剣道部の活動場所である道場に向かう。

 なぜ湖都といっしょに行かないかというと、そもそも湖都が昨日から学校を休んでいるからだ。

 何となくいっしょに登下校するようになってるから、昨日の朝もいつもの合流点で待ってるときに、『休む』とたった二文字のメールが送られてきた。おかげで待ちぼうけを食うことはなかったが。

 あれ以来連絡は取ってないけど、こんなふうに唐突に、しかも二日連続で休みってことは急病か、あるいは親戚とかに何かがあったときだろう。

 あっちから何も言ってこないのに、そこを掘り返すのはどうかと思うから確認とかはしてないけど。

 そうこうしているうちに道場に到着。まだあまり集まっていないようだ。





「えっと……」

 上履きを脱いで道場に入る。

 ――これ、誰に渡せばいいんだ?

 見回したけど、顧問の先生も部長らしき人も見当たらない。

 どうすればいいのかわからないので、とりあえずやたらとガタイのいい先輩らしき人に声をかける。

「あの、すいません」

「ん? おお、一年生……だよな? どうした?」

 いざ向かい合ってみるとこの先輩、上背もタッパもあり物凄く威圧感がある。だけどそれほど怖くはないのは、どこか良い人そうな雰囲気のおかげだろう。

「入部届け持ってきたんですけど、誰に渡せばいいですか?」

「ああ、そうだな……」

 先輩は一度道場の端のほうを見やって。

「もうすぐマネージャーの人が来るから、来たらどっちにでもいいからそっちに渡してくれないか?」

 マネージャーの人の顔を知っているかと聞かれて、心なし大きく頷いてしまった。

「じゃ、俺は着替えてくるから。これからよろしくな」

 言い残して、その先輩が道場から出て行く。そして入れ替わるように数人の制服姿の奴らが入ってきた。

 紙を持ってる奴と持ってない奴。まだ決めかねていて見学だけ来た奴らと、俺と同じように入部を決めた奴らなんだろう。

 知り合いでも、お互いにとくに話すことがあるわけでもない奴らだけど、何となく道場の入り口近くに固まって部員の人が来るのを待つ。

 でもそうやっているのも短い時間だった。

 ――あ……。

 道場の入り口に見える小柄で華奢な人影。セミロングの髪を揺らしながら、上履きを脱いでるその姿を認めて、少し、緊張してくる。

「あ、これ入部届です。お願いします」

 近づくタイミングを見計らっての言葉は、緊張してたせいかかなり端的になってしまった。

 だけど……。

「そう、がんばってね」

「――――っ、はい!」

 ありがちな、それでも優しい言葉に顔が赤くなりそうで、思いっきり返事をして俺は元いた場所に戻った。

 結局今日あの人と直接話せたのはたったこれだけだったけど、それでも十分なくらい、嬉しい出来事だったんだ。





 その日の帰り道。

 湖都も剣道部に入ると明言してたから、今日聞いたことをメールしてやる。

『剣道部、入部届出しに行った。新入部員の練習は木曜からだって』



 メールを送ってから二日。火曜から休み続けてる湖都からは何の返事もないままだ。






      湖都 視点






       

      入学三日目・帰り道








「教師だったら要点だけきっちりまとめて話せってんだ!」

「いいかげん落ち着けって」

 未だに腹の虫が収まらずに愚痴をこぼせば田辺が冷静に諭してくる。

 とはいえ、入学以来楽しみにしていた部活見学の時間を、あれだけ無駄に削られて我慢ができるかっての。

「どーでもいい世間話と昔話を展開しやがって……誰が数日前まで見ず知らずのジジイの思い出話を要求した!?」 

「だから落ち着け」

 わかっちゃいるがなかなか止まらない。

 せっかくなかなか良い雰囲気の部活だったのに、それが理不尽によってろくに見れなかった怒りはなかなか治まらない。

 …………というか、もしかして今後もHRはあんな長さなのか……?

「………………」

 嫌な未来が見えてへこむ。

 そんな気持ちを紛らわすように田辺をからかうだけからかってやった。

 マネージャーが美人だからって剣道を始めるようなら、その後はきっちり指導して真人間にしてやらんとな。





 ――――――そんなふうに、とくに変わったことのない一日だった。

 ――――――ただ何でもない、普通な日だったんだ。


『明日もいっしょに行くんで良いよな?』

 いざ寝ようとしていたところで届いた田辺からのメール。

 まだ他に知り合いもいないし、わりと家も近いこともあって自然とそんな話になっていた。

『それでいいと思う』

 短い了承を送り返す。

「さ……寝よ寝よ」

 なんとなく溜息を吐いて、ベッドに潜りこむ。

 この三日で大体わかったことがある。

 朝はもう十五分は寝てても大丈夫だ。


 ――――――何一つ、変わったことのない一日のはずだったんだ。





 十五分は遅く起きれると踏んでいたのに、こういうのは自分の思い通りにはならないらしい。

 ふと目を覚ましてしまったのが七時前。

 十五分遅くどころかトンでもなく早く起きてしまったが、妙に目が冴えてしまってて二度寝もできそうにない。

 ――もったいないことしたな……。

 目は冴えてるのにどこかぼんやりした思考を抱えつつ、リビングに下りていけば、繋がってる台所ではすでに母さんがうごめいていた。

「おはよう」

「あ、おはよー。珍しく早――」

 中途半端に言葉が切られる。

 何かと思って母さんの方を向けば、なにやら変なものを見る目を向けられてしまった。

「なに?」

「湖都……?」

「だから何?」

「あなたーー!!」

 もの凄い足音を立てて、リビングから飛び出していってしまった。

 ……まぁいいか。

 寝起きの頭で考えるのも面倒くさくて、あえて母さんを追いかけはせずに、トースターの準備でも――――。

「湖都っ!?」

 しようとしたところで、今度は父さんの大声が飛んできた。

 ――こんな時間に起きてくるなんて珍しいな。

 なんて悠長なことを考えていられたのは、二人の顔を見るまで。

「…………どうしたの、二人して?」

 目を見開いて、口まで開けて。

 顔を上げたら両親のそんな顔。そりゃあ誰だって驚くに決まってる。

「湖都……だよな?」

 いい加減、意味の見えない質問にイライラしてくる。

「だからさっきから」

「ちょっと来なさい」

 だけど言いかけたところで母さんに遮られる。そして仕草だけでついて来いと伝えてきて……。

「あなたはここにいて」

 いっしょについて来ようとしていた父さんへのぴしゃりとした口調に、今更ながらただならぬ雰囲気を感じる。

 ――なんかしたっけ?

 どうにも回転の悪い頭でいくら考えても、何か怒られるようなことをした覚えはここ最近ずっとない。

 それだけに余計不安になりながら母さんの後をついて行って。だけども着いたのはどうしてか洗面所だった。

 無言のまま中に入るように促してくる母さん。

 洗面所に入ってすぐに大きな鏡がある。

 自然、そちらのほうに目をやって。

 ――え……?

 と思った後に、すぐ、ああそういうことかと妙な納得をしてしまった。

 起きた時からずっとある、このだるさと違和感の正体はこれか、と。

「あなた、女の子になってる」

 母さんに言われるまでもない。

 鏡に自分が映るはずの位置からは、見たことのない女の子が見つめ返してきていたんだから。





 『十五~六歳までに性交経験が無ければ結構な確率で女体化』

 身も蓋もない言い方をすればこういうことだ。

 教科書でしか知らないけど、こんなふざけた現象が始まったのは自分たちの代から見たら五、六世代ほど前かららしい。

 今でこそ常識になっていて、百年以上前から起こってる(らしい)現象だというのに、詳細がまだ解明できてないのは研究者の怠慢だと思う。

 それでも今まで習った授業によれば、ある年齢までの生殖能力が劣っている雄が云々。少しでも多くの子孫を残すため云々……。

 ……駄目だな、まともに覚えてない。

 まあ教科書が間違ってるなんてよくあるし。

 歴史とか保健の教科書に載ってる昔の出生率の資料なんて、二.〇を下回ってたりするんだから、どこまであてになるんだかよくわからないしね。

 それはともかく。

「こ、湖都っ、大丈夫!?」

 ひどく慌てた声が隣から聞こえてくる。

 ぼんやりと昔の授業とかを思い出してたのを、ショックを受けて固まってるとでも思われたんだろう。

「うん、大丈夫」

 正直なところだと、多少ショックを受けてたりもするけど。

「ほほ、ほ本当に?」

 隣でここまで動揺してる人がいると、そういうのは引っ込んでしまうみたいだ。

 ――それに、ある意味では自分で選んだようなものだしな。

 性交渉未経験→女体化という流れだけは絶対だから、回避する方法なんか単純そのものだ。

 別に彼女とかがいなくても、ただ『経験する』だけなら国営のそういう施設だって一応あるにはある。

 だけど自分はそれをしなかったんだからしょうがない。

 こだわるわけじゃないけど、生理的にそういうのが嫌だったんだ。

「とりあえず朝御飯食べようか?」

「……そうだね」

 どっかしらまだショックが残ってる母さんの背中を押して、リビングまで戻ってくる。

「だ、大丈夫か?」

 これまた浮き足立ってる父さんに頷きを返す。

「ごめんね。女になって」

「あ、いや、うん。それは……別に良いんだが」

 一瞬だけ目を逸らされて、だけどすぐに父さんは視線を戻してきた。

 つい直前まであったはずの動揺の色はもう消えていて、代わりに浮かんでいたのは別の感情。

「よく女の子になってくれたな!」

 とても嬉しそうに、そう言い放たれた。

「ちょっ、あなた!」

「なんだよ、こんなに可愛い娘ができたのに喜ぶなってほうが無理だろ? それにおまえだって女の子がほしいって言ってたことあるだろ」

「うっ……それは、そうだけど、……湖都がこんなに可愛くなったならいっしょにお買い物とか行ってみたいなとか思うけど」

「だろ!?」

 当人をおいて二人はどんどん盛り上がっていく。

 新しくなってしまった自分の外見を褒める――心から歓迎してくれているとわかる言葉ばかりが飛び交っている。

 自分の変化を、家族が否定しないでいてくれた。

 どこの家族もこうでないということは、色んな媒体から毎日垂れ流されているから知ってはいる。

 だからこそ、今の自分はすごく幸せだということもなんとなく、理解できる。

「――――――」

 だけど、何だろう?

 ただただもやもやした、すごくいやな気持ちが湧き上がってくる。

 正体の見えないその嫌な感じの理由がわかるのは、わりとすぐ後のことだった。



              『可愛くなった』



 その好意の言葉を向けられるたび、曖昧に笑顔を返すことしかできない。

 近所のおばさんや、女体化の報せを聞いてわざわざ隣の県から見に来た親戚の伯父さん夫婦。

 その誰もが、自分の女体化に対して肯定的……むしろ大歓迎と言ってもいいほどだった。

『なぜ女になった』

『どうして施設に行かなかった』

 そんな、今となってはどうしようもないことを責めてくる人は一人もいない。一人残らず、心から女の自分を喜んでいてくれている。

 ……だからこそ、ずっと笑っていなきゃいけなかった。

 祝福してもらってるのに、それを否定することなんかできないんだから。

「駆け足になってしまったから疲れちゃったかな?」

「……あっ? いえ、大丈夫です。ありがとうございました」

 火・水・木曜日を役所や学校への申請やら準備に費やしたせいで、入学早々ずいぶんと学校を休むことになってしまった。

 そして今日、一時間目を使って学校での今後の対応の説明を受けることになっていた。

 それなりの確率で女体化現象は起こるので、ほとんど混乱もなくスムーズに終わったけど。

「やっぱり急に性別が変わると大変よねぇ」

「……いえ、みんな親身になってくれたから、そこまでは」

「あらそう? それにしてもけっこう落ち着いてるのね。うちの子が女の子になったときなんか、一ヶ月近く塞ぎこんでたのに」

 どうやらこの先生のむす……娘さんも女体化者らしい。先生の歳から察するにその人はかなり年上なんだろうけど。

「起こっちゃったものは、どうしようもありませんから」

「へー。まぁ人それぞれってところなのかしらね」

 ちらりと先生が腕時計を見る。

「それじゃあ、二時間目からは普通に授業に出てもらうわね。ちょうど私の受け持ちだから、最初にもう一度自己紹介してもらうけど、いい?」

「わかりました」

 本音では、自己紹介をもう一度なんて面倒くさいから嫌だけど、そんなことを言える立場でないことはわかってる。

「じゃあ行きましょうか」

 言って立ち上がる先生について行く。

 だけど、やっぱり教室への足取りは重くなってしまう。

 それは、歩くたびにひらひらと落ち着かないうえに心許ない腰の布のせいもあるけど、それすら些細なことに思えてしまうほどのこと。

『どうかしたのか?』

 火曜日の朝。『休む』とだけ送ったメールの田辺からの返事。

 それに返事を送ることができなかった。

 その後にも何度か電話の着信があったのは、ちゃんと知っている。

 携帯が鳴り止むまでずっと見ていたから。

 ――はぁ……。

 全部が全部、自分が悪い。

 一度もこっちから田辺に連絡を入れなかったんだから。

 火曜日の朝の待ち合わせに行けなくなったこと。

 行けなくなった理由――――女になったことをメールでも電話でも、田辺には伝えるべきだったのに、それをしなかった。

 なんとなく、できなかった。

 たかが一言で約束をなかったことにされたら誰だって気分が悪い。その後のフォローが無ければなおさらだ。

 人付き合いをするうえでわりと最低な対応だとわかっていても、だけど、どうしても言い出すことができなかった。

 そんなふうに、自分のはずなのに自由にならない考えに囚われているうちに今日になってしまった。

 ――ちゃんと謝らないと。

 まず謝って、どうしてそうしてしまったかをちゃんと言って…………。

「はぁ……」

 この期に及んでもまだ、田辺に今の報告をすることが躊躇われる。

 理由なんかわからない。

 だけど、隣のクラス――職員室から自分の教室に行く時に前を通るだけなのに、そこに田辺がいると思うだけで足が重くなってしまうほどに。

 もう授業が始まる時間で廊下には誰もいなくて、それなのにここで会ってしまうんじゃないかという、ほとんどありえない偶然を恐れるほどに。

 田辺に『今の自分』を見せるのが憂鬱だった。





 自分の教室では語るに落ちる程度のことしかなかった。

 考えてもみれば当たり前のことだ。

 高校では一人を除き、全員初対面。男として登校した三日間を合わせてまだ十時間程度しか顔を合わせてない相手が女になっても、
 元をほとんど知らないんじゃ大した話題があるはずもない。

 ――ほとんど……?

 ぼんやりと考えていたことに違和感が一つ。

 その違和は探るまでもなく、すぐに正しい答えが浮かんできた。

 たぶん、クラスの誰も自分の前の顔を覚えてないという答え。

 元を『ほとんど知らない』んじゃなくて、『何も知らない』という正しい事実。

 わかっていたはずなのに、どこか自分をかばう思考を繰り広げていたことが、妙に虚しかった。

「はぁ……」

 悪い癖だと思いつつ、繰り返してしまう溜息をまた一つ吐く。

 そういう理由のせいか、扱いとしては『女体化者』というより、最初からいた『女子』の一人として見られてる気がする。

 授業の合間の休み時間に、ちらほらと向けられるクラスメイトからの質問を総合すると、多分間違いないはずだ。

 そんなふうに自分の立ち位置を推し量っていると。

――――キーンコーンカーンコーン――――

「チャイム鳴ったから今日はここまで」

 四時間目終了のチャイムと、パタン、とやけに気持ちよく響く先生が教科書を閉じる音が聞こえてきた。

「……さてと」

 途端に騒がしくなった教室から抜け出て、目指す場所は十秒もかからない場所。田辺のいる隣のクラス。

 ……今でも、田辺に会うのはどこか気が乗らない。だけどこの期に及んで、躊躇して足踏みするのはみっともない気がしたから。

 田辺の席は「五十音順の席決めはおかしい」と本人が言っていたとおり、教壇の目の前。

 生徒からしたら最悪な場所に、田辺はまだ座っていた。



関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/09/07 20:18 ] .[頂き物]頂き物 | TB(0) | コメント(2)

ヒャッハー、AA化だー!

かつて書いたときはバンブレ読んでなかったはずだけど今考えるとタマちゃんがぴったりすぎるな
[ 2012/09/07 23:54 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> ヒャッハー、AA化だー!
>
> かつて書いたときはバンブレ読んでなかったはずだけど今考えるとタマちゃんがぴったりすぎるな

とりあえずちゃんと書くとしたらロストヒーローズクリアしたあとになるかな?
[ 2012/09/08 09:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://burakio002.blog97.fc2.com/tb.php/3367-f1253a88













アクセスランキング ブログパーツ TSFダンジョン運営本編(ナンバリングのみ)堕落の坩堝やる夫の人生ゲームキル夫ポケモントレーナーダンジョン運営中世編やる夫の戦国デビルサマナー水銀とーちゃんシリーズモンスターマスターできない子編